(54)【考案の名称】容器貼着用ラベル

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】大日本住友製薬株式会社

(73)【実用新案権者】相互印刷紙器株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、容器に貼着した状態で容器の内容物を識別可能とする識別情報を表示するラベルであり、特に、第1識別情報を表示する本体ラベルと、第2識別表示を表示する複片ラベルを備え、複片ラベルを本体ラベルに分離線を介して分離自在に連設した容器貼着用ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、錠剤その他の薬剤を収納する容器の周面に貼着されるラベルとして、本体ラベルに複片ラベルを連設し、本体ラベルの表面に第1識別情報を表示すると共に裏面に貼着手段を形成し、複片ラベルの表面に第2識別情報を表示すると共に裏面に貼着手段を形成したラベルが提案されている。このようなラベルは、薬剤を収納した容器に該ラベルを貼着した状態で出荷され、医療機関等において、本体ラベルから複片ラベルを分離すると共に容器から剥離し、複片ラベルを容器のキャップに移して再貼着することを可能としている。これにより、容器の周面に本体ラベルの第1識別情報が表示され、キャップの上面に複片ラベルの第2識別情報が表示されるので、引出し等に収容した状態でも、キャップを上から見るだけで、複数の容器の中から所望の薬剤を収納した容器を容易に判別できるという便利がある。
【0003】

【効果】

【0021】
本考案によれば、本体ラベル24と複片ラベル26を備えたラベル21を容器に貼着した状態でユーザに出荷された後、ユーザは、必要に応じて、容器42に貼着されたラベル21から複片ラベル26を分断して剥離することにより分離し、分離した複片ラベル26を容器のキャップや、容器の保管棚等の所望の個所に再貼着することができる。この際、容器本体に貼着状態で残存する本体ラベル24は第1識別情報23を表示し、所望個所に再貼着した複片ラベル26は第2識別情報25を表示している。従って、ユーザは、第1識別情報23と第2識別情報25を任意選択的に視認することにより、容器の内容物を簡単に判別し、所望の容器を取り上げることができるという便利がある。
【0022】
特に、請求項1に記載の本考案によれば、ラベル21は、X軸方向の伸長許容量LとY軸方向の伸長許容量WをL>Wとするように延伸された合成紙等の樹脂系のシート素材22により形成されているので、強靱であり、上述のような複片ラベル26の分離と再貼着に適したものとなる。この点に関して、本考案は、分離線27をシート素材22のX軸方向に配置しているので、ユーザが摘み片28を指先で摘んで持ち上げ、複片ラベル26の貼着手段39を剥離させつつ摘み片28を強く引っ張りながら分離線27を分断させるとき、複片ラベル26は、シート素材22の延伸方向に関して、伸長許容量Wによりほとんど伸長しない方向を分離線27に直交させ、伸長許容量Lにより伸長が許される方向を分離線27に沿わせているので、上述した従来技術のように皺の生成により湾曲癖を生じてカールするようなことはない。その結果、分離後の複片ラベル26は、湾曲癖のない平坦姿勢で再貼着され、再貼着された貼着状態を安定するという効果がある。
【0023】
そして、請求項2に記載の本考案によれば、摘み片28が複片ラベル26からX軸方向に向けて突設されているので、摘み片28を持ち上げ、該摘み片28の突出方向と反対方向に複片ラベル26を引っ張るだけで、X軸方向に向けて分離線27を好適に破断することができる。
【0024】
