(54)【考案の名称】ブックカバー

(51)【国際特許分類】

B42D 3/18 ・他の付属装置

(73)【実用新案権者】株式会社トレードワークス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ブックカバーに関するものであり、更に詳しくは、本の厚さに対応させて取り付けることができるブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、本の厚さに対応させて取り付けることができるブックカバーとしては、次のような構成のフリーサイズブックカバーが知られている。このフリーサイズブックカバーは、矩形状に形成されたカバー本体の上下両端部及び左右両端部が任意幅折り曲げ自在に形成され、当該折り曲げる部位の内側に複数の面ファスナーが設けられた構成である(特許文献1参照)。
【0003】
このような構成のフリーサイズブックカバーは、本のサイズに合わせてカバー本体の上下両端部及び左右両端部を折り曲げ、この折り曲げた部位を面ファスナーで留めて、サイズ合わせを行う。そして、本の表紙から背表紙を介して裏表紙に渡って取り付ける。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案に係るブックカバーによれば、長辺部に折り曲げ自在なワイヤーが配設されているので、本の厚さに対応させてブックカバーを自在に折り曲げることができる。この場合は、ワイヤーがブックカバーの折り曲げ形状を維持するので、当該ブックカバーが本から脱落し難い構造となる。
ブックカバーの取付けは、本の表紙(又は裏表紙)を袋状部に挿入し、長辺部のワイヤーを裏表紙(又は表紙)に沿わせて折り曲げてブックカバーを折り込むので、簡単に取り付けることができる。
更に、ブックカバーの製造は、従来例のように多数の面ファスナーを取り付ける必要がないので、作業手間が減少して製造コストを抑えることができるという種々の優れた効果を奏する。
【0011】
また、シート材の表面には、模様、絵柄、又は着色が施されている構成としたことによって、様々なデザインのブックカバーを提供することができるいう優れた効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案に係るブックカバー11の内側を示す平面図である。
【図2】本考案に係るブックカバー11の折り曲げた状態を説明する斜視図である。

【0013】
次に、本考案の実施の形態について図面を参照しながら説明する。まず、図1において、符号11はブックカバーを示し、このブックカバー11は、矩形状のシート材12で形成され、上下に位置する長辺部13、13と、両端に位置する短辺部14a、14bとを有している。
【0014】
ブックカバー11の寸法は、一例を上げると、文庫本サイズに対応させる場合は、高さ方向が約175mm程度であり、幅方向が約315mm程度であることが望ましい。なお、種々な規格の本の大きさに対応させて、高さ方向及び幅方向を様々な寸法に形成してもよいことは勿論である。
【0015】
シート材12は、具体的には不織布、布、紙材、あるいは合成樹脂製のシート材等の、適宜に折り曲げて使用できるシート状の材料である。
【0016】
シート材12の表面には、様々な模様、絵柄、又は着色が施されていることが望ましい。従って、多種類のお洒落なデザインのブックカバー11を提供することができる。
【0017】
シート材12は、4辺の縁部を内側に折り返して折返し片15、16、17、18を形成し、この折返し片15、16、17、18がそれぞれ糸でシート材12の内側に縫着されている。なお、図中符号19はミシン目を示す。
【0018】
一方の短辺部14a側は、シート材12を適宜幅内側に折り曲げて、当該折り曲げ部位20の上下の縁部20a、20bを糸21、21で縫着して袋状部22が形成されている。この袋状部22は、本の表紙(又は裏表紙)を挿入する部位である。
【0019】
長辺部13は、前述の折返し片15、16が長手方向に沿って設けられている。また、長辺部13は、折返し片15、16の内側において且つ他方の短辺部14b寄りに、適宜の長さで折り曲げ自在なワイヤー23が配設されている。つまり、ワイヤー23を縫い込んだ状態で糸で縫着しているのである。
【0020】
次に、以上のように構成されるブックカバー11の折り曲げた状態について説明する。袋状部22に本(図示せず)の表紙(又は裏表紙)を挿入し、ブックカバー11を背表紙を介して裏表紙(又は表紙)に渡って取り付ける。そして、ブックカバー11の他方の短辺部14b側を、裏表紙(又は表紙)の先端部に合わせて内側に折り曲げると共に、長辺部13のワイヤー23を指で押さえて折り曲げる。ワイヤー23は、ブックカバー11の折り曲げ形状を維持するので、当該ブックカバー11が本から脱落し難い構造となるのである。ワイヤー23は、折り曲げ自在なので、厚さの異なる別の本に取り付けることが可能である。
【0021】
11 ブックカバー
12 シート材
13 長辺部
14a、14b 短辺部
15、16、17、18 折返し片
19 ミシン目
20 折り曲げ部位
20a、20b 縁部
21 糸
22 袋状部
23 ワイヤー

(57)【要約】

【課題】本の厚さに対応させて取り付けることができるブックカバーを提供する。【解決手段】矩形状のシート材12で形成され、上下の長辺部13、13と両端の短辺部14a、14bとを有するブックカバー11であって、該ブックカバー11は、シート材12の4辺を内側に折り返し、該折り返した折返し片15、16、17、18がシート材12の内側に縫着され、一方の短辺部14a側は、シート材12を適宜幅内側に折り曲げて、当該折り曲げた部位20の上下の縁部20a、20bを縫着して袋状部22が形成され、長辺部13は、折返し片15、16の内側で且つ他方の短辺部14b寄りに折り曲げ自在なワイヤー23が配設されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):