(54)【考案の名称】刳り貫き式粘着広告体

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は広告の技術に関し、特に、各種商品や買い物袋に貼り付けて広告を行うことができ、しかも、元の商品や買い物袋の商標や商品分類名も同時に表示させることが可能な刳り貫き式粘着広告体に関する。

【従来の技術】

【0002】
現在の市場では、相当な知名度がなければ商品は売れない。従って、商品の知名度を高めるために、広告は必要不可欠である。例えば、宝くじに消費者金融会社の広告を載せたり、広告が入れられたティッシュペーパーを街頭で配ったり、電車やバスの車内に広告を吊り下げたり、道行く人の注意を引かせるために電車やバスの車体に広告をペインティングしたりなど、様々な広告の方法がある。しかしながら、この種の広告は、立体的でなく、応用範囲も狭いという欠点がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
そこで、本考案は、応用範囲が広く、しかも立体的な刳り貫き式粘着広告体を提供することを目的とする。

【効果】

【0005】
本考案による刳り貫き式粘着広告体は、製造が簡単であり、コストが低く、外観が独特であり、立体的であるため広告をさらに目立たせることができ、しかも応用範囲も広く利便性が高い。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の実施例1を示した斜視図である。
【図2】本考案の実施例2を示した斜視図である。
【図3】本考案の実施例3を示した斜視図である。
【図4】本考案の実施例4を示した斜視図である。
【図5】本考案の実施例5を示した斜視図である。
【図6】本考案の実施例6を示した斜視図である。
【図7】本考案の実施例7を示した斜視図である。
【図8】本考案の実施例8を示した斜視図である。
【図9A】本考案の広告体を表から見た図である。
【図9B】本考案の広告体を裏から見た図である。

