(54)【考案の名称】足裏マッサージ器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種の足裏のツボを刺激するマッサージ器であって、特に、軽量化設計であり並びに充電式電力供給ユニットと組合せることができる足裏マッサージ器に関する。

【従来の技術】

【0002】
商工業の不断の勃興発展により、現代人は長時間にわたり忙しく働くようになり、運動する時間や場所がなくなって、身体に疲れや痛みの症状が出現したり、精神的ストレスを発生したりするようになった。ゆえに、現在、最もよくみられるストレスと疲労解消の方法は、マッサージ器材によるマッサージである。
【0003】
人体の足裏には多くの末梢神経と動脈の毛細血管が集中し、これにより、足裏に大量に分布するツボを刺激することにより、末梢神経を刺激し、並びに血液循環を促進し、これにより身体の疲労を解消し全身器官を活性化できることは、古くから知られている。ゆえに、足裏を指圧したり裸足で健康歩道を踏んだりする方法は、相当に一般的である。
【0004】
別の方式は、マッサージ器で按摩することであり、伝統的な足部マッサージ器は略以下のように区分され、すなわち、足裏マッサージ器とふくらはぎマッサージ器である。図1を参照されたい。伝統的な足裏マッサージ器には、駆動ユニット10と複数の按摩ヘッド11が設けられている。
【0005】
該駆動ユニット10は、回転可能な駆動ロッドと、二つの、それぞれ駆動ロッドの両端に接続された主回転輪12と複数の、主回転輪12と協働する補助回転輪13を包含する。そのうち、主回転輪12とこれら補助回転輪13の分布は、使用者の両足裏に対応して配列され、複数の按摩ヘッド11はそれぞれ主回転輪12と補助回転輪13に接続されている。伝統的な足裏マッサージ器はそれぞれ両側の回転輪セットを駆動して足裏とその両側を回転押し圧、及び揉むことで按摩効果を達成する。
【0006】
しかし、このような足裏マッサージ器の欠点は、主回転輪12と補助回転輪13の部品が多すぎ、全体体積が膨大となりやすく、使用者が携帯するのに不便で、且つ部品が非常に多いので製造コストがアップする。このほか、伝統的なマッサージ器に必要な消費電力は比較的大きく、充電式電池ユニットと組み合わせて使用することができず、電源コードを応用して使用するしかできないため、往々にして実用上の制限を生じた。
【0007】
足部の按摩機能の実施に便利で、現代の忙しい人が気軽に使用及び携帯できるようにするため、足部マッサージ器は足裏を刺激でき、部品構成が簡単で、携帯が容易である等の作用効果を有する必要があり、このため、伝統的な足部マッサージ器には改善の必要があった。
【考案が解決しようとする課題】
【0008】
ゆえに、本考案の主要な目的は、足裏のツボを刺激できる足裏マッサージ器を提供することにあり、それは全体の部品構成が簡単で耐用性があり、軽量化の設計によりマッサージ器の体積を大幅に縮減でき、使用者がマッサージ器を携帯するのに便利で、大幅にマッサージ器の実用性と携帯性をアップしたものとする。
【0009】
本考案の別の目的は、マッサージ器本体を充電式の電力供給ユニットを組合せて使用できるようにし、マッサージ器の応用範囲と便利性を増すことにある。

【効果】

【0018】
本考案の足裏マッサージ器は、按摩嵌合部材の按摩部材が平行に配列され、並びに伝動部材により全ての按摩部材が同時に駆動され、こうしてマッサージ器の部品構成が簡単とされて且つ耐用性を有し、並びに全体の体積が大幅に縮減され、マッサージ器の実用性と携帯性が大幅にアップされる。このほか、全体構造の軽量化により内部部品の消費電力が減少し、マッサージ器に充電式の電力供給ユニットを組み合わせて使用できるようになり、これによりマッサージ器の応用範囲と便利性がアップする。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】周知の足裏マッサージ器の分解図である。
【図2】本考案の好ましい実施例の立体図である。
【図3】本考案のケース体を分離した表示図である。
【図4】図2の足裏マッサージ器の分解図である。
【図5】本考案の足裏マッサージ器の実際の応用の表示図である。
【図6】本考案の別の実施例の立体図である。

