(54)【考案の名称】財布型文房具

(73)【実用新案権者】クツワ株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は財布型文房具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、様々な形態の手帳が製造され販売されている。例えば、オーガナイザーと呼ばれる革製もしくは合皮製のケース内にリフィルと呼ばれる使用者が自由に記載することができるノートが収納された手帳が多く出回っている。
しかしながら、このような従来のオーガナイザーと呼ばれる手帳にあっては、概ね、革製又は合皮製のケースにリフィルが綴じられており、ケースの形状に制限があることから手帳としてのデザイン的な自由度に欠けていた。

【効果】

【0009】
請求項1記載の考案にあっては、上記ノートやポケット式ファイル等のノート状文房具は上記ケース内に収納されることから、本考案に係る財布型文房具を持ち歩く場合にも、一見してノートやポケット式ファイルを持ち歩いているようには見えず、財布型文房具という新たな商品を提案することができる。
【0010】
請求項2記載の考案にあっては、請求項1の効果に加えて、全体がま口状に形成された上記ケース本体部の内側面部には、上記ノート部の表紙及び裏表紙を挿入固定することができるポケット部が設けられていることから、上記ノート部は上記ポケット部に着脱可能に収納することができるため、ノート部を使い終わった場合には、その使い終わったノート部を取り出し、新たなノート部を上記ポケット部に挿入して使用することができる。
【0011】
その結果、全体ががま口状に形成されて良好な外観品質を有し、ノート状文房具を何度も取り替えて使用することができる財布型文房具を提供することができる。
【0012】
請求項3記載の考案にあっては、上記ノート状文房具を使用しない際には、上記係合部により上記一対のケースを閉じた状態に固定しておくことができることから外観上は文房具には見えず、より外観品質に富んだ財布型文房具を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】デザイン的な自由度があり外観品質に富むと共に持ち運びやすい財布型文房具を提供する。【解決手段】見開き開閉可能に形成されたケースと、ケース内に着脱可能に固定されると共に、ケースが閉じられた場合には内部に収納されるノート状文房具とを備えた。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):