(54)【考案の名称】照明付の雨傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、雨傘に照明器具をセットし、歩行者の足元を明るく照らし、歩行の安全性の向上を図るものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の雨傘には照明がなく、雨天時や視界不良時に雨傘をさすと陰ができ足元が暗くなり、歩行が困難な状況が出現する欠点があった。
【0003】
本考案は、以上のような欠点をカバーする目的でなされたものである。
【0004】

【効果】

【0007】
上述した様に本考案は、雨傘に照明装置がセットされる為、歩行者の通行が容易となり、利便性・安全性の向上かつファッションの一部として演出効果と自己主張に有効である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の立面図である。

【0009】
雨傘(1)の裏面中央に照明器具(2)を装着し、電池(3)とスイッチ(4)の構成よりなる製品です。雨傘の骨組み支柱の裏面中央に、照明器具をセットする事で実現した。照明器具は、小さく、軽く、薄く、省電力である発光ダイオードLED照明を装着する。
【0010】
(1)雨傘の裏面中央
(2)照明器具
(3)電池
(4)スイッチ


(57)【要約】

【課題】歩行者の足元を明るく照らし、歩行の利便性・安全性の向上を図る雨傘を提供する。【解決手段】雨傘1の裏面中央部に照明器具2と、電池3とスイッチ4を取り付ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):