請求項3に記載の本考案は、複片ラベル26の延長縁部32aを本体ラベル24の第2縁部31aに合致させ、交差縁部32bを本体ラベル24の第1縁部30a、30bの一方の縁部に交差させて形成し、前記交差縁部32bを含む摘み片28を複片ラベル26からX軸方向に突出するように形成している。従って、後述する図6(A)(B)のように、複片ラベル26の延長縁部32aに摘み片28を延設する場合は、摘み片28を持ち上げて分離線27の破断方向Mに向けて複片ラベル26を引っ張ったとき、本体ラベル24の第2縁部31aが複片ラベル26の延長縁部32aに引っ張られて持ち上げられるおそれがあり、分離線27の破断を妨げる可能性があるのに対して、請求項2に記載の本考案によれば、摘み片28を持ち上げて分離線27の破断方向Mに向けて複片ラベル26を引っ張ったとき、図5(A)(B)のように、本体ラベル24の第1縁部30a又は30bは、摘み片28を含む複片ラベル26の交差縁部32bに交差しているので、容易に持ち上げられるおそれはなく、該交差部分を分離線27に向けて好適に破断する。
【0025】
請求項4に記載の本考案によれば、複片ラベル26の交差縁部32bに交差する本体ラベル24の第1縁部30a(30b)がX軸方向の直線縁24aを形成し、該直線縁24aの延長線上に分離線27を設けているので、前述の交差部分の破断が容易となり、しかも、該破断を確実に分離線27に連絡させることが可能になる。
【0026】
この際、請求項5に記載の本考案によれば、複片ラベル26の摘み片28を本体ラベル24の直線縁24aに隣接して設けているので、摘み片28の持ち上げと同時に前記交差部分が容易に破断され、摘み片28の引っ張り力Pを分離線27の破断に直接作用させることができる。
【0027】
そして、請求項6に記載の本考案によれば、前記直線縁24aと分離線27を結ぶ線上に位置して、前記直線縁24aから摘み片28と本体ラベル24の間に進入するノッチ37を設けているので、摘み片28を持ち上げたとき、ノッチ37が開くことにより前記交差部分を容易に破断する。
【0028】
更に、請求項7に記載の本考案によれば、摘み片28の輪郭の一部により前記分離線27に向けて傾斜するガイド縁34aを形成し、該ガイド縁34aを前記直線縁24aに対して鋭角θで交差させているので、無造作に摘み片28を引っ張るときでも、前記交差部分を分離線27に向けて破断することができる。
【0029】
請求項8に記載の本考案によれば、一対の第1縁部30a、30bがそれぞれ本体ラベル24の上縁と下縁により構成され、上縁又は下縁に複片ラベル26を連設しているので、ラベル21を容器10に貼着する際、貼着機による自動貼着を好適に行うことができる。
【図面の簡単な説明】
【0030】
【図1】本考案の1実施形態に関して、シート素材とラベルの関係を示す斜視図である。
【図2】第1実施形態に係るラベルの表面を示しており、(A)はラベルの表面を示す正面図、(B)は複片ラベルの部分の表面を拡大して示す正面図である。
【図3】第1実施形態に係るラベルの裏面を示しており、(A)はラベルの裏面を示す背面図、(B)は複片ラベルの部分の裏面を拡大して示す背面図である。
【図4】第1実施形態に係るラベルの作用を示しており、(A)はラベルを容器に貼着した状態を示す斜視図、(B)は本体ラベルから分離した複片ラベルを容器のキャップに再貼着した状態を示す斜視図、(C)は複片ラベルを本体ラベルから分離するときの作用を示す正面図、(D)は分離後の複片ラベルを示す斜視図である。
【図5】本考案の異なる実施形態に係るラベルの作用を示しており、(A)は第1実施形態の作用を示す正面図、(B)は第2実施形態の作用を示す正面図である。
【図6】本考案の更に異なる実施形態に係るラベルの作用を示しており、(A)は第3実施形態の作用を示す正面図、(B)は第4実施形態の作用を示す正面図である。
【図7】本考案の更に別の実施形態に係るラベルを説明する正面図である。
【図8】本考案のラベルの上下配置形態に関する別の実施形態を示しており、(A)はシート素材とラベルの関係を示す正面図、(B)はラベルを容器に貼着した状態を示す斜視図である。
【図9】従来技術を示しており、(A)はシート素材を示す斜視図、(B)はシート素材とラベルの関係を示す斜視図である。
