(54)【考案の名称】回転式一次元バーコードリーダー

(73)【実用新案権者】赫力股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は回転式一次元バーコードリーダーに関し、特に方向性を有する従来の一次元バーコードリーダーをモーターで回転させることで、無方向性の読み取りを可能とする回転式一次元バーコードリーダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
一次元バーコードリーダーの歴史は既に半世紀にわたる。その原理は、光源をバーコードに照射し、その反射光線を受け取り、それを電子信号に転換し、デコーダー(Decoder)により、そのバーコードが対応する商品を判断するものである。その光源としては、LED(Light Emitting Diode)とレーザーダイオード(Laser Diode)が用いられる。そのレシーバーとしては、CCD(charge-coupled device)、CMOS(Complementary Metal-Oxide Semiconductor)、フォトダイオード(Photo Diode)が持ちられる。
【0003】
バーコードを読み取る時には、一般的には、光源はバーコード全体を網羅しなければならないため、図1に示すように、光源02を一本線とし、レシーバーのCCDとCMOSもまたリニアセンサー(Linear CCD/CMOS Sensor)とする。こうして、フォトダイオード(Photo Diode)は、レーザー (Laser)光線と一緒に、レンズ面に従いスイングし、リニアセンサーとなる。上記した方式では、その光源とレシーバーは共に、図1に示すように、人力で操作し、光源02をバーコード01に垂直に焦点を合わせなければ、読み取ることはできない。しかし、焦点を合わせる動作に、使用者は気を使い、また時間の浪費である。
【0004】
よって、メーカー各社は、焦点を合わせる必要のない一次元バーコードリーダーを開発した。すなわちこれが、無方向性の一次元バーコードリーダーである。その方法を以下に説明する。
1.レーザー光線による方法は、回転する多面鏡(rotating polygonal mirror)を利用し、異なる方向の多数のレーザー光線を反射するため、バーコードをどの方向に置こうとも、必ず1本のレーザー光線は、ほぼ垂直に近い状態でバーコードにフォーカスし、読み取りに成功する。その欠点は、機械構造が複雑かつ精密であるため、高価なことである。
2.LEDを光源とする方法は、特許文献1が掲示するように、撮影の方法を利用し、バーコード全体の画面を矩形排列のCCD或いはCMOSセンサー(sensor)により受け取り、電子信号に転換し、多くの信号中を解析し、一次元バーコードの信号を取り出す。その欠点は、画面全体を網羅するために、必要な光源の数が比較的多いことで、矩形排列のCCD/CMOSセンサー(sensor)は、リニア(Linear)センサーより高価で、画素数(pixels)が多いため、解析しなければならない信号も多く、そのため使用するデコーダーも高グレードにならざるを得ず、非常に高価である。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案回転式一次元バーコードリーダーは、モーターとベアリングを設置するバーコードリーダーで、方向性を有する従来の一次元バーコードリーダーをモーターで回転させることで、無方向性の読み取りを可能とするものである。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】従来の一次元バーコードリーダーの実施例を示す模式図である。
【図2】本考案第一実施例の構造図である。
【図3】本考案第二実施例の構造図である。
【図4】本考案第三実施例の構造図である。
【図5】本考案第四実施例の構造図である。

【0010】
図2に示すように、本考案は従来の方向性を有する一次元バーコードリーダー10を設置する。その光源02は、図1に示すように線形で、人力により、バーコード01に垂直に焦点を合わせなければ、バーコード01を読み取ることはできない。本考案は主に、モーター11、及びモーター11に固定するベアリング12を備える。バーコードリーダー10は、ベアリング12に固定し、モーター11の回転により、バーコードリーダー10の光源は、本来の線形から、図示のような円形の光源照射面13へと変化する。光源照射面13は、バーコード14全体を網羅するため、バーコード14がどの方向を呈していても読み取ることができる。上記した光源は、可視光線、或いは不可視光線である。
【0011】
本考案はさらに、ブラシ15A、15B、15C、15D、絶縁リング16A、16B、16C、金属リング17A、17B、17Cを設置し、モーター11の電源線21、22及びバーコードリーダー10の電源線23、24に電力をインプットする。電源線23は、アースで、ブラシ15Dとベアリング12を経由し、バーコードリーダー10へと繋がる。電源線24は、ブラシ15C、金属リング16Cを経由し、絶縁リング16B、16Aを経由し、バーコードリーダー10へと繋がる。
本考案はさらに、アウトプット用の信号線25、26を設置する。信号線25は、絶縁リング16Aを経由し、金属リング17Bに至り、さらにブラシ15Bより伝送される。信号線26は、金属リング17Aに連接し、さらにブラシ15Aより伝送される。上記した各電線にはすべて、絶縁コーティングを行う必要があり、また装置全体の形状は、固定型、ハンドヘルド型、或いはガンタイプなどの形状にすることができる。
【0012】
図3に示すように、本考案が直流モーターを使用する場合には、その電源は、バーコードリーダー10と共用することができる。その接続方式は、図示の通りである。
【0013】
図4に示すように、本考案ベアリング12は、中空型に成型することができる。電源線24は、貫通孔27からベアリング12内部へと進入し、信号線25も同様に、先ずベアリング12内部を経由し、貫通孔28から出て行く。こうして、絶縁リング16A、16B、16Cを避けることができる。上記した方式により製造する時には、絶縁リング16A、16B、16Cは一つにすることができる。また、金属リング17A、17B、17Cは、接着剤を用いて固定することができ、または、図に示すように、固定挿入ピン18A、18B、18Cを使用して固定することもできる。
図4に示すように、本考案はレーザーなどの光線をバーコードの中心点に照射し、指示光点19を形成して、便利に読み取ることができる。
【0014】
図5に示すように、本考案の第四実施例では、無線伝送装置29、30により、読み取った信号を無線信号としてアウトプットすることができる。
【0015】
本考案の使用時には、モーター11と光源02とは、同時にオン、オフの切り替えを行うことができる。また、モーター11を先にオンにし安定した回転速度を保持し、バーコードを読み取る時に、光源02をオンにすることができる。また、接近センサーを使用し、バーコードが近づくと自動的に光源02をオンにすることができる。
【0016】
上記の本考案名称と内容は、本考案技術内容の説明に用いたのみで、本考案を限定するものではない。本考案の精神に基づく等価応用或いは部品(構造)の転換、置換、数量の増減はすべて、本考案の保護範囲に含むものとする。
【0017】
01 バーコード
02 光源
10 バーコードリーダー
11 モーター
12 ベアリング
13 光源照射面
14 バーコード
15A、15B、15C、15D ブラシ
16A、16B、16C 絶縁リング
17A、17B、17C 金属リング
18A、18B、18C 固定挿入ピン
19 指示光点
21、22、23、24 電源線
25、26 信号線
27、28 貫通孔
29、30 無線伝送装置

(57)【要約】

【課題】無方向性の読み取りを可能とする回転式一次元バーコードリーダーを提供する。【解決手段】バーコードリーダー10、モーター11、複数のブラシ15A〜15D、絶縁リング16A〜16C、金属リング17A〜17Cを備える。モーター及びバーコードリーダーの電源線21〜24は、ブラシ、ベアリングを経由し、又は、ブラシ、金属リング、絶縁リングを経由し、バーコードリーダーへと繋がり、さらに、アウトプット用の信号線25,26を設置し、信号線は、絶縁リングを経由し、金属リングに至り、さらにブラシより伝送される。バーコードリーダーは、ベアリング12に固定し、モーターのベアリング回転により光源としてシーバーは円形を呈する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):