(54)【考案の名称】太陽電池パッケージ構造

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】大晶光電股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種の太陽電池パッケージ構造に関し、特に携帯式物品に使用される太陽電池に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池は環境保護と省エネルギーの効果があるため、徐々に我々の生活で幅広く使用されるようになった。一方、多くの太陽電池のパッケージに強化ガラスが使用されている。しかし、小さいサイズの製品を強化ガラスで作ることができない。よってこの種の太陽電池の面積が大きく、大電力発電できる。そのため、ほとんどは湯沸器など電気消費量の大型製品に使用されている。しかし、携帯便利で、しかも場所と時間の制限がなく、電子製品の充電を図るため、当業者から一種の小型太陽電池が開発されている。図1と2を合わせて参照する。図で明らかのように、該小型太陽電池モジュールAは上から下の順に、上部クラッド層A1、セル層A2、下部クラッド層A3と、背板A4とを取り付けられている。そのうち、上部クラッド層A1と下部クラッド層A3はエポキシ樹脂系の接着剤が塗布されており、背板A4は強化加工された金属板からなる。しかし、このやり方では以下の欠点がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
イ、 エポキシ樹脂系の接着剤による金属板の接着は、その分子鎖構造の完全度がガラスに及ばないため、孔隙ができやすい。よって、長時間使用したところ、環境の影響でエポキシ樹脂系の接着剤に微粒化現象、さらにセル層A2にそりを引き起こし、ホットゾーン現象が集中した結果、セル層A2の光電変換効率を低下させ、使用寿命が短縮される。
【0004】
ロ、 エポキシ樹脂の耐侯性がやや悪く、接着厚みの管理が難しいため、光散乱を引き起し、同じく光電変換効率が低下される。
【0005】
ハ、 金属板を強化加工して背板A4に仕上げた後の強度はよくなるが、携帯式物品に適用すると、導電性があり人体に安全を害する恐れがある。

【効果】

【0008】
以下説明の通り、本考案は公知技術の不足点と欠点を解決できるほか、進歩性の効果が追加される主な技術手段は、以下の通りである。
【0009】
イ、 本考案は太陽電池1の表面層11と底面層14に熱可塑性重合体が使われている。熱可塑性重合体は軽量で、しかも光学特性の等級はガラスに同じである。さらに落下、衝撃耐性がよく、破裂の恐れがない。よって、本考案はリュックサック、携帯電話機またはファッション、アクセサリなどの携帯性物品に非常に適している。
【0010】
ロ、 本考案は太陽電池1の表面層11と底面層14に熱可塑性重合体を使われている。熱可塑性重合体は、製造寸法の制限がない。よって、狭い空間と特殊角度に適した太陽電池1を製造できる。さらに、表面層11と底面層14は同じ部材が使われているため、熱収縮率も同じであり、そり、変形などの問題は発生しない。
【0011】
引き続き、図5と6を合わせて参照する。図から明らかのように、本考案の太陽電池1はセル層12と底面層14との間に光反射層13を増設しても良い。さらに、表面層11、セル層12、光反射層13と底面層14の2つの対向面との間にエチレン酢酸ビニル共重合体より形成された接続層15を介設して、圧着工程により太陽電池1が作られた後、セル層12の光電変換効率を向上させるため、表面層11より透過された光線はセル層12に備える多数のソーラーセル121を通過し形成された隙間は、光反射層13によってセル層12に戻り反射させる。
【0012】
さらに、該光反射層13は熱可塑性重合体からなる。そのうち、ポリエチレン・テレフタレート(Polyethylene terephthalate, PET)がもっとも使われているものである。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】従来の小型太陽電池の断面視図である。
【図2】従来の小型太陽電池の立体態様図である。
【図3】本考案の好ましい実施例の断面視図である。
【図4】本考案の好ましい実施例の立体態様である。
【図5】本考案もう一つの好ましい実施例の断面視図である。
【図6】本考案さらに一つの好ましい実施例の立体態様である。

【0014】
以下、添付図面を参照して本考案の実施の形態を詳細に説明する。
【0015】
図3と4を参照する。図から明らかのように、本考案の太陽電池1には表面層11と底面層14が設置されている。表面層11と底面層14との間にセル層12が設けられている。そのうち、
【0016】
該表面層11と底面層14は熱可塑性重合体(Thermoplastic Polymer)で出来ているため、熱可塑性重合体からなる表面層11と底面層14は優れた光透過性のほか、折り曲げ、靱性が強く、脆化温度低いなどの性質を有する。前述熱可塑性重合体はポリカーボネート(Polycarbonate, PC)樹脂であっても良い。
該セル層12は結晶シリコンからなる多数のソーラーセル121 (Solar cell)を配列し形成されている。
【0017】
前述の通り、本考案は製造するときに、表面層11、セル層12および底面層14の2つの対向面の間にエチレン酢酸ビニル共重合体(Ethylene Vinyl Acetate copolymer, EVA)を塗布して、表面層11、セル層12および底面層14の2つの対向面の間に接続層15を形成した上、表面層11、セル層12および底面層15を合わせてラミネータ(Laminater)に取付け、真空パッケージを実施し積層工程を経て太陽電池1を作り上げる。
【0018】
本考案はエチレン酢酸ビニル共重合体を接続層15に使用されており、エチレン酢酸ビニル共重合体は厚み管理が容易で、しかも均一である。孔隙の径が小さく気体が侵入にくい。吸水率が低く、耐候性と絶縁性が優れるなどの性質を有する。よって、セル層12を有効に保護しセル層12の光電変換効率に影響を与えない。
【0019】
1 太陽電池
11 表面層
12 セル層
121 ソーラーセル
13 光反射層
14 底面層
15 接続層
A 太陽電池モジュール
A1 上部クラッド層
A2 セル層
A3 下部クラッド層
A4 背板

(57)【要約】

【課題】携帯式物品に非常に適している太陽電池パッケージ構造を提供する。【解決手段】積層工程より形成される太陽電池において、熱可塑性重合体からなる表面層と底面層が設けられ、該表面層と底面層との間に結晶シリコンからなる多数のソーラーセルを配列し形成されたセル層を介設する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):