【図10】従来技術を示しており、(A)は従来のラベルを貼着機で容器に貼着する作用を示す横断面図、(B)は従来のラベルを容器に貼着した状態を示す斜視図である。
【図11】従来技術を示しており、(A)はラベルを容器に貼着した状態を示す斜視図、(B)は本体ラベルから分離した複片ラベルを容器のキャップに再貼着した状態を示す斜視図、(C)は複片ラベルを本体ラベルから分離するときの作用を示す正面図、(D)は分離後の複片ラベルを示す斜視図である。

【0031】
以下図面に基づいて本考案の好ましい実施形態を詳述する。
【0032】
本考案のラベル21は、樹脂を主原料とする樹脂系のシート素材、好ましくは合成紙から成るシート素材22により形成されている。このシート素材22は、従来技術に関して説明したものと同様であり、図1に示すように、帯長手方向のX軸方向に縦延伸E1を受けた後、帯幅方向のY軸方向に横延伸E2を受けた帯状シートから成り、X軸方向の伸長許容量LとY軸方向の伸長許容量WがL>W(W=0を含む)とされている。図示のように、帯状のシート素材22に対して、X軸方向に所定間隔をあけてラベル21が印刷され、各ラベル21の輪郭に沿ってトムソン等により打ち抜かれる。尚、上述のような貼着機によりラベルを容器に自動貼着する場合は、帯状のシート素材22のX軸方向を移送方向Fとして移送される。
【0033】
図2に示すように、各ラベル21は、第1識別情報23を表示した本体ラベル24と、第2識別情報25を表示した複片ラベル26を一体に連設しており、本体ラベル24と複片ラベル26の間にミシン目等の分離線27を設け、複片ラベル26に摘み片28を延設している。前記第1識別情報23及び第2識別情報25は、容器の内容物を識別可能とする情報を含んでおり、例えば、第1識別情報23には商品名や商品の用途その他の詳細情報を含ませることができるが、第2識別情報23は容器の内容物を識別可能とする最小限の情報で足りる。尚、本体ラベル24には、第1識別情報23に加えて、バーコードや製造年月日等に関する付加情報29を表示しても良い。
【0034】
前記シート素材22により形成される各ラベル21は、本体ラベル24の一対の第1縁部30a、30bを前記X軸方向に沿って配置し、該本体ラベル24の第1縁部30a、30bの少なくとも一方から前記Y軸方向に向けて前記複片ラベル26を延設し、前記分離線27を前記X軸方向に配置している。この際、第2縁部31a、31bを前記Y軸方向に配置する本体ラベル24に対して、前記摘み片28を含む複片ラベル26は、前記第2縁部31a、31bの一方の縁部から延長された延長縁部32aと、該延長縁部32aの反対側で本体ラベル24の第1縁部30a、30bの一方に交差する交差縁部32bを有しており、前記摘み片28は、前記交差縁部32bを含んで複片ラベル26からX軸方向に突出するように形成されている。
【0035】
図1ないし図7に示す実施形態の場合、本体ラベル24の第1縁部30a、30bと第2縁部31a、31bがそれぞれ容器の上下及び左右に対応するラベル21の上下縁と両側縁を構成するように形成され、複片ラベル26を本体ラベル24の上縁30aから上方に延設し、該複片ラベル26の延長縁部32aを前記移送方向Fの前方(図例では右側)に位置する本体ラベル24の側縁31aから上方に延長させ、これにより、上述したような貼着機を使用することにより、容器に対する自動貼着を可能とする。
【0036】
しかしながら、本考案のラベル21は、必ずしも貼着機による自動貼着を必要とするものではなく、図8に示すように、シート素材22のX軸方向に沿う本体ラベル24の第1縁部30a、30bとY軸方向に沿う第2縁部31a、31bをそれぞれ容器42の左右及び上下に対応するラベル24の両側縁と上下縁を構成するように形成し、ラベル21を容器42に貼着した状態で、分離線27が上下方向に配置されるように構成しても良い。
【0037】
尚、図例の場合、本体ラベル24の第2縁部の一方の縁部31aと複片ラベル26の延長縁部32aは、同一直線上に位置する直線縁を形成しているが、これに限定されるものではない。
