(54)【考案の名称】集光式太陽光発電装置

(73)【実用新案権者】大同メタル工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、集光レンズによって太陽電池面に太陽光を集光するようにした集光式太陽光発電装置に関するものである。とりわけ、集光レンズの形状の変形を防ぐことにより集光効率を高めた発電を行えるようにした集光式太陽光発電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
集光式太陽光発電装置は常に太陽方向へ向けた集光レンズによって比較的小面積の太陽電池面に太陽光を集光して効率的な発電を行うものである。集光レンズとしてはフレネルレンズを使用することが多い。フレネルレンズは、通常のレンズを同心円環状の多数のプリズム状の領域に分割し、厚みを減らしたレンズである。従来のフレネルレンズとしては、プリズム部を同一平面上に並べ、フレネルレンズ中心の光軸に近い領域は屈折を利用し、フレネルレンズ中心の光軸から遠い領域は全反射を利用し、レンズ作用を得ているものがある(特許文献1)。集光式太陽光発電装置の全体像は、特許文献2に示されたものが一例としてある。
【0003】
フレネルレンズは、レンズ部の厚みを低減することにより、光学的効率を高めることができるため、レンズ部の厚みを極力低減したフレネルレンズが望まれている。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案の集光式太陽光発電装置は、フレネルレンズの周縁部にリブ部を設けることにより、フレネルレンズの変形が防止され、光学的効率を高めることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の集光式太陽光発電装置の例を示す概略図である。
【図2】本考案の第一の実施例によるフレネルレンズの側面図である。
【図3】本考案の第一の実施例によるフレネルレンズの平面図である。
【図4】図3のA−A´断面図である。
【図5】本考案の第二の実施例によるフレネルレンズの側面図である。
【図6】本考案の第二の実施例によるフレネルレンズの平面図である。
【図7】図6のA−A´断面図である。

(57)【要約】

【課題】フレネルレンズの厚みを低減しつつ、フレネルレンズの変形を防止し、光学的効率の高い集光式太陽光発電装置を提供する。【解決手段】集光式太陽光発電装置に使用されるフレネルレンズ3であって、フレネルレンズはドーム状の形状となるように形成され、フレネルレンズの内面には、複数の略三角形の突条が光軸を中心に同心円環状に形成されている、フレネルレンズにおいて、フレネルレンズの周縁部にリブ部10を設けたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):