(54)【考案の名称】ファイル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ファイルへの書類など綴じ込み量が増加しても、多数枚の帳票類を安定して有効に綴じ込むことができる、簡単な構造のファイルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、各種書類を綴じ込んで整理するのに用いられるファイルとしては、既に各種の形状のものが知られている。その最も一般的な形式のものは、一枚の板紙で表裏両面の表紙とともに背表紙部分と綴じ具を付した綴じ込み部を一連に折曲げて一体構造に形成されている。このようなファイルでは、通常あまり多くの書類などを綴じ込まずに整理される用途に汎用されている。しかし、日常的に多くの書類、例えば伝票など時間の経過とともに多くの帳票などを綴じ込んで整理するのに使用されるようなファイルでは、1冊のファイルの綴じ込む量が多くなるとファイルが大きく膨れて保形し難くなり不都合である。あるいは当初から背表紙幅の広いものを使用することになる。
【0003】
このような綴じ込み量が予め多くなる場合に対応することができるファイルとしては、例えば特許文献1によって知られるように、裏表紙部に梃子開閉式の綴じ杆を備える綴じ金具が取付けられたファイルが用いられている。しかしながら、この形式のファイルでは前記綴じ金具が開閉構造になっているので、その綴じ杆を開閉操作できる範囲でのみ書類などの綴込みができ、ファイルの厚み(背表紙幅)に比べて意外と収容量が少ないという問題点がある。しかもこの形式では伝票など帳票類のように単票の書類の綴込みには、綴じる帳票類が一定寸法でないと縦置きした場合に不安定になり、また綴込んだ書類を開いて見るには金具が邪魔をして不都合である。
【0004】
このような問題点を解決しようとするファイルとしては、例えば特許文献2によって知られるものがある。このファイルでは、背表紙部の内側に互いに平行する複数枚の帯状の支持片が取付けられ、この各支持片の片面又は両面に接着剤層を設けて、この接着剤層により綴込む書類の縁部を貼り付けて綴込む構成となっている。したがって、このような構成では綴込む書類の枚数が制限され、多数の書類を綴込み整理するには適切でない。また、一旦綴込んだ書類をファイルから取出すには接着部を剥がす必要があり不便であるのみならず、取り外した書類に接着剤が付着しているので取扱に不都合が生じるという問題点がある。
【0004】
また、このほかに、表表紙と裏表紙との間に袋を取付けて図面のように広幅のものと単票の綴込みとが併用できるファイルとして特許文献3で知られるものもある。しかし、この種のファイルは、特定の書類を整理するもので、一般的ではない。
【0005】

【効果】

【0009】
本考案によれば、別途付属部品を要することなく初期状態での綴込み量から増量する場合、背表紙部の内側に設けられた保持片部分を引き起こし、この引き起こした保持片によって綴込み紐の綴じ具を固定するようにすれば、背表紙部が幅広い状態にあっても綴込む書類をファイル内部に無理なく綴込み収納できる。しかも保持片が複数設けてあるので、綴込み量の増加に応じて順次背表紙内側で引き起こすようにすれば、綴込み量が増加してもその綴込み部で中間に保持片が介在して綴じられるから、綴じ紐が内側にずれることなく正常位置で綴じられて安定した綴込みができるという効果を奏するのである。
【0010】
また、前記考案において、前記表裏両表紙部は周囲を二重に折曲げられた二重縁に形成されて全体的に補強された構造であるからプラスチックシートで形成されていても保形機能が高く使用中に変形することなく、保管に便利である。もちろん、多くの紙葉類を綴じ込んでも型くずれすることなく収容整理することができ、長期保存に耐え得るという効果を奏するものである。

(57)【要約】

【課題】綴込み量を加増するに応じて綴込みを容易にし、合理的に多数枚の書類を保管することができ、しかも綴込んだ書類の保形を維持できる機能を備えるのファイルを提供する。【解決手段】背表紙部4は二重構造にされ、その内側シートの一部を細幅で所要長さにて切り起し可能な補助支持片10とし、この補助支持片10を幅方向に所定の間隔で複数箇所に設けられ、各補助支持片10には綴込み紐の通し孔8′が統一した位置に設けてあり、前記補助支持片10を書類の綴込み量に応じ引き起こして裏表紙側に付設される補助部片7に取付けた綴込み紐15を、当該補助支持片10に設けた綴じ孔8′を通じて前記補助部片7との間で綴じ具16により固定する構成である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):