(54)【考案の名称】商品情報表示媒体収容具

(73)【実用新案権者】株式会社 西東社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は商品情報表示媒体収容具に関し、特に、書店等において平積みされている書籍の商品情報を表示するための書籍公告を収容する商品情報表示媒体収容具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、例えば書店において商品たる平積みされた書籍を宣伝するための樹脂製の商品情報表示具が用いられている。商品情報表示具は、書店の棚の前方にある平置台の上面に配置され書籍がその上に載置される載置部と、書籍の題号等が記載された商品宣伝広告を表示し載置部に載置された書籍を指し示す表示部と、表示部を支持するために載置部から鉛直方向に延伸する保持部とを有して構成されている。
【0003】

【効果】

【0012】
以上により、本考案は、対象となる商品の量及び種類に応じて表示態様を変化させることが可能であり、従って利便性の高い商品情報表示媒体収容具を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の実施の形態に係る商品情報表示媒体収容具を示す平面図。
【図2】本考案の実施の形態に係る商品情報表示媒体収容具の載置部に書籍が5冊平積みされた状態を示す斜視図。
【図3】本考案の実施の形態に係る商品情報表示媒体収容具の載置部に書籍が3冊平積みされた状態を示す斜視図。

【0014】
本考案の実施の形態による商品情報表示媒体収容具1について図1〜図3を参照しながら説明する。商品情報表示媒体収容具1は、図1に平面的に示すように、下方から上方に向かって載置可能部10と、表示部保持部20と、商品情報表示部30とを有している。載置可能部10と、表示部保持部20と、商品情報表示部30の後述の収容部板部31とは、合成樹脂製の一枚の板状部材として一体的に構成されている。
【0015】
載置可能部10は、板状部材の一端部分(図1下部)を構成しており、載置部11と、切込溝12と、切込溝間部13とを有している。載置可能部10は、板状部材の一端部(図1における上端部)と他端部(図1における下端部)とを結ぶ方向へ指向する互いに平行な切込溝12が、当該板状部材の長手方向に沿って3本等間隔で載置可能部10に形成されていることにより、1箇所の載置部11と2箇所の切込溝間部13とに区切られている。より詳細には、図1の最も上に位置する切込溝12を規定している2本の線のうちの上側の線よりも図の下方に位置する板状部材の部分が載置可能部10をなす。切込溝12と切込溝間部13とは高さ調整手段に相当する。
【0016】
切込溝12により区切られた載置可能部10の各部分のうち図1の一番下側に位置する部分は載置部11をなす。載置部11には、後述のように実際に使用されるときには書籍が載置される。互いに隣接する切込溝12間の部分は切込溝間部13をなす。載置可能部10は各切込溝12で曲折可能であり、いずれかの切込溝12で載置可能部10を曲折することにより、載置部11に対して後述の表示部保持部20を略鉛直方向に延出した状態とすることができる。
【0017】
商品情報表示部30は、板状部材の他端部分(図1上部)の部分を構成しており、収容部板部31及び袋構成部32を有している。収容部板部31は商品情報表示部30の外形を規定しており、図1に示す上端側ほど幅が狭くなる五角形状をなしている。収容部板部31は、後述の表示部保持部20と直接的に一体接続されている。袋構成部32は、収容部板部31の周縁部に沿ってその周縁部が貼り付けられており、収容部板部31と協働して袋状の収容部をなしている。書籍広告40は、収容部板部31と袋構成部32とから構成される当該袋状の収容部に収容される。
【0018】
収容部板部31の一部であって、商品情報表示部30と表示部保持部20との接続位置よりも図1の上側の部分は、袋構成部32に対向せずに袋状の収容部を構成していない部分が存在する。この部分と袋構成部32との境界線の位置に当該袋状の収容部の開口30aが形成され、この開口30aから図1の上方へ向かって、書籍公告40は当該袋状の収容部に挿入することができるように構成されている。また、この部分に少しはみ出ている書籍公告40の一部をユーザが指で摘み、当該袋状の収容部から書籍公告40を容易に出し入れすることができるように構成されている。当該袋状の収容部を構成していない部分は、略台形状をなしている。
【0019】
表示部保持部20は、板状部材のうちの、載置可能部10と商品情報表示部30との間の部分により構成されており、図1の上側の部分は図の左右方向における幅の小さな幅狭部をなし、図1の下側の部分は同方向における幅が載置可能部10の幅と同一の幅広部をなす。
【0020】
以下、書店等において商品情報表示媒体収容具1が所定の書籍の販売を促進するために用いられる例を説明する。ここでは、載置部11に載置される書籍50が5冊の場合を例に挙げて説明する。また、図示の都合上、各書籍50は一点鎖線により示す。
【0021】
載置可能部10は、書店の棚の上面と平行に平積みで載置される。図2に示すように、載置される書籍50が多数(5冊)ある場合には、載置可能部10のうち載置部11にのみ書籍50が載置されることとなり、切込溝間部13上には書籍50が載置されない。より具体的には、載置されるべき書籍50が多数あるときには、一番下側に位置する書籍50の底面から一番上側に位置する書籍50の上面までの高さが比較的高くなる。この場合、商品情報表示部30を可能な限り高い位置に位置させる必要性がある。そのためには、載置可能部10に3本設けられている切込溝12のうちの図1の一番下側の切込溝12で載置可能部10を折り曲げることによって、切込溝間部13及び表示部保持部20を、図2に示すように載置部11に対して垂直とする。また、表示部保持部20と商品情報表示部30との接続位置において商品情報表示部30を折り曲げることによって、図1に示す商品情報表示部30の上端が、図2に示すように下方へ向いた状態とする。
