(54)【考案の名称】手提げバック

(73)【実用新案権者】株式会社神堂

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、高級感を演出できる手提げバックに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、お菓子等の商品を入れることのできる箱として、特許文献1に開示されているようなものがある。
【0003】

【効果】

【0006】
可撓性収納部内に、上面側からお菓子やチョコレートなどを内部に入れ、この状態で、可撓性外周材の上端側を手で持ち、手提げバックとしてお菓子等を持ち運ぶことができ、お菓子やチョコレートなどの商品を販売する際の包装容器として手提げバックを用いることで、お菓子やチョコレートなどの商品の高級感を演出することができる。
また、可撓性外周材および可撓性収納部は可撓性であるため、折り畳み等して扁平状にして多数枚を積み重ねて小スペースで保管することができ、折り畳み等して低コストで輸送することができる。
【0007】
また、本考案の手提げバックにおいて、前記可撓性外周材を、細く割った竹を糸で編み連ねた板状の簾とすることもできる。
こうすれば、簾により高級感を演出することができ、内部に入れられる商品の品位を高めることができるものとなる。
【0008】
また、本考案の手提げバックにおいて、前記可撓性収納部を不織布で形成することもできる。
こうすれば、強度が大なる不織布で構成されるため破損することがなく、また衛生的なものとなる。
【0009】
また、本考案の手提げバックにおいて、前記簾には図柄が印刷されているものとすることもできる。
こうすれば、簾に印刷された図柄により、季節感や高級感をより良好に演出することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】使用状態の手提げバックの斜視構成図である。
【図2】商品を詰め込む前の状態の手提げバックの斜視構成図である。
【図3】手提げバックを構成する可撓性外周材を展開した状態の斜視構成図である。

【0011】
次に、本考案を実施するための形態を実施例を用いて説明する。
図1は、手提げバックの使用状態の斜視構成図であり、また図2は、手提げバックを広げて内部に商品を入れる前の斜視構成図である。また図3は、手提げバックを構成する可撓性外周材と可撓性収納部の貼り付け前の斜視構成図である。
【0012】
手提げバック1は、長方形板状の可撓性外周材2と、上面が開放された有底箱状の可撓性収納部3で構成されている。
可撓性外周材2は、細く割った多数本の竹を糸で編み連ねて長方形板状に形成したものであり、自由に曲げたり重ね合わせたりすることができる。
この可撓性外周材2に対して貼着固定される可撓性収納部3は、強度の大なる不織布で形成されており、底面3aから、前後の前長尺側面3bと後長尺側面3c、および、左右側の短尺側面3d,3eが立ち上げ形成されて、上面が開放された有底箱状をなすものであり、この可撓性収納部3は不織布で形成されているため、折り畳んで収納しておくことができるものである。
【0013】
この可撓性収納部3を箱状にして立てた状態で、可撓性収納部3の底面3aを、可撓性外周材2の前後方向中央の底面部2a上に貼着固定する。また、可撓性収納部3の前長尺側面3bおよび後長尺側面3cにも接着剤を塗布して、前長尺側面3bの外側面に可撓性外周材2の前側面部2bを貼着させ、可撓性外周材2の後側面部2cを可撓性収納部3の後長尺側面3cの外側面に貼着して、可撓性外周材2に可撓性収納部3を一体化する。
この状態で、全体を折り畳む等して多数枚を積み上げて収納しておくことができ、小スペースで大量の手提げバック1を保管しておくことができる。また、輸送する際にも、小スペースでコストを低減させて大量の手提げバック1を輸送できるものである。
【0014】
可撓性外周材2の前側面部2bおよび後側面部2cの先端には、前傾斜部2dおよび後傾斜部2eが連続して一体形成されており、前傾斜部2dおよび後傾斜部2eの先端側には、それぞれ2個の貫通孔4,4が貫通形成されている。
この貫通孔4,4内にはエンドレス状の手持ち紐5を挿入しておき、使用時には、図1のようにして、手持ち紐5を手で持って手提げバック1を持ち運びすることができる。
【0015】
手提げバック1の可撓性収納部3内には、例えば、お菓子やチョコレートなどの商品を詰め込むことができ、その他、観光地などで売られる弁当や置物等をこの可撓性収納部3内に入れて持ち運ぶことができ、図1の使用状態では、簾で形成された可撓性外周材2の表面が露出して高級感を呈し、内部に入れられるお菓子などの商品の品位を高めることができるものとなる。
【0016】
なお、可撓性外周材2の表面に図柄を印刷しておけば、さらに高級感を演出することができ、例えば季節性のあるお菓子を収納する場合には、紅葉の図柄とか、朝顔の図柄とか等を印刷しておくことができ、また、観光地などの土産を入れる手提げバック1として使用する場合には、その観光地の風景の図柄等を印刷しておくことができる。
その他、弁当や贈答品を収納する際には、芝居小屋や野球場などの弁当等を販売する施設特有の図柄を可撓性外周材2の表面に印刷しておくことができる。
【0017】
さらに可撓性外周材2の色彩と可撓性収納部3および手持ち紐5の色彩を異なるものにして、色彩のコントラストを強調させるように構成することで、より手提げバック1の意匠性を高めることができ、色彩の異なる多種類の可撓性外周材2および可撓性収納部3を組み合わせて、色の配色などの異なる手提げバック1を形成して、より個性的な高級感を演出することができるものとなる。
【0018】
1 手提げバック
2 可撓性外周材(簾)
2a 底面部
2b 前側面部
2c 後側面部
2d 前傾斜部
2e 後傾斜部
3 可撓性収納部
3a 底面
3b 前長尺側面
3c 後長尺側面
3d,3e 短尺側面
4 貫通孔
5 手持ち紐

(57)【要約】

【課題】内部に収納するお菓子等の商品の品位を高め、高級感を演出できる手提げバックを提供する。【解決手段】底面部2aと前後の側面部2b,2cと前後の傾斜部2d,2eが前後方向に連続した前後方向に長い長方形板状の簾2と、上面が開放された有底箱状の不織布製の可撓性収納部3で構成され、可撓性収納部3の底面が簾2の底面部2a上に貼着され、可撓性収納部3の前後の側面3b,3cが簾2の前後の側面部2b,2cの内側に貼着されて、簾2と可撓性収納部3が一体化されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):