(54)【考案の名称】完全独立型自然エネルギー利用の情報発信、エネルギー提供装置

(73)【実用新案権者】システム技研株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、完全独立型自然エネルギー利用の情報発信、エネルギー提供方法に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に使われている完全独立型自然エネルギー利用の街路灯は、太陽光、風力エネルギーを電気に変換して照明に利用するのが標準的でありそれに特化している。機器の運転により発生した電気エネルギーはそのまま蓄積し夜間照明にのみ利用している。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしその発生した電気エネルギーを多目的に利用する事になれば、作り出されたエネルギーは他の目的に利用可能となる。

(57)【要約】

【課題】太陽光、風力等の自然エネルギーを有効に利用できる形態を有した独立系街路灯形式の創エネルギーポールにおいて、多機能型装置を有し、全体を有機的に機能させる事が出来る完全独立型エネルギー提供装置として利用可能な形態に提供する。【解決手段】自然エネルギーの電気エネルギーへの変換過程において高効率風力発電機1及びDC/DCコンバータ4を持ち、電気二重層コンデンサー、バッテリ等のエネルギー蓄積装置に蓄える事により原理的に利用可能となる。自然環境は全く変えずに、外気中に拡散されていた自然エネルギーが有効な変換装置を介する事により電気エネルギーとして回収し、且自然エネルギーが別の形態に生まれ変わる事により利用可能な姿となる。変換された電気エネルギーは諸々の機能をもつ装置によりその利用形態毎に出力される。これにより自然エネルギーは、自在に使える有効媒体になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):