(54)【考案の名称】印刷不良の発見容易な印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社ウイルコ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、印刷不良の発見容易な印刷物に関する。具体的には、秘匿情報が印刷され、その上に情報秘匿部材が接着されている印刷物に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、広告・ダイレクトメール・チラシ、特にはがきなどの印刷物においては、例えば個人の銀行口座情報など、秘匿情報が印刷されている場合がある。そして、当該秘匿情報を配送過程で第三者が見てしまうことを防ぐため、透けない黒いシールなど、情報秘匿部材が一過性の粘着剤などで接着(貼着)されている場合がある(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
しかしながら、印刷物を作成した側としては、前記の個人の銀行口座情報などの印刷及び秘匿部材の接着(貼着)は印刷機械などにより一連の工程で行われるため一度情報秘匿部材を貼り付けてしまうと、それを剥がさない限り、一行又は数行だけの行抜け・印字切れ・かすれなどの印刷不良があったか否か、目視ではチェックすることができない。
しかしながら、このような印刷不良は、例えば銀行口座情報などが記載されている場合には情報の重要度が高いので問題が大きく、配送されてしまう前に出来る限り発見する必要がある。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案の以上の構成により、かすれ・行抜け・印字切れなどの印刷不良を目視で容易に発見でき、秘匿情報が印刷され、その上に情報秘匿部材が接着されている印刷物、特にはがきを提供することが可能となったものである。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の印刷物(はがき)の構成を示す図である。
【図2】本考案の印刷物(はがき)を示す図である。
【図3】印刷不良がある場合本考案の印刷物(はがき)を示す図である。

【0012】
本考案の実施の形態の一例を図面にしたがって説明する。
【0013】
図1は、本考案の印刷物(はがき)の構成を示す図である。はがき1には、秘匿すべき情報2と印刷チェック用情報3が情報記載部として一括して印刷されている。ここで、秘匿すべき情報2の記載がある行には全て印刷チェック用情報3が記載されており、また印刷チェック用情報3の情報記載部が印刷される方向が矢印5で示されている。そして、情報秘匿部材4は、秘匿すべき情報2のみを覆う形状をしており、秘匿すべき情報2の上に一過性の粘着剤により接着される(矢印6)。この印刷及び情報秘匿部材を接着するのは通常使用されている印刷機械などにより一連の工程で行われる。この結果、図2のようになり、印刷チェック用情報3がはみでている。
そして、図2のように印刷チェック用情報3が全て問題なく印刷されていれば、印刷時に行抜けや、かすれなどの印刷不良がないということがわかる。
【0014】
一方、図3は、印刷不良がある場合である。上から2行目のように、印刷チェック用情報3が、両側に印刷されておらず、一行抜けてしまっていることが目視で容易にわかる。この場合、同じ行の秘匿すべき情報2の部分も、印刷が抜けてしまっている可能性が高く、情報秘匿部材4を接着した後でも印刷不良を発見することが容易になるものである。
同様に、上から4行目のように、印刷チェック用情報3がかすれている場合には、同じ行の秘匿すべき情報2の部分もかすれていることになり、かすれていることを容易に発見出来る。また、下から2行目のように、どちらかの側にしか印刷チェック用情報3が印刷されていない場合には、同じ行の秘匿すべき情報2の部分に何らかの問題があることになり、何らかの印刷不良があることが容易に推測出来る。
【0015】
1 はがき
2 秘匿すべき情報
3 印刷チェック用情報
4 情報秘匿部材
5 矢印
6 矢印


(57)【要約】

【課題】行抜け・印字切れ・かすれなどの印刷不良を目視で容易に発見できる、秘匿情報が印刷され、その上に情報秘匿部材が接着されている印刷物、特にはがきを提供する。【解決手段】印刷物が、一括して印刷された情報記載部と情報秘匿部材4とを備え、情報記載部は、その内容が秘匿すべき情報と印刷チェック用情報とに分かれており、情報秘匿部材4は秘匿すべき情報のみを覆って接着されており、印刷チェック用情報3は秘匿すべき情報の周囲の少なくとも一片に沿って、印刷される方向と平行に、秘匿すべき情報が記載されている全ての行又は列と同じ行又は列に印刷されていることからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):