(54)【考案の名称】パーソナルコンピュータ印刷補助具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
パーソナルコンピュータ(以下パソコンと略称する)とインクジェット式印刷機(以下印刷機と略称する)の組み合わせに依る印刷において片面に粘着加工の印刷物、例えばラベル等に印刷をする

【従来の技術】

【0002】
現在用いられているラベル紙等の印刷は剥離紙の台紙に規定の寸法、規定の形状のラベル等を貼り付けて印刷をする。
【0003】

【効果】

【0009】
シートに印刷物の印刷する部分とほぼ同等の大きさの枠線を印刷するだけで、手数のかかる罫線による位置の読取が必要なくなり、素早く印刷物の位置特定ができる。シートに凹凸を設けてあるので印刷物の粘着面とシートの接する面積が小さくなり印刷物の脱着が容易になる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】図1はシートに凹凸を設けたパソコン印刷補助具の全体斜視図
【図2】図2は図1のシートに概略な平面図を印刷したパソコン印刷補助 具の斜視図
【図3】図3は図2に印刷物を取付けたパソコン印刷補助具の斜視図

【0011】
合成樹脂等のシートにインク吸着剤を施たシートに凹凸を設け印刷機で印刷可能な寸法にする。凹凸の大きさや施工する面積や位置は自由であり貼着する印刷物によって決定する。このシートはラベルの他、粘着剤を施した他の印刷物にも使用できる。
【0012】
1は シート
2は 凹凸
3は 印刷された概略な平面図
4は 取付けられた印刷物

(57)【要約】

【課題】自由な大きさ自由な形状のラベル等にパソコンで印刷をする印刷の位置と、パソコンの画面上の入力の位置合わせを容易にする印刷補助具を提供する。【解決手段】印刷物を取付けるシートを合成樹脂としインク吸着剤を施して印刷可能として凹凸の加工を施し印刷物の位置を印刷する。その印刷された部分に印刷物を貼着し、必要に応じて印刷すれば予め印刷物の位置を計算して割り出す必要は無くなり、容易に印刷ができる。また前記シートに凹凸を設けそこに印刷物を取付ければ印刷物の粘着剤とシートの接する面積が小さくなるので脱着が容易になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):