(54)【考案の名称】太陽光発電システム付水槽

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】株式会社ベルテクノ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電システム付水槽の外壁構造に関する技術である。

【従来の技術】

【0002】
図1に示すように、水槽1の外壁(天井面2、側面3)は、複数枚の成形パネル4の連結によって構成される。
【0003】
通常、水槽1の設置空間を有効に利用して太陽光発電を行う場合、まず、水槽の天井面2に架台5を設置し、さらに太陽光電池モジュールパネル6を架台5に取り付ける。なお、発電効率を得るために天井面2に対して太陽光電池モジュールパネル6を傾斜に設置するのが一般的である。つまり、太陽光電池ユニット5、6を水槽の天井面に置くだけの方法になる。
【0004】
上述の方法を採用する場合、以下のデメリットがある。
【0005】
太陽光電池モジュールパネル6が傾斜に設置された場合、水槽1と太陽光電池モジュールパネル6は一体感を欠ける。また、天井面2に架台5が設置された場合、落ち葉等ごみが溜まりやすく、天井面2の清掃等が不便となる。
【0006】
これらのデメリットは、水槽1の設置空間の利用による太陽光発電の普及を妨げる原因の一つにもなる。

【効果】

【0007】
本考案は、従来方法に比較して太陽光電池モジュールパネル6と水槽1の外壁を構成するパネル4を一体化させることによって、太陽光電池モジュールパネル6を水槽1の天井面2だけではなく側面3にも設置できるようになる。このため、設置面積の増大により発電能力を確保した上で、水槽1と太陽光電池モジュールパネル6の一体感を保ち、落ち葉等ごみ溜まりがないことを実現する。
【0008】
よって、本考案の実施によって、水槽設置空間の利用による太陽光発電を一層普及させることが大いに期待できる。

(57)【要約】

【課題】水槽設置空間を有効に利用して太陽光発電を行うため、水槽と太陽光電池モジュールパネルの一体感を保ち、水槽の保守・点検を容易に行う水槽を提供する。【解決手段】太陽光発電システム付水槽の外観図に示すように、成形パネル4と太陽光電池モジュールパネルを一体化した複合パネル7を用いる。これによって、水槽1と太陽光電池モジュールパネルは、一体感を持って水槽の外観には違和感が生じなくなる。さらに、成形パネル4と太陽光電池モジュールパネルとの間の空間が完全に閉じられるので、落ち葉等のごみ溜まりがなくて、保守点検は従来通り行うことができる。なお、一体化した複合パネルを用いることによって、天井面2だけではなく、側面3にも設置できるので、トータルの発電能力のアップが大いに期待できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):