【0007】
図1、図9A、図9Bを参照する。刳り貫き式粘着広告体は、広告体10からなる。広告体10は粘着固定背面11を備え、粘着固定背面11は、のり或いは粘着テープ12などの粘着性をもつ物質によって商品20に固定される。広告体10には、商品20の規格のサイズに応じて少なくとも一つの刳り貫き窓部13が設けられる。刳り貫き窓部13は、商品20の商品分類名21及び商標22の位置に対応して設けられるため、商品20の識別性には影響がない。広告体10の刳り貫き窓部13の周辺空間14には、商品20以外の別の商品の広告が印刷される。また、刳り貫き窓部13には、透明な薄膜を設けることもできる。
【0008】
(実施例1)
実施例1では、商品20にチューイングガム30を採用する。図1に示すように、チューイングガム30には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21と商標22を見ることができる。しかも、商品20であるチューイングガム30の識別性には影響を与えず、商品20の商品分類名21と商標22を更に目立たせる効果がある。広告体10には、少なくとも一つの刳り貫き窓部13が設けられる以外に、広告体10の刳り貫き窓部13の周辺空間14にその他の商品の広告が文字や絵で印刷されており、その独特の外観によって消費者の注意を引くことができる。
【0009】
広告体10を、チューイングガム30やたばこの箱32などの小さい商品20に適用する時、商品20の成分説明やバーコードに影響を与えない範囲で、広告体10の一部を、商品20の周辺へ折り曲げたり巻き上げたりすることができる。
【0010】
(実施例2)
実施例2では、商品20に牛乳パック31を採用する。図2に示すように、牛乳パック31には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21及び商標22を見ることができ、また、刳り貫き窓部13の周辺には周辺空間14が設けられ、周辺空間14にはその他の商品の広告が印刷される。
【0011】
(実施例3)
実施例3では、商品20にたばこの箱32を採用する。図3に示すように、たばこの箱32には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21及び商標22を見ることができ、また、刳り貫き窓部13の周辺には周辺空間14が設けられ、周辺空間14にはその他の商品の広告が印刷される。
【0012】
(実施例4)
実施例4では、商品20にお茶の葉の箱33を採用する。図4に示すように、お茶の葉の箱33には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21及び商標22を見ることができ、また、刳り貫き窓部13の周辺には周辺空間14が設けられ、周辺空間14にはその他の商品の広告が印刷される。
【0013】
(実施例5)
実施例5では、商品20に買い物袋34を採用する。図5に示すように、買い物袋34には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21及び商標22を見ることができ、また、刳り貫き窓部13の周辺には周辺空間14が設けられ、周辺空間14にはその他の商品の広告が印刷される。
【0014】
(実施例6)
実施例6では、商品20に新聞紙35を採用する。図6に示すように、新聞紙35には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21及び商標22を見ることができ、また、刳り貫き窓部13の周辺には周辺空間14が設けられ、周辺空間14にはその他の商品の広告が印刷される。
【0015】
(実施例7)
実施例7では、商品20に飲み物のペットボトル36を採用する。図7に示すように、飲み物のペットボトル36には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21及び商標22を見ることができ、また、刳り貫き窓部13の周辺には周辺空間14が設けられ、周辺空間14にはその他の商品の広告が印刷される。
【0016】
なお、図1から図7の広告体10は、平面式の広告体10である。
【0017】
(実施例8)
実施例8では、商品20に紙コップ37を採用する。図8に示すように、紙コップ37には広告体10が設けられ、広告体10の刳り貫き窓部13から商品分類名21及び商標22を見ることができ、また、刳り貫き窓部13の周辺には周辺空間14が設けられ、周辺空間14にはその他の商品の広告が印刷される。
【0018】
なお、図8の広告体10は環状式の広告体10である。
【0019】
また、本考案を商品に取り付ける方法は二通りある、一つは、事前に本考案の広告体10の粘着固定背面11に粘着テープ12を設けておき、商品20が売れた後、売れた商品20に店員が広告体10を貼り付ける方法であり、もう一つは、商品が売れる前に広告体10の粘着固定背面11を商品20に貼り付け、冷蔵庫や商品棚に並べる方法である。
【0020】
広告体10は、ポイントカードの機能を備えることができる。また、広告体10は、割引券の機能を備えることができる。
【0021】
以上で述べたように、広告体10に少なくとも一つの刳り貫き窓部13を設ける以外に、広告体10の刳り貫き窓部13の周辺空間にその他の商品の広告を文字や絵で印刷し、広告体10の背面を、両面テープなどの粘着テープ12やのりによって商品20或いは買い物袋34に貼り付ける、という点が本考案の特色である。
【0022】
本考案の効果は以下の二つである。
【0023】
1、本考案では、広告体を「一般の商品の包装」上、或いは「買い物袋」上に貼り付けることにより、元の商品と、別の商品の広告をうまく組み合わせて、新しい広告方式を実現している。このため、本考案は、応用範囲が広く利便性が高い。
【0024】
2、本考案は、刳り貫き窓部を設けることにより広告を立体的にすることができ、刳り貫き窓部から元の商品の商標と商品分類名を表示させて目立たせることができる。
【0025】
10 広告体
11 粘着固定背面
12 粘着テープ
13 刳り貫き窓部
14 周辺空間
20 商品
21 商品分類名
22 商標
30 チューイングガム
31 牛乳パック
32 たばこの箱
33 お茶の葉の箱
34 買い物袋
35 新聞紙
36 飲み物のペットボトル
37 紙コップ

(57)【要約】

【課題】応用範囲が広く、しかも立体的な刳り貫き式粘着広告体を提供する。【解決手段】刳り貫き式粘着広告体は広告体からなる。広告体10は粘着固定背面11を備え、粘着固定背面は粘着性をもつ物質によって商品20上に固定され、広告体には商品の規格のサイズに応じて少なくとも一つの刳り貫き窓部13が設けられ、刳り貫き窓部は商品20の商品分類名21及び商標22の位置に対応して設けられ、広告体の刳り貫き窓部13の周辺空間には、広告体10が設けられた商品20以外のその他の商品の広告が文字や絵で印刷される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):