(54)【考案の名称】鏝板

(73)【実用新案権者】井上工具株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、左官作業等に用いられる鏝板に係る考案であり、詳細には、漆喰や珪藻土などの塗材を壁塗りに際して熟練者以外が使用する場合の利便性を考慮した鏝板に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、珪藻士や漆喰などからなる塗材による壁面などの塗装作業においては、硬めの粘度に調整した珪藻土や漆喰などからなる塗材を平坦な鏝板を用いて塗装されてきた。
【0003】
この場合、硬めの粘度で調整した珪藻土や漆喰などからなる塗材を塗装する作業は力加減が難しく熟練を要するものであって、作業に不慣れな初心者や未熟な作業者にとっては粘度が高いため塗りつけ作業に過大な力を要して、作業を困難にしていた。このため、作業に不慣れな初心者や末熟な作業者は緩めの粘度で調整した珪藻土や漆喰を使用して塗装作業を行っている。
【0004】
ところが、緩めの粘度で調整した珪藻土や漆喰などの塗材を使用する場合、例えば、実用新案登録第3089627号公報のような底面が平坦に形成された鏝板により塗装作業を行うと、流動性が高いために塗材を鏝の底面に良好に保持できる期間が少なく、作業中に塗材を頻繁に床に落としてしまうという問題を有していた。(特許文献1参照)

(57)【要約】

【課題】珪藻土や漆喰などからなる塗装材を塗装する場合、緩めの粘度で調整した塗装材を使用しても塗装作業時に頻繁に床に落とすこと無く、初心者にも簡単に塗装作業できる鏝板を提供する。【解決手段】鏝板となる平坦部材1と、該平坦部材の上面に立設させた把持部材2とで構成し、該平坦部材の底面に植毛を施した植毛部3を形成する。また、前記平坦部材の底面に植毛した繊維の長さを0.3mm〜0.9mmとして形成する。さらに、鏝板底面の植毛部の外側には、繊維の無い無毛部を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):