(54)【考案の名称】携帯電話機の充電用コネクタ着脱補助用具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話充電時のコネクタの着脱に際し、指または爪を使わずに充電作業をするためのコネクタ着脱補助用具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話の充電用コネクタを用いて充電する場合、携帯電話本体の外部接続端子カバーを外す必要があるがその際には、当該カバーと携帯電話本体のわずかな隙間に爪を入れて外したり、指でカバーを押し、ずらして外す方法が一般的であった。また、充電終了後コネクタを取り外すには、コネクタの左右にある小さなロックボタンを指で押しながらコネクタを引き抜き、外す方法が採られてきた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
携帯電話の充電用コネクタを用いて充電する場合、外部接続端子カバーを外す際にはコネクタと携帯電話本体のわずかな隙間に爪を入れて、カバーを引っ張って外したり、指でカバーを押して外す方法が一般的であった。この方法によると、爪を傷つけたり、指を痛めることがあった。また、充電終了後のコネクタの取り外しにも、小さく硬いコネクタのロックボタンを押す際に、指を痛めることがあった。したがって、携帯電話の充電に際し、携帯電話本体及びコネクタに直接触れることなく充電することにより、前述の欠点を解決しようとするものである。

【効果】

【0005】
上述のように、本考案の携帯電話充電用コネクタ着脱補助用具は、爪の損傷及び指の怪我の恐れがなく携帯電話の充電を可能とするものである。近年、ネイルアートやネイルケアに関心を抱き、爪や指の手入れを念入りに施す人々が増加している。これらの人々にとって携帯電話充電時の、爪や指の怪我の危険が減少することは非常に便宜である。また、携帯電話技術の進歩により、携帯電話の小型化が進み同時にコネクタの大きさも小型化している。この小型化に伴い、視力の衰えてきた高齢者や、手先の感覚が麻痺している障害者の方々などにとっては、充電作業がますます不便となった。本考案は、これらの高齢者や、障害者の方々にとっても充電作業を補助する有意義な考案である。
【0006】
本考案のコネクタ着脱補助用具は、洗濯バサミ状の形態をしている。洗濯バサミを使用するのと同じ要領により、指でつまむ力の加減により自由自在に開閉し挟み込む構造である。外部接続端子カバーの取り外しには、爪状の差込部分をカバーの隙間に差し込んでカバーを引っ張り取り外す。コネクタの取り外しには、ロックボタンを左右から同時に押すことが必要となるが、指当て部分をつまむことでロックボタン押し当て部分が広がり、ロックボタンを左右から包み込むことができる。その後、指の力を弱めて押し当て部分で挟みこみロックを解除しコネクタを取り外す。
【0007】
以下、添付図面に従って一実施例を説明する。1は耐久性のプラスチック等適宜素材にて形成されたコネクタ着脱補助用具本体である。2は本体を開閉するための指つまみ部分および外部接続端子カバーを外すための爪状の差込部分である。3は開閉することでロックボタンを挟み込んで押し、コネクタのロックを解除するロックボタン押し当て部分である。これはロックボタンを破損しないため、また、滑り止め防止のためロックボタンに直接触れる部分はゴム製等適宜素材とする。4は本体の開閉動作をするためのバネ部分である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の携帯電話充電用コネクタ着脱補助用具の一実施例を示す正面図である。

【0009】
1コネクタ着脱補助用具本体
2指つまみ部分並びに外部接続端子カバー取り外し部分
3コネクタロックボタン押し当て部分
4バネ部分


(57)【要約】

【課題】コネクタを用いた携帯電話の充電に際し、爪及び指の損傷を防ぐために、携帯電話本体並びにコネクタに直接触れることなく充電作業をするためのコネクタ着脱補助用具を提供する。【解決手段】洗濯バサミ状の携帯電話充電用コネクタ着脱補助用具本体の一端である指つまみ部分を指でつまみ、つまむ力の強弱で本体の反対端であるコネクタロックボタン押し当て部分が、本体中央のバネ部分のバネの力で自由に開閉し、当該コネクタロックボタン押し当て部分で携帯電話充電器のコネクタを左右から挟みこむ。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):