(54)【考案の名称】独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構

(73)【実用新案権者】亞帝發工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、2車輪傾斜機構に関し、特に、構造が簡単である上、乗車時の安全性および快適性を高めることができる独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構に関する。

【従来の技術】

【0002】
三輪車両は、二輪車両よりも構造安定性が高い上、並列に配置された2車輪により、車体が支持されるため、一時停車時または駐車時において、車両のバランスを容易に維持することができる。このため、三輪車両は、荷物を積載する車両として広く応用されている。従来の三輪車両の最も一般的な設計としては、前輪に1つの方向転換車輪が配置され、後輪に並列に配置された2つの駆動車輪が配置される。これにより、四輪車両並の安定性と二輪車両並の操作性を兼ね備えることができる。
【0003】
しかし、この種の従来の三輪車両は、重心が高い上、後方の2車輪を傾斜させることができないため、高速でのコーナリング時や、後方の2車輪の内、1車輪が衝撃を受けたとき、車体がバランスを失い、転倒する危険がある。
【0004】
この従来の三輪車両の欠点を解決するため、関連業者は、並列に配置された2車輪間に配置され、2車輪を傾斜させる各種構造を案出した。しかし、これらの設計は、構造が複雑な部材からなり、液圧部材などにより、2車輪の傾斜角度を調整する構造であるため、製造、設置、メンテナンスなどに掛かるコストが高い。また、構造が複雑であり、多くの部材からなるため、2車輪間に大きな空間が必要となる。これにより、車両の幅を大きくする必要があり、大きな駐車スペースが必要となるため、車両の多い街中において、駐車スペースを探すのがより困難になるという欠点が存在していた。
【0005】
本考案の考案者は、従来技術の欠点に鑑み、研究を重ね、長年の努力の末、ついに、従来技術の欠点を改善できる本考案を案出した。
【0006】

【効果】

【0009】
本考案は、上連結ロッドおよび下連結ロッドが変移し、接合ブロックが平行に傾斜することにより、ハブの地面に対する角度が変化し、2車輪を傾斜させることができる。また、緩衝器が一方のハブから接合ブロックに伝達される衝撃力を吸収することにより、衝撃を受けていない部分は、衝撃力の影響を殆ど受けることがなく、独立懸架効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構を示す斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構を示す分解斜視図である。
【図3】本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構をフレームに組み合わせた状態を示す透過斜視図である。
【図4】本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構の一般走行時の状態を示す斜視図である。
【図5】本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構の2車輪が平行に傾斜したときの状態を示す斜視図である。
【図6】本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構の一方の車輪が衝撃を受けたときの状態を示す斜視図である。