【0038】
複片ラベル26の前記延長縁部32aの反対側に位置する交差縁部32bは、前記延長縁部32aとほぼ平行な直線縁33と、舌片状に突出する摘み片28により形成された円弧縁34を構成する。
【0039】
本考案の好ましい実施形態において、本体ラベル24の第1縁部30a、30b(図例の場合、上縁を構成する縁部30a)は、少なくとも前記複片ラベル26の交差縁部32bに交差する縁部分により直線状に延びる直線縁24aを形成し、前記複片ラベル26の摘み片28を該直線縁24aに隣接して設け、該直線縁24aの延長直線上に前記分離線27を設けている。これにより、摘み片28の輪郭となる円弧縁34が前記分離線27に向けて傾斜するガイド縁34aを形成し、該ガイド縁34aを本体ラベル24の直線縁24aに対して鋭角θで交差する。
【0040】
前記分離線27は、Vカット等による溝状の線により形成しても良いが、図示実施形態の場合、ラベル21を貫通するスリット群から成るミシン目により形成されており、間隔をあけて配置された各スリット35は、前記直線縁24aに向かうスリットの端部から複片ラベル26に向けて傾斜する傾斜スリット35aを延設している。これにより、近接するスリット35、35の間にシート素材の連結部36を確保することができ、しかも、図示の矢印Mで示す方向に向けて前記ガイド縁34aから連結部36を破断させるとき、破断線が分離線27から外れて複片ラベル26の内側に向かうことを防止し、分離線27に沿った破断を可能にする。尚、図示のように、本体ラベル24の直線縁24aと前記摘み片28のガイド縁34aの間に、分離線27に向かうノッチ37を形成することが好ましい。
【0041】
図3に示すように、本体ラベル24と複片ラベル26の裏面には、粘着剤を塗布することにより貼着手段38、39が形成されている。図示実施形態において、本体ラベル24の貼着手段38と複片ラベル26の貼着手段39は、同一の粘着剤を同時に塗布することにより形成されるが、本考案のラベル21は、少なくとも複片ラベル26の貼着手段39を剥離自在な粘着剤により形成している。
【0042】
この際、摘み片28の裏面と、分離線27を囲む裏面の領域には、粘着剤を塗布せず、非貼着手段40、41が形成される。好ましい実施形態において、分離線27を囲む非貼着手段41は、前記ノッチ37と本体ラベル24の直線縁24aを含むように延びる延長部41aを有しており、該延長部41aを介して該非貼着手段41を摘み片28の非貼着手段40と合体させている。
【0043】
本考案のラベル21は、本体ラベル24に複片ラベル26を連設した状態で容器42の適所に貼着される。自動貼着する場合は、図9に基づいて上述したような貼着機により貼着される。図4(A)は、薬剤を収納した容器42にラベル21を貼着した状態を例示しており、ラベル21は、キャップ42aを備えた容器42の胴部に巻付け状態で貼着され、この状態で医療機関等のユーザに向けて出荷される。
【0044】
医療機関等のユーザは、必要に応じて、容器42に貼着されたラベル21から複片ラベル26を分断することにより分離し、図4(B)に示すように、分離した複片ラベル26をキャップ42a等に再貼着することができる。
【0045】
上述のように、本考案のラベル21は、X軸方向の伸長許容量LとY軸方向の伸長許容量WをL>Wとするシート素材22により形成されており、本体ラベル24の第1縁部30a、30bを前記X軸方向に沿って配置し、複片ラベル26を本体ラベル24の第1縁部30a、30bの一方の縁部30aから前記Y軸方向に延設し、分離線27を前記X軸方向に配置している。
【0046】
