(54)【考案の名称】太陽電池パネルの組立フレーム

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】有成精密股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は太陽電池パネルの組立フレームに係り、特に、簡単構造、簡単組立の組立フレームに関する。

【従来の技術】

【0002】
伝統的な太陽電池パネルの組立フレームは、長い形状の四つのフレーム構造に隣接する固定基本体上に設け、前記固定基本体の外側エッジは何れも方形エッジ構造としているため、作業員が組立や取外しの時に引っ掻いたり突き刺しての怪我が発生し易い。また、公知のフレーム構造と固定基本台の結合には、概ね45度角度の端面接合方法を採用しているが、この結合法は、部品生産の製造工程で若干の誤差が生じると、構造接合時に安定的な結合がなされないか接合部分に緩みや滑り等の問題を引き起こし易い。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
公知の太陽電池パネルの組立フレームの怪我し易い構造、及び不安定な接合を解決すべく、本考案の太陽電池パネルの組立フレームを提供する。

【効果】

【0006】
本考案の太陽電池パネルの組立フレームは、側面フレーム、固定体、及び結合部の結合により、簡単な構造と簡単な組立を実現することを特徴とする。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の立体図である。
【図2】本考案の上面図である。
【図3】側面フレームの立体図である。
【図4】固定体の立体図1である。
【図5】固定体の構造図である。
【図6】固定体の立体図2である。
【図7】結合部の立体図1である。
【図8】結合部の立体図2である。
【図9】固定体と結合部の組立前図である。
【図10】固定体と結合部の組立後図である。
【図11】本考案の部分構造分解図である。
【図12】本考案の実施例図である。

【0008】
次に、本考案の技術特徴を更に御理解いただくために、図面を参照とする具体的な実施例により本考案を詳細する。
【0009】
図1〜12に示す通り、本考案の太陽電池パネルの組立フレーム1は、複数の側面フレーム2、複数の固定体3、及び複数の結合部4により構成される。前記結合部4は、前記固定体3の内側に取り付け、前記側面フレーム2はそれぞれ結合部4の両側に備え、結合部4はL字型の結合部を使用する。
【0010】
前記固定体3の内側には短柱34を備え、結合部4の内側には穿孔41を設置し、固定体3の短柱34は結合部4の穿孔41に挿入固定し、固定体3上部面の内側エッジにはコーナーカット部32を設置し、固定体3外側のエッジには更に面取り構造31を備える。固定体3の上面内側エッジに設置したコーナーカット部32によって、組立フレーム1の太陽電池パネル6上の雨水や積雪が溶けて形成された雪水を組立フレーム1の外側に引導する。固定体3外側エッジに設置した面取り構造31によって、組立や取外しの時に使用者が公知の固定体3外側の方形エッジ構造で怪我し易い問題を解決する。
【0011】
前記側面フレーム2の底面の一方側には底板23を延伸する。側面フレーム2底面の底板23は互いに接触して圧し合い、しかも底板23が近寄るエッジに切口5を形成する。前記側面フレーム2底面の底板23は、外側エッジに段状を成す底板であり、組立フレーム1の内部において底板23が互いを圧して形成する切口5によって、組立フレーム1内部と外部空気が効果的に対流を起こさせ、更に、太陽電池パネル6作動時に基板に生じる高温を迅速に分散させるため、太陽電池パネル6作動時の操作温度を大幅に低下させ、それと同時に、雨天時の内部積水や積雪により溶ける雪水を排除する。
【0012】
前記結合部4の両側は何れも歯型突出構造42を有し、側面フレーム2の内部は装着空間22を有し、前記装着空間22は側面フレーム2の両端を貫通する。結合部4の一方側の歯型突出構造42は側面フレーム2の装着空間22に挿入し、結合部4のもう一方側の歯型突出構造42は他の側面フレーム2の装着空間22に挿入する。
【0013】
前記固定体3には更に内設構造33を設けるが、前記内設構造33は固定体3内側の上部に位置させ、前記側面フレーム2には更にコの字形の積載構造21を設け、前記コの字形の積載構造21は側面フレーム2の上部に位置させる。固定体3の内設構造33の一側面端が側面フレーム2のコの字形の積載構造21の一側面端に密着するのと伴に、固定体3の内設構造33の他の一側面端が他の側面フレーム2のコの字形の積載構造21の一側面端に密着する。固定体3の内設構造33の側面端と側面フレーム2のコの字形の積載構造21の側面端は、垂直方式で互いに接合するため、固定体3、結合部4、側面フレーム2の接合構造は更に安定する。並びに、コの字形の積載構造21に対応する構造強度上には更に良好な積載能力が生じるため、組立フレーム1は更に厚くて重量のある太陽電池パネルをのせて光エネルギーを電力に変換することを可能にする。
【0014】
前述実施例は、説明の便宜のために設定したものである故、実用新案登録請求の範囲に基づく各種設計に変更を加えたものは何れも本考案の請求範囲に含まれるものとする。ここに、審査委員の方々には早期に本考案を批准して戴けるよう、お願い申し上げる。
【0015】
1 組立フレーム
2 側面フレーム
21 積載構造
22 装着空間
23 底板
3 固定体
31 面取り構造
32 コーナーカット部
33 内設構造
34 短柱
4 結合部
41 穿孔
42 歯型突出構造
5 切口
6 太陽電池パネル

(57)【要約】

【課題】簡単な構造であって、太陽電池パネルの組立フレーム内部への安定積載を可能にする太陽電池パネルの組立フレームを提供する。【解決手段】太陽電池パネルの組立フレームは、複数の側面フレーム、複数の固定体、及び複数の結合部により構成される。結合部は、固定体の内側に取り付け、側面フレームはそれぞれ結合部の両側に備え、結合部はL字型の結合部を使用する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):