(54)【考案の名称】発光傘

(73)【実用新案権者】株式会社アディオ.

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、傘生地を光らせることにより、安全確保や広告宣伝等の効果を発揮することができる発光傘に関する。

【従来の技術】

【0002】
特許文献1には、ダイオードや電球等の発光体を取り付けて、視認性や夜間におけるイルミネーション効果を発揮するようにしたイルミネーション広告宣伝傘が開示されている。また、特許文献2には、笠衣のデザインの変化により携帯用広告灯として使用可能なあんどん型笠が開示されている。
【0003】

【効果】

【0016】
本考案に係る発光傘によれば、ろくろ部に設けられた絵柄投影手段を用いて、任意に絵柄を表示させ、または表示させないようにすることが可能となるので、広告宣伝の用途ばかりでなく、通常の雨傘または日傘を含めた多様な用途に利用可能な発光傘が提供される。
【図面の簡単な説明】
【0017】
【図1】本考案の一実施態様に係る発光傘を示し、(A)は傘生地の内側から見た斜視図、(B)は傘生地の外側から見た正面図、(C)は下ろくろ部近傍を拡大した部分拡大斜視図である。
【図2】本考案に係る発光傘に設けられる絵柄投影手段の一例を示し、(A)は斜視図、(B)は絵柄投影の原理を示す説明図である。
【図3】図2の絵柄投影手段の歪み補正機構を説明する概念図であり、(A)は歪み補正前の状態、(B)は歪み補正後の状態を示す。
【図4】本考案に係る発光傘に設けられる絵柄投影手段の他の例を示す斜視図である。
【図5】本考案に係る発光傘に設けられる絵柄投影手段のさらに他の例を示す斜視図である。

【0018】
以下に、本考案の望ましい実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。
図1は、本考案の一実施態様に係る一実施態様に係る発光傘1の概略構成を示し、(A)は傘生地2の内側から見た全体斜視図、(B)は傘生地2の外側から見た部分正面図、(C)は下ろくろ部近傍を拡大した部分拡大斜視図である。発光傘1は、ハンドル3と、石突4と、ハンドル3および石突4を結ぶ中棒5と、中棒5に沿って上ろくろ部6からハンドル3近傍までスライド移動可能に設けられた下ろくろ部7と、傘生地2を展張するように上ろくろ部6から放射状に延びる複数の親骨8と、親骨8の先端に設けられた露先9と、下ろくろ部7と親骨8の中程とを連結しつつ放射状に延びる複数の受骨10とから構成されている。下ろくろ部7に設けられた絵柄投影手段11は、傘生地2に向けて光12を発し、傘生地2上に絵柄13を投影する。傘生地2がポリ塩化ビニル(PVC)や熱可塑性ポリウレタン(TPU)等の半透明素材から作られることにより、投影された絵柄13を傘生地2の外側から容易に視認することができる。
【0019】
図2は、本考案に係る発光傘に設けられる絵柄投影手段の一例を示し、(A)は斜視図である。絵柄投影手段20は、中棒5に沿ってスライド移動可能な下ろくろ部27に埋設されており、レンズ23から絵柄投影手段20の外部に向けて絵柄が投影される。
【0020】
図2(B)には絵柄投影手段20による絵柄投影の原理が示されている。フィルム22には、投影される絵柄13のもとになる原絵柄13aが印刷されており、光源としてのLED21に電池(図示略)から電力が供給され、LED21から照射された光12がフィルム22を通過することにより光12に原絵柄13aの画像情報が付加され、さらにレンズ23によって光が発散されることにより、原絵柄13aが拡大された絵柄13が傘生地2に向けて投影される。また、LED21を点滅させることによって、絵柄13の存在を目立たせることができるとともに、LED21の消費電力を節約し、電池の寿命を長期化させることができる。
【0021】
図3は、図2の絵柄投影手段20の歪み補正機構を説明する概念図であり、(A)は歪み補正前の状態、(B)は歪み補正後の状態を示している。図3(A)の歪み補正前の状態においては、レンズ23から発散される光12は、絵柄13を平面スクリーン25上に正射影として歪みなく投影することができるが、曲面をなす傘生地2上に絵柄を投影すると、歪んだ図柄13bとして投影されてしまう。そこで、フィルム22やレンズ23の設置角度を調節して歪みを補正することにより、図3(B)に示すように、絵柄13を傘生地2上に歪みなく投影することができるようになる。
【0022】
図4は、本考案に係る発光傘に設けられる絵柄投影手段の他の例を示す斜視図である。絵柄投影手段30は、中棒5の周りに回転して光12の照射方向(レンズ33の配置方向)を変えることができるように、下ろくろ部27に回転スライド可能に埋設されている。図4において破線で示される円は、実線の円で示されるレンズ33が回転して当該破線の位置に移動することができることを示しており、光12はレンズ33が回転して移動した位置から照射されるので、絵柄13は中棒5の周りを回転するように投影され表示される。このように、絵柄投影手段30が絵柄回転表示機構を備えることにより、絵柄13が走馬灯のように目立って見えるようになり、広告宣伝等の効果の向上が図られる。
【0023】
図5は、本考案に係る発光傘に設けられる絵柄投影手段のさらに他の例を示す斜視図である。絵柄投影手段40においては、中棒5の全周にわたってレンズ43が設置され、各レンズ43の内側にはそれぞれLED(図示略)が設けられている。このように、絵柄投影手段40が中棒5の全周にわたって絵柄を投影可能に構成されることにより、絵柄13がより明るく投影表示されるとともに、あらゆる方向からの視認性を確保することができる。
【産業上の利用可能性】
【0024】
本考案に係る発光傘は、雨傘、日傘および広告宣伝用の傘として適用可能である。
【0025】
1 発光傘
2 傘生地
3 ハンドル
4 石突
5 中棒
6 上ろくろ部
7、27 下ろくろ部
8 親骨
9 露先
10 受骨
11、20、30、40 絵柄投影手段
12 光
13、13b 絵柄
13a 原絵柄
21 LED
22 フィルム
23、33、43 レンズ
25 平面スクリーン


(57)【要約】

【課題】傘生地を光らせることにより、安全確保や広告宣伝等の効果を発揮することができる発光傘を提供する。【解決手段】発光傘1は、ハンドル3と、石突4と、ハンドル3および石突4を結ぶ中棒5と、中棒5に沿って上ろくろ部6からハンドル3近傍までスライド移動可能に設けられた下ろくろ部7と、傘生地2を展張するように上ろくろ部6から放射状に延びる複数の親骨8と、親骨8の先端に設けられた露先9と、下ろくろ部7と親骨8の中程とを連結しつつ放射状に延びる複数の受骨10とから構成されている。下ろくろ部7に設けられた絵柄投影手段11は、傘生地2に向けて光12を発し、傘生地2上に絵柄13を投影する。傘生地2がポリ塩化ビニル(PVC)や熱可塑性ポリウレタン(TPU)等の半透明素材から作られることにより、投影された絵柄13を傘生地2の外側から容易に視認することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):