従って、図4(C)に示すように、ユーザが摘み片28を指先で摘んで持ち上げ、複片ラベル26の貼着手段39を剥離させつつ摘み片28を矢印P方向に強く引っ張りながら分離線27を矢印M方向に分断させるとき、複片ラベル26は、シート素材22の延伸方向に関して、伸長許容量Wによりほとんど伸長しない方向を分離線27に直交させ、伸長許容量Lにより伸長が許される方向を分離線27に沿わせているため、上述した従来技術のように皺の生成により湾曲癖を生じてカールするようなことはないので、分離後の複片ラベル26は、図4(D)に直線Sで示すように平坦状態を保持し、キャップ42aに再貼着した状態で、貼着手段39による貼着状態が安定し、容易に剥離することはない。
【0047】
図5及び図6は、上述した本考案の第1実施形態に係るラベルと、その他の実施形態を示しており、第1実施形態が最適実施形態であることを説明している。
【0048】
(第1実施形態の作用)
図5(A)は、上記第1実施形態の作用を示しており、上述のように摘み片28を指先で摘んで持ち上げ、複片ラベル26の貼着手段39を容器42の表面から剥離させつつ摘み片28を矢印P方向に引っ張ると、該引っ張り方向Pに沿って分離線27が矢印M方向に好適に破断される。そして、分離した複片ラベル26は、従来技術のようにカールすることがない。
【0049】
第1実施形態の場合、容器42に貼着された本体ラベル24の第1縁部30aと摘み片28を含む複片ラベル26の交差縁部32bが交差しているので、摘み片28を矢印P方向に引っ張ったとき、本体ラベル24の前記交差部分が容易に持ち上げられるおそれはなく、該交差部分を分離線27に向けて好適に破断する。
【0050】
そして、複片ラベル26の交差縁部32bに交差する本体ラベル24の第1縁部30aにより直線縁24aを形成し、該直線縁24aの延長線上に分離線27を設けているので、摘み片28を直線縁24に沿って引っ張ることにより、前記交差部分を容易に破断することができ、しかも、前記交差部分から進行する破断線を確実に分離線27に連絡させることができる。
【0051】
この際、複片ラベル26の摘み片28は、本体ラベル24の直線縁24aに隣接して設けられているので、摘み片28の持ち上げと同時に前記交差部分を容易に破断すると共に、摘み片28の引っ張り力Pを分離線27に直接作用させることにより、該分離線27を軽い力で好適に破断する。
【0052】
しかも、前記直線縁24aと分離線27を結ぶ線上に位置して、前記直線縁24aから摘み片28と本体ラベル24の間に進入するノッチ37を設けているので、摘み片28を持ち上げたとき、ノッチ37が開くことにより前記交差部分を容易に破断する。
【0053】
更に、摘み片28の輪郭の一部により前記分離線27に向けて傾斜するガイド縁34aを形成し、該ガイド縁34aを前記直線縁24aに対して鋭角θで交差させているので、無造作に摘み片28を引っ張るときでも、前記交差部分を分離線27に向けて破断することができる。
【0054】
(第2実施形態)
図5(B)は、本考案の第2実施形態を示しており、複片ラベル26は、摘み片28を本体ラベル24の第1縁部30aから離れた位置に設けており、該摘み片28と第1縁部30aの間に直線縁33を形成している。分離線27は、第1実施形態と同様に、第1縁部30aにより形成された直線縁24aの延長線上に設けられている。
【0055】
この第2実施形態に係るラベル21においても、第1実施形態と同様に、容器42に貼着した状態から複片ラベル26を分離したとき、従来技術のようにカールすることがないという利点を有している。しかしながら、摘み片28が本体ラベル24の第1縁部30aから離れて配置され、摘み片28と第1縁部30aの間に複片ラベル26の直線縁33を形成しているので、摘み片28を持ち上げて矢印P方向に引っ張ると、裏面の貼着手段39を剥離しながら引き上げられる前記直線縁33の近傍部に生じる張力により、複片ラベル26に分力Pxを作用する。このため、破断中の分離線27が所定の破断方向Mから矢印Mxに逸れるおそれがある。従って、この第2実施形態よりも上述の第1実施形態の方が優れている。
【0056】
(第3実施形態)