【0022】
図2に示すように、「こどもはココが苦手!」というタイトルの書籍50を示す書籍広告40が袋構成部32には収容されている。上述のように、収容部板部31は透明な合成樹脂により構成されており、収容部板部31を透して購入者は書籍広告40の内容を視覚的に把握することができる。袋構成部32が設けられている商品情報表示部30は、図2に示すようにその上端部は表示部保持部20に支持されている。商品情報表示部30の図2に示す下端部は特定の部材に固定あるいは支持されておらず、自重により平積みされている書籍50に接近し、当該平積みされている書籍50を指す。このため、書籍50の購入者は、五角形状の商品情報表示部30が書籍50のタイトルを表示していることを比較的容易に把握することができ、利便性が高まる。
【0023】
更に、袋構成部32に収容される書籍広告40は、載置可能部10に載置される書籍50が変更されることに応じて、変更することが可能である。即ち、書籍広告40は表示部30の収容部に収容可能、又は収容部から取り出し可能な構成であるため、載置可能部10に載置されていた書籍50が変更された場合には、それまで袋構成部32に収容されていた書籍広告40に代えて新たに載置可能部10に載置された書籍に対応した書籍広告を表示部30の収容部に収容することとなる。従って、予め固定的に表示部に一体的に固定されている従来の商品情報表示具とは異なり、比較的簡易且つ安価な構成により書籍の変更に対応することができる。
【0024】
次に、書籍が3冊になった状況を図3に示す。このような状況とは、例えば図2に示すように書籍50が5冊あった状態から書籍50が2冊購入された場合、あるいは載置されるべき書籍50が3冊しかない場合等が考えられる。このような状況下では、図2の状態、即ち商品情報表示部30の高さが最大限高い状態のままでは、商品情報表示部30と書籍50との距離が離れすぎてしまい、商品情報表示部30と書籍50とのバランスにより全体的な見栄えが悪くなる。そこで、載置可能部10に3本設けられている切込溝12のうち図1に示す一番上側の切込溝12で載置可能部10を折り曲げることにより、表示部保持部20を載置可能部10に対して立設させる。この結果、載置部11から商品情報表示部30までの距離、すなわち商品情報表示部30の高さを最大限低くすることができる。
【0025】
以上説明したように、本実施の形態の商品情報表示媒体収容具1では、載置可能部10に設けられている3本の切込溝12のうちいずれかの切込溝12で曲折し表示部保持部20を立設させることにより、載置可能部10に載置される書籍50の冊数に応じて商品情報表示部30の高さを調整することができる。このため、商品情報表示媒体収容具1の見栄えを損なうことなく、書店に展示することができる。
【0026】
さらに、載置可能部10に載置される書籍が変更された場合には、その書籍の変更に応じて袋構成部32に収容される書籍広告40を変更するだけでよい。従って、商品情報表示媒体収容具1自体を取り替えずに、購入者に変更した書籍の内容を把握させることができる。すなわち、安価な構成により書籍の変更に対応することができる。
【0027】
本考案による商品情報表示媒体収容具は、上述した実施の形態に限定されず、実用新案登録請求の範囲に記載した範囲で種々の変形や改良が可能である。例えば本実施の形態では、図1に示すように載置可能部10は1箇所の載置部11と2箇所の切込溝部間13が設けられることとしたが、切込溝部間13の個数は1箇所であってもよく、又は3箇所以上であってもよい。言い換えれば、載置可能部10に設けられる切込溝12の個数は3本に限定されない。このような構成とすることで、書籍50の冊数に応じて商品情報表示部30の高さをより柔軟に変化させることができる。
【0028】
また、本実施の形態では、収容部板部31の表示部保持部20側の部分には袋構成部32には対向していない部分が存在していたが、収容部板部31の全面に渡って袋構成部が対向する構成としてもよい。また、袋構成部32には対向していない部分は略台形状であったが、このような形状に限定されない。例えば書籍広告40を出し入れし易いように袋構成部32の書籍広告40が挿入される開口近傍の部分が半円形状に部分的に欠けた形状をなしていてもよい。
【0029】
また、本実施の形態では、収容部板部31の形状は五角形であるとしたが、その他の形状、例えば三角形、四角形のような五角形以外の多角形、又は円形であってもよい。
【0030】
また、書籍公告40は図1の上方へ向かって、収容部板部31と袋構成部32とにより構成される袋状の収容部に挿入されたが、袋状の収容部の開口の位置はこの位置に限定されない。例えば、図1のおける右側又は左側に袋状の収容部の開口が形成されるように構成して、右側から又は左側から書籍公告40を挿入するようにしてもよい。
【産業上の利用可能性】
【0031】
本考案の商品情報表示媒体収容は、書店等において平積みされている書籍の商品情報を表示するための書籍公告の分野において特に有用である。
【0032】
1 商品情報表示媒体収容具
10 載置可能部
11 載置部
12 切込溝
13 切込溝間部
20 表示部保持部
30 商品情報表示部
31 収容部板部
32 袋構成部
40 書籍広告
50 書籍

(57)【要約】

【課題】対象となる商品の量及び種類に応じて表示態様を変化させることが可能であり、且つ利便性の高い商品情報表示媒体収容具の提供。【解決手段】商品情報表示媒体収容具1は、載置可能部10と、表示部保持部20と、商品情報表示部30とを有している。商品情報表示部30は収容部板部31及び袋構成部32を有している。収容部板部31は商品情報表示部30の外形を規定している。袋構成部32は、収容部板部31の周縁部に沿ってその周縁部が貼り付けられており、収容部板部31と協働して袋状の収容部をなしている。書籍広告40は、収容部板部31と袋構成部32とから構成される当該袋状の収容部に収容される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):