【0011】
本考案の目的、特徴および効果を示す実施形態を図面に沿って詳細に説明する。
【0012】
図1〜図3を同時に参照する。図1は、本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構を示す斜視図である。図2は、本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構を示す分解斜視図である。図3は、本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構をフレームに組み合わせた状態を示す透過斜視図である。
【0013】
図1〜図3から分かるように、本考案の独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構は、主に、車両の同軸線上に配置される2車輪間に配置され、連結ロッド機構1および緩衝器2を含む。
【0014】
連結ロッド機構1は、複数の接続軸10、複数の上連結ロッド11、複数の下連結ロッド12および複数の接合ブロック13から構成される。上連結ロッド11および下連結ロッド12は、何れもH形であり、両端部には、貫通孔110,120がそれぞれ設けられる。貫通孔110,120内には、軸受14が配置される。上連結ロッド11には、連結部111が配置される。連結部111上には、螺合孔112が設けられる。接合ブロック13は、四つ角に貫通孔130がそれぞれ設けられ、中間に接続部131が配置される。
【0015】
本考案を組み立てるとき、先ず、隣合う上連結ロッド11を接続軸10により、直列接続し、隣合う下連結ロッド12を接続軸10により、直列接続する。次に、上連結ロッド11と下連結ロッド12との間に接合ブロック13を配置し、接続軸10により、隣合う端辺を接続する。これにより、上部の上連結ロッド11、下部の下連結ロッド12および両側の接合ブロック13により、口字形の連結ロッド機構1が形成される。次に、螺合部材15により、緩衝器2の両端縁を上連結ロッド11の連結部111の螺合孔112に螺合固定する。次に、接合ブロック13の接続部131をハブ3上に接続固定する。最後に、2つの上連結ロッド11の連結部分および2つの下連結ロッド12の連結部分(即ち、連結ロッド機構1の中央部分)をフレーム4上に接続固定し、組立が完成する。また、全ての接続軸10の端部を螺合部材15により螺合固定する。
【0016】
本考案により、ユーザがフレーム4に圧力を掛けて傾斜させたとき、連結ロッド機構1の上連結ロッド11と下連結ロッド12と接合ブロック13とが連動することにより、ハブ3の地面に対する角度を変化させることができる。また、軸受14が配置されることにより、接続軸10のスムーズな回動が維持されるため、連結ロッド機構1の構成部材間の角度を即座に変化させたり、復位させたりすることができる。また、本考案の部材は、複雑ではないため、製造コストを低減することができる上、故障率も低く、メンテナンスコストを低減でき、使用寿命を長くすることができる。さらに重要なこととして、簡単な部材構造により、2車輪間の距離を短くすることができ、これにより、車両の敏捷性を高めることができる上、大きな駐車スペースが必要ない。従って、本考案は、大量生産および応用する価値を有する。
【0017】
図4を参照する。図4は、本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構の一般走行時の状態を示す斜視図である。
【0018】
図4から分かるように、一般走行時、連結ロッド機構1は、上連結ロッド11、下連結ロッド12および接合ブロック13により形成される口字形が維持され、2車輪構造により、車体のバランスが維持される。また、ユーザが車両を停車させたとき、脚部で支持しなくても車体が転倒することがない。
【0019】
図3および図5を参照する。図5は、本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構の2車輪が平行に傾斜したときの状態を示す斜視図である。
【0020】
図5から分かるように、コーナリング時、ユーザがフレーム4に圧力を掛けて傾斜させることにより、フレーム4に接続された連結ロッド機構1の中央部分から連結ロッド機構1が変移し、上連結ロッド11、下連結ロッド12および接合ブロック13により形成されていた口字形が平行四辺形に変形する。これにより、連結ロッド機構1の両端に位置する接合ブロック13の一方の接続部131が上方を向き、他方の接続部131が下方を向き、接合ブロック13に接続されているハブ3も地面に対する角度を変化させ、2車輪が平行に傾斜し、コーナリングに好適な角度となる。これにより、車体のバランスが維持され、転倒しにくくなる。
【0021】
図6を参照する。図6は、本考案の一実施形態による独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構の一方の車輪が衝撃を受けたときの状態を示す斜視図である。
【0022】
一般に、路面を走行しているとき、路面上の凹陥部または突出部を通過する場合がある。図6に示すように、走行時に一方の車輪が地面上の突出物を通過したとき、受力端であるハブ3から接合ブロック13に上方向に牽引する力が発生する。次に、受力端である接合ブロック13に接続された上連結ロッド11および下連結ロッド12が連動し、連結ロッド機構1の中央部分に逆時計方向の回転力が発生する。これにより、上連結ロッド11および下連結ロッド12は平行に傾斜した形態となる。このとき、2つの上連結ロッド11間に配置された緩衝器2が圧縮し、大部分の衝撃力が吸収される。これにより、衝撃を受けていない側の上連結ロッド11および下連結ロッド12は、衝撃力の影響を殆ど受けることがなく、独立懸架効果を有する。また、緩衝器2は、突出物を通過した後、圧縮されていない状態に迅速に復元され、連結ロッド機構1の構造安定性が維持され、ユーザは、快適に乗車することができる。
【0023】
以上の説明から分かるように、本考案の独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構は、以下に示す長所を有する。
【0024】
1.簡単な連結ロッド機構1により、ユーザがコーナリングのためにフレーム4に圧力を掛けて傾斜させたとき、連結ロッド機構1が変移し、連結ロッド機構1に接続されたハブ3も連動して地面に対する角度が変化し、2車輪が平行に傾斜する。これにより、安全にコーナリングができる上、車体のバランスが維持され、転倒しにくく、乗車時の安全性を高めることができる。
2.連結ロッド機構1に横向きに配置された緩衝器2により、一方の車輪が衝撃を受けたとき、緩衝器2が圧縮したり、延伸したりすることにより、大部分の衝撃力が吸収される。従って、衝撃を受けていない側は、衝撃力による影響を殆ど受けることがなく、独立懸架効果を有し、乗車時の快適性を高めることができる。
3.連結ロッド機構1の構造は、非常に簡単であり、従来の液圧機構による2車輪傾斜機構と比較し、製造コストを大幅に低減することができ、故障率が低く、メンテナンスコストを低減でき、使用寿命を延長することができる。また、簡単な部材構造により、2車輪間の距離を短くすることができ、これにより、車両の敏捷性を高めることができる上、大きな駐車スペースが必要ない。従って、本考案は、大量生産および応用する価値を有する。
【0025】
本考案は、同類製品の中でも極めて優れた進歩性および実用性を有する上、国内外の資料文献を調査した結果、本考案と同類または類似の構造は、本考案の出願前に存在しないことが確認された。
【0026】
以上の説明は、本考案の好適な実施形態を示すものであり、本考案の明細書および実用新案登録請求の範囲に記載の内容を応用した構造は、全て本考案の実用新案登録請求の範囲に含まれる。
【0027】
1 連結ロッド機構
10 接続軸
11 上連結ロッド
110 貫通孔
111 連結部
112 螺合孔
12 下連結ロッド
120 貫通孔
13 接合ブロック
130 貫通孔
131 接続部
14 軸受
15 螺合部材
2 緩衝器
3 ハブ
4 フレーム

(57)【要約】

【課題】独立懸架効果を有する2車輪傾斜機構を提供する。【解決手段】車両の同軸線上に配置される2車輪間に配置され、連結ロッド機構1および緩衝器2を含む。連結ロッド機構1は、複数の上連結ロッド11、下連結ロッド12、接合ブロック13および接続軸10を含む。上連結ロッド11には、連結部111が配置される。接合ブロック13には、接続部131が配置される。緩衝器2は、上連結ロッド11の連結部111上に配置される。接合ブロック13の接続部131は、ハブ上に固定接続される。上連結ロッド11および下連結ロッド12が変移し、接合ブロック13が平行に傾斜することにより、ハブの角度が変化し、2車輪が傾斜する。また、緩衝器2により、一方のハブから接合ブロック13に伝達された衝撃力が吸収されるため、衝撃を受けていない側は、衝撃力による影響を殆ど受けない。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):