図6(A)は、本考案の第3実施形態を示しており、複片ラベル26は、延長縁部32aから摘み片28を突出させ、該摘み片28を分離線27に隣接して配置している。従って、延長縁部32aは、直線縁33と摘み片28の円弧縁34により構成され、円弧縁34を本体ラベル24の第2縁部31aに隣接させている。
【0057】
この第3実施形態に係るラベル21においても、第1実施形態と同様に、容器42に貼着した状態から複片ラベル26を分離したとき、従来技術のようにカールすることがないという利点を有している。しかしながら、摘み片28を持ち上げて分離線27の破断方向Mに向けて複片ラベル26を引っ張ったとき、本体ラベル24の第2縁部31aが複片ラベル26の延長縁部32aに引っ張られて矢印Qのように持ち上げられるおそれがあり、分離線27の破断を妨げる可能性がある。従って、この第3実施形態よりも上述の第1実施形態の方が優れている。
【0058】
(第4実施形態)
図6(B)は、本考案の第4実施形態を示しており、複片ラベル26は、延長縁部32aから摘み片28を突出させ、該摘み片28を分離線27から離れた個所に配置している。従って、延長縁部32aは、直線縁33と摘み片28の円弧縁34により構成され、直線縁33を本体ラベル24の第2縁部31aに隣接させている。
【0059】
この第4実施形態に係るラベル21においても、第1実施形態と同様に、容器42に貼着した状態から複片ラベル26を分離したとき、従来技術のようにカールすることがないという利点を有している。しかしながら、第3実施形態と同様に、摘み片28を持ち上げて引っ張ったとき、本体ラベル24の第2縁部31aが複片ラベル26の延長縁部32aに引っ張られて矢印Qのように持ち上げられるおそれがある。しかも、第2実施形態と同様に、複片ラベル26が分力Pxを受けることにより、分離線27の破断方向Mを矢印Mx方向に向けて逸脱するおそれがある。従って、この第4実施形態よりも上述の第1実施形態の方が優れている。
【0060】
(別の実施形態)
図7は、本考案の別の実施形態を説明している。上述の実施形態は、何れも、複片ラベル26を本体ラベル24の上縁を構成する第1縁部30aの右端に連設したものを図示したが、本考案のラベル21は、図7に示す複片ラベル26A、26B、26Cのように、本体ラベル24の上縁左端、下縁右端、下縁左端に連設したものでも良く、更には、複片ラベル26D、26Eのように、本体ラベル24の上縁中央、下縁中央に連設したもので良い。この際、本体ラベル24に対して、1つの複片ラベル26を連設しても良いが、前記のような配置から選ばれた複数の複片ラベル26を連設しても良く、その場合、容器に貼着したラベル21から分離した複数の複片ラベル26を容器のキャップや容器保管棚等の複数個所に再貼着することができる便利がある。
【0061】
21 ラベル
22 シート素材
23 第1識別情報
24 本体ラベル
24a 直線縁
25 第2識別情報
26 複片ラベル
27 分離線
28 摘み片
30a、30b 第1縁部
31a、31b 第2縁部
32a 延長縁部
32b 交差縁部
34 円弧縁
34a ガイド縁
37 ノッチ
38、39 貼着手段
40、41 非貼着手段
42 容器
42a キャップ

(57)【要約】

【課題】容器にラベルを貼着した状態で、第1識別情報を表示した本体ラベルから第2識別表示を表示した複片ラベルを分離して容器から剥離し、分離した複片ラベルを容器のキャップ等に再貼着できるようにした容器貼着用ラベルを提供する。【解決手段】ラベル21は、樹脂を主原料としてX軸方向の伸長許容量LとY軸方向の伸長許容量WをL>Wとするように構成されたシート素材から形成され、本体ラベル24の第1縁部30a,30bをX軸方向に沿って形成され、複片ラベル26を本体ラベルの第1縁部30a,30bの少なくとも一方から前記Y軸方向に延設し、複片ラベル26を分離可能とする分離線27をX軸方向に配置している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):