【0020】
本考案の構造、使用及びその特徴について、さらに一層のご理解をいただくため、以下に好ましい実施例を提示し、図面と組み合わせて説明する。
【0021】
まず図2及び図3を参照されたい。本考案の足裏マッサージ器は、全体部品を被覆するケース体20、使用者に按摩機能を提供する按摩嵌合部材30、動力伝送を行う伝動部材40、及び動力源を提供する駆動装置50で構成されている。
【0022】
上述のケース体20の上面には開口21が設けられ、ケース体20内部に該開口21に連通する収容空間22が設けられ、該ケース体20の開口21の一側に、二つの、使用者の両足を置くのに便利な支持部23が設けられている。本実施例では、該支持部23は下向きに湾曲する凹溝とされている。
【0023】
図示される好ましい実施例では、該ケース体20は上ケース24と該上ケース24に対応する下ケース25が組み合わされてなる。該上ケース24の上面中央に開口21が設けられ、並びに下ケース25と共同で、収容空間22を形成する。
【0024】
上述の按摩嵌合部材30は、ケース体20の収容空間22内部に設置され、上述の開口21部分において平行に配列された按摩部材31で構成され、並びに、複数の按摩部材31の両側に、上述のケース体20と嵌合する位置決めブロック32が設けられ、各按摩部材31の同一側の位置決めブロック32の端部は局部長さ突出し、並びに局部長さの延伸端に接続部材311が設けられ、各按摩部材31に、複数の、特定間隔で配列された按摩ヘッド312が設けられている。
【0025】
図示される好ましい実施例において、上述の各按摩ヘッド312の左右両側は短凸塊313とされ、按摩ヘッド312の上下両端に長凸塊314が設けられている。これは説明しやすいように提示した例であり、これに制限されるわけではなく、各按摩ヘッド312には各種の異なる高さの凸塊を設け得る。
【0026】
このほか、この実施例では、二つの隣り合う按摩ヘッド312は長凸塊314が短凸塊313の位置に対応する垂直配列状態とされるが、これも説明に便利とするために提示したものであり、二つの隣り合う按摩ヘッド312は設計の必要に応じて、按摩ヘッド312が特定の傾きをもった配列状態とされてもよい。
【0027】
図4に示されるように、上述の伝動部材40はケース体20の収容空間22内部に設けられ、並びに上述の按摩嵌合部材30中の各按摩部材31の同一側端に接続され、該伝動部材40は接続部材311の対応位置に、対応接続部材41が設けられ、並びに両側に上述のケース体20と嵌合する固定ブロック42が設けられ、伝動部材40は一側の固定ブロック42が局部長さ突出し、並びに局部長さの延伸端に上述の駆動装置50に連接される連接部材401が設けられている。
【0028】
上述の駆動装置50はケース体20の収容空間22内部に設けられ、上述の伝動部材40と接続される駆動モータ51及び上述の駆動モータ51と電気的に接続される電力供給ユニット(図示せず)を具えている。そのうち、上述の駆動モータ51は、接続端に、連接部材401と組み合わされる対応連接部材510が設けられ、上述の電力供給ユニットは充電式電池、使い捨て式電池、或いは電源線のいずれかとされ得て、これによりマッサージ器の応用範囲と便利性が増す。
【0029】
本考案の接続部材311、対応接続部材41、連接部材401、対応連接部材510は回転軸方向を変えるかさば歯車構造とされ、この実施例は説明しやすいように用いられており、接続部材311、対応接続部材41、連接部材401、対応連接部材510の構造態様を限定するものではない。
【0030】
本考案はまた、上述のケース体20の表面に、上述の駆動装置50に電気的に接続される制御ユニット26が設置され得て、この制御ユニット26により使用者は按摩嵌合部材30の回転速度を調整して、それぞれの使用者の必要とする異なる按摩強度に合致させることができる。
【0031】
図5を参照されたい。本考案はさらに、上述のケース体20の上面の開口21中に、ソフトパッド60を設置可能で、これにより按摩嵌合部材30の複数の按摩部材31を被覆することができ、按摩部材31はソフトパッド60に被覆された状態でも按摩機能を実行でき、これにより、按摩機能を妨害することなく、足裏マッサージ器の全体の外観を増すことができる。
【0032】
図6を参照されたい。本考案の別の実施例では、同様に、全体構造を被覆するケース体20、使用者に按摩機能を提供する按摩嵌合部材30、動力伝送を行う伝動部材40、及び動力源を提供する駆動装置50で構成されており、上述の実施例と構造形態は非常に似ており、二つの実施例の同じ構造については、重複した説明は行わない。
【0033】
この第2実施例の、第1実施例との違うところは、按摩部材31に複数の、特定間隔で配列された按摩ヘッド312が設けられ、これらの按摩ヘッド312は按摩部材31の外側の4周面において、同じ大きさで且つ平行に配列された外凸塊315とされ、且つケース体20の上面上方に、駆動装置50と電気的に接続された制御ユニット26が設けられ、使用者は制御ユニット26によりマッサージ器をオンオフでき、並びに按摩嵌合部材30の回転速度を調整できる。このほか、この実施例の支持部23は、上向きに曲面が突出し、並びに使用者が両足を置くのに便利な突出ブロックとされている。
【0034】
本考案の足裏マッサージ器は使用時に、踵をケース20の支持部23に置き、並びに足裏を按摩嵌合部材30の上に置き、並びに制御ユニット26により按摩部材31の回転を駆動し並びにその回転速度を制御し、異なる高さの按摩ヘッド312に足裏の異なるツボ位置を刺激させ、これにより末梢神経を按摩する効果を達成し、使用者の疲労とストレスを効果的に解消する。
【0035】
以上の実施例は本考案を説明するために提示されたものであり、本考案の範囲を限定するものではなく、本考案の精神範疇より離脱せずに、本考案に基づき当業者が行い得る細部の修飾或いは変更は、いずれも本考案の請求範囲に属する。
【0036】
10 駆動ユニット 312 按摩ヘッド
11 按摩ヘッド 313 短凸塊
12 主回転輪 314 長凸塊
13 補助回転輪 315 外凸塊
20 ケース体 32 位置決めブロック
21 開口 40 伝動部材
22 収容空間 401 連接部材
23 支持部 41 対応接続部材
24 上ケース 42 固定ブロック
25 下ケース 50 駆動装置
26 制御ユニット 51 駆動モータ
30 按摩嵌合部材 510 対応連接部材
31 按摩部材 60 ソフトパッド
311 接続部材

(57)【要約】

【課題】全体の部品構成が簡単で、且つ耐用性があり、軽量化の設計であり、実用性、携帯性及び応用上の便利性が増す足裏マッサージ器を提供する。【解決手段】足裏マッサージ器は、上面に開口を有するケース体を具え、ケース体内部に該開口に連通する収容空間が設けられ、該収容空間内部に、複数の按摩部材で構成された按摩嵌合部材が設けられ、各按摩部材は同側が按摩嵌合部材を駆動する伝動部材に接続され、該伝動部材は一側端に動力を提供する駆動装置が接続され、そのうち、按摩部材は該開口部分において平行に配列され、且つ各按摩部材に複数の、離間配列された按摩ヘッドが設けられ、駆動装置は同時に各按摩部材を駆動する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):