(54)【考案の名称】凹部を有する印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社ウイルコ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、凹部を有する印刷物、特に少なくとも一辺上に凹部を有するはがきに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、広告・ダイレクトメール・チラシ、特にはがきなどの印刷物においては、同じ形状の印刷物から特定の印刷物を選別する必要がある場合がある。例えば、ダイレクトメールに同封された返信用はがきが広告主に送付され、様々なはがきの中から当該ダイレクトメールに係る返信用はがきを選別する場合がある。そして、コスト圧力が厳しい現在、この作業に時間や費用をかけることは出来るだけ避ける必要がある。
【0003】
また、はがきなど、同種のデザインの印刷物を大量に製造する場合は、ロール状又はシート状として印刷し、所定の間隔で切り離して製造する場合が多い。一方、切手などのロール状印刷物において、検査光の投光と、通過した光をセンサーによって感知することで、部数などを管理する技術が開示されているが(例えば、特許文献1参照)、印刷機械によっては各部の切れ目を適切に認識できず、印刷ずれなどを起こすおそれがある。さらに、郵便はがきなどに孔を設けてしまうと、規格外(定形外)となってしまい、郵送できないか郵送費用が上がってしまうという問題点があった。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案の以上の構成により、同種の大きさの印刷物から特定の印刷物を選別することが安価かつ容易で、かつ、当該印刷物を製造する際、印刷ずれを起こさない印刷物を提供すること、及び上記の機能を有しつつ、定形を維持するはがきを提供することが可能となった。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案の印刷物(はがき)を示す図である。
【図2】本考案の印刷物(はがき)の連結体を示す図である。

【0012】
本考案の実施の形態の一例を図面にしたがって説明する。
【0013】
図1は、本考案の印刷物(はがき)を示す図である。
はがき1は、通常はがき(短辺90〜107mm×長辺140〜154mm)の規格を満たすはがきであって、その上辺2の中央部及び下辺3の中央部に、凹部4が設けられている。凹部4は縦横2mm以下の四角形状(長方形又は正方形)をしている。
これにより、凹部4のない同種形状のはがきから、手で触ったり、センサーに通すことで容易に本考案のはがきを選出することができる。また、凹部の大きさが縦横2mm以下にすぎず、通常はがきとしての性質を損なうことがない。また、意匠的にも美観にすぐれた外観を得ることができる。
【0014】
図2は、図1に記載のはがきの連結体である。
用紙5は、一定間隔で孔6が設けられている。そして、この孔6に検査光を当てて、通過光を検知することで、印刷開始・終了箇所を容易に検出でき、印刷ずれをなくすことができる。また、図1に記載の凹部4を有するはがき1となるよう、孔6を通る直線7で切取・裁断等することにより、図1に記載の凹部4を有するはがき1を大量に生産できる。
【0015】
なお、凹部4の数を増やしたり、三角形など他の形状にしたり、上下辺でなく左右辺に設けたりするなどの設計変更は当然に可能である。さらに、往復はがきなど他の規格のはがきに適用したり、印刷物の形状をはがき以外の形状にしたりするなど、本考案の効果を失わない限り、様々な設計変更が可能である。
【0016】
1 はがき
2 上辺
3 下辺
4 凹部
5 用紙
6 孔
7 直線

(57)【要約】

【課題】同種の大きさの印刷物から特定の印刷物を選別することが安価かつ容易で、かつ、当該印刷物を製造する際、印刷ずれを起こさない印刷物を提供すること。【解決手段】印刷物に、少なくとも一辺に、感知用の少なくとも一つの凹部が設けられていることからなる。また、印刷物が、はがきであること、凹部が、2mm四方以内の大きさであること、凹部が四角形又は半円形であることであること、凹部が、上辺及び下辺に少なくとも一つずつ、又は、右辺及び左辺に少なくとも一つずつ、端部から同じ距離の位置に設けられていることからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):