(54)【考案の名称】推進工法の元押し装置

(73)【実用新案権者】株式会社アルファシビルエンジニアリング

(73)【実用新案権者】ボーディング株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、発進立坑の底部に設置して掘削機と推進管を地中へ押し出すための推進工法の元押装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
道路に発進立坑を構築する場合、道路占用の問題で小さな発進立坑が要求される場合が多い。そのときに、最低限必要となる元押しジャッキ・押輪・支圧壁・坑口壁・発進架台を坑内の底部に配置するが、立坑寸法が狭くて短い場合はこれらの機器の設置が不可能な場合がある。
【0003】
一般的な固定式の元押装置では、元押しジャッキの寸法が大きいから、推進管を元押しジャッキと干渉しないように斜めに吊り込む必要があり、作業に危険を伴う問題がある。仮に推進管を水平に吊り込む場合は、元押しジャッキを一度坑内から撤去して地表面に引き上げ、推進管を発進架台に配置して押し出し位置に移動させた後、再度元押しジャッキを設置する必要がある。しかし、この方法は作業効率が非常に悪く、工期が長くなる。
【0004】
一方、元押しジャッキのシリンダーロッドを複数段に伸縮できる多段式にし、押し出しに必要なストロークを確保しつつ縮退時は全長を短縮できる構造のものがあるが(例えば特許文献1参照)、コストがかかる問題がある。また、元押しジャッキがサイド方向に開く元押装置も存在するが、断面円形の発進立坑内ではサイドの余裕が少ないから大きく開くことはできず、効果は限定的である。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案の前記1)記載の構成によれば、推進管を吊り込む前に、引張手段で引張して左右の元押しジャッキを起立させると、発進架台上に推進管の長さ以上のスペースが形成される。したがって、推進管を水平の姿勢のまま吊り込んで発進架台に降ろすことが可能となるから、従来技術のように推進管を斜めに吊り込んだり、左右の元押しジャッキを一時撤去する作業が不要になり、安全で作業性が向上する。
【0009】
本考案の前記2)記載の構成によれば、左右の元押しジャッキを起立させると、脚台も元押しジャッキとともに上方へ移行し、発進架台上に推進管の長さのおよそ2倍となる広いスペースが形成される。したがって、吊り込んだ推進管を発進架台の任意の位置に降ろすことができ、作業性がより良好なものとなる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】実施例の元押装置の側面図である。
【図2】実施例の元押装置の平面図である。
【図3】実施例の元押しジャッキの起立を示す説明図である。

【0011】
本考案の元押しジャッキの引張手段としては、ウインチが低コストで好ましいが、その他、チルホールやチェーンブロック等の様々な装置も使用可能で、元押しジャッキの重量や寸法、引張手段の設置場所の制約等に応じて適宜選択される。以下、本考案を実施するための形態を実施例と図面に基づいて具体的に説明する。
【0012】
図1は実施例の元押装置の側面図、図2は実施例の元押装置の平面図、図3は実施例の元押しジャッキの起立を示す説明図である。図中、1は発進立坑、2は坑口壁、2aは止水器、3は支圧壁、4は発進架台、5は元押しジャッキ、5aはシリンダーロッド、5bは通し輪、6は脚台、7はヒンジ、8はウインチ(引張手段)、8aはワイヤー、8bは操作部、9は押輪、10は推進管、Gは地盤である。
【0013】
本実施例の元押装置は、図1,2に示すように、断面円形の発進立坑1の底部側面に坑口を支える坑口壁2を形成し、その坑口壁2の周囲に推進管10との間の隙間を埋めて止水する止水器2aを取り付けている。坑口壁2と対向する発進立坑1の側面には支圧壁3を構築し、その支圧壁3と坑口壁2との間の左右位置に2体の発進架台4を架設している。
【0014】
元押しジャッキ5は油圧式で、その後端部を支圧壁3に対してヒンジ7で上下方向へ回動可能に枢支し、左右の元押しジャッキ5の下面には横長の脚台6を前後に一体的に取り付け、左右の元押しジャッキ5の先端部には通し輪5bをそれぞれ取り付けている。
【0015】
元押しジャッキ5の上方の発進立坑1の内壁位置にはウインチ8を取り付け、そのウインチ8のワイヤー8aを引き出して左右の元押しジャッキ5の通し輪5bにそれぞれ脱着可能に連結している。なお、ウインチ8は低い位置に取り付け、ワイヤー8aの途中を滑車で転向してもよい。
【0016】
本実施例では、推進管10を吊り込む前に、図3に示すように、作業者がウインチ8の操作部8bを操作してワイヤー8aを巻き取ると、左右の元押しジャッキ5の先端が引っ張られて脚台6とともに上方へ回動し、垂直の姿勢に起立する。これにより、発進架台4上には推進管10の長さのおよそ2倍となる広いスペースが形成される。
【0017】
この状態で推進管10をクレーン等で地表から吊り込み、発進架台4の任意の位置に降ろした後、押し出し位置へ移動させる。このとき、推進管10は元押しジャッキ5に干渉しないから、従来技術のように斜めに吊り込んだり元押しジャッキ5を一時撤去する必要はなく、安全で迅速に作業できる。その後、作業者がウインチ8の操作部8bを操作してワイヤー8aを繰り出すと、左右の元押しジャッキ5が自重でゆっくりと下方へ回動し、発進架台4上に配置される。
【0018】
そして、左右の元押しジャッキ5のシリンダーロッド5aの先端に押輪9を配置して伸張させ、吊り込んだ推進管10の後端に押輪9を挿入して押し出し、推進管10が地中に推進して掘進する。推進管10が地中に埋入すると、シリンダーロッド5aを縮退させて押輪9を取り外し、前記と同様にウインチ8で左右の元押しジャッキ5を起立させて次の推進管10を吊り込み、以上の工程を繰り返すことで管路が構築される。
【産業上の利用可能性】
【0019】
本考案の技術は、道路占用の問題で小さな発進立坑が要求される場合に有用である。
【0020】
1 発進立坑
2 坑口壁
2a 止水器
3 支圧壁
4 発進架台
5 元押しジャッキ
5a シリンダーロッド
5b 通し輪
6 脚台
7 ヒンジ
8 ウインチ(引張手段)
8a ワイヤー
8b 操作部
9 押輪
10 推進管
G 地盤

(57)【要約】

【課題】 発進立坑の底部に設置した発進架台と、その発進架台上に配置して推進管を地中へ押し出す元押しジャッキと、その元押しジャッキの背面に設置して押し出し時の反動を受ける支圧壁とで構成した推進工法の元押装置において、断面円形の小径の発進立坑でも推進管の吊り込みを安全に且つ作業性良く行えるようにする。【解決手段】 左右の元押しジャッキ5の後端部を支圧壁3に対してヒンジ7で上下方向へ回動可能に枢支し、左右の元押しジャッキ5の上方の発進立坑1の内壁位置にウインチ8を取り付け、そのウインチ8のワイヤー8aを左右の元押しジャッキ5の先端部にそれぞれ脱着可能に連結し、ウインチ8でワイヤー8aを巻き取って左右の元押しジャッキ5を起立できるようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):