(54)【考案の名称】傘用アクセサリー

(73)【実用新案権者】小西釦工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、傘に取り付けられるようにしたアクセサリーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の傘用のアクセサリーとしては、特許文献1に記載のものがある。このアクセサリーは、識別主体と装飾体とからなり、上記識別主体は、スプリング機能を有する線材によりコイルを形成し、該コイルの線材を利用して当該コイルの一端に環上部を形成し、他端に上記コイルよりも突出しないフック部を形成したものであり、上記装飾体は、キャラクターとストラップを結合したものであり、上記コイルの環状部に上記ストラップを結合し、上記フック部を傘の骨部に装着する、というものである。
【0003】
このアクセサリーは、コイルの弾性力でフック部をコイル側に引き付けることにより、フック部を傘の骨に装着した状態を維持できるようにしているが、コイルが比較的大きく目立ってしまい、また、コイルの弾性力では装飾体を十分に保持できないおそれがあるため、傘の骨の先端部の目立つ箇所に取り付けるのには適さないものであった。
【0004】

【効果】

【0010】
この考案の傘用アクセサリーは、上述のような構成を有しており、取付具2の第1リング3と第2リング4により、傘の骨の先端部6に確実に取り付けることができるようになっている。
【0011】
また、取付具2が、一端に第3リング7を介して第1リング3を設け、他端にナス環8を設けた紐状部9を有するものとし、傘の骨から取り外したときに、第3リング7をナス環8に取り付けて紐状部9を環状にし、鞄の持ち手に取り付けられるようにしたものとしたり、ナス環8に、携帯電話用のストラップ11を取り付けたものとすることにより、鞄や携帯電話にも取り付けられるようにしたりすることが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】この考案の実施形態の傘用アクセサリーの斜視図である。
【図2】この考案の実施形態の傘用アクセサリーの取付方法を示す説明図である。
【図3】この考案の実施形態の傘用アクセサリーの取付状態を示す正面図である。

【0013】
以下、この考案の好適な実施形態を、図面を参照して説明する。
【0014】
この傘用アクセサリーは、本体1と取付具2からなり、取付具2は、弾力性を有する第1リング3と、第1リング3を内側に通す第2リング4を有しており、第1リング3と第2リング4の間に生じた通し孔5に傘の骨の先端部6を通し、第2リング4を移動させて前記通し孔5を狭め、第1リング3で傘の骨の先端部6を締め付けた状態を保持するようにしたものである。
【0015】
本体1は、プラスチック、金属、木材等の適宜の素材からなり、形状や大きさも適宜のものとすることができる。
【0016】
取付具2は、一端に第3リング7を介して第1リング3を設け、他端にナス環8を設けた紐状部9を有するものとしている。紐状部9は、金属製のチェーンや各種繊維からなる紐とすることができる。ナス環8は、本体1を貫通するリング10に連結されている。
【0017】
第1リング3は、シリコーンゴム製等の弾力性を有する変形可能なものとしている。
【0018】
第2リング4は、金属等の硬質な材料からなるもので、その内側に通した第1リング3を締め付けるようにしており、一定以上の力を加えると第1リング3に対して移動可能となっている。第2リング4は、図示したような筒状で起伏のある形状とすることにより、第1リング3に対して滑りにくく、かつ指でつまみやすいようにすることが望ましい。
【0019】
次にこの傘用アクセサリーの取付方法を説明する。
【0020】
まず、図2(a)に示したように、傘の外側に突出するいずれかの骨の先端部6を選び、図2(b)に示したように、第1リング3と第2リング4の間に生じた通し孔5に傘の骨の先端部6を通す。そして、図2(c)に示したように、第2リング4を指で先端側(上方)に移動させて前記通し孔5を狭め、第1リング3で傘の骨の先端部6を締め付ける。第2リング4は、指を離してもそのままの位置で移動せず、第1リング3で傘の骨の先端部6を締め付けた状態が保持される。
【0021】
図3に示したように、この傘用アクセサリーは、1本の傘に複数取り付けることができる。また、1つの本体1に2つの取付具2を設け、各取付具2を隣り合う傘の骨の先端部6にそれぞれ取り付けて、両側の骨の先端部6間に本体1が吊り下がるようにしてもよい。
【0022】
また、この傘用アクセサリーは、傘の骨から取り外したときに、第3リング7をナス環8に取り付けて紐状部9を環状にし、鞄の持ち手に取り付けることもできる(図示せず)。
【0023】
さらに、ナス環8には、携帯電話用のストラップ11が取り付けられており、傘の骨から取り外して、携帯電話に取り付けるようにすることもできる(図示せず)。ストラップ11は、一般的に普及しているものと同じ構成のものを利用することができる。
【0024】
以上がこの考案の好適な実施形態であるが、この考案は上述の実施形態の構成に限定されるものではなく、形状、寸法、材質等を適宜変更して実施することができる。
【0025】
1 本体
2 取付具
3 第1リング
4 第2リング
5 通し孔
6 傘の骨の先端部
7 第3リング
8 ナス環
9 紐状部
11 携帯電話用のストラップ

(57)【要約】

【課題】傘の骨の先端部に取り付けるのに適したアクセサリーを提供する。【解決手段】本体1と取付具2からなり、取付具2は、弾力性を有する第1リング3と、第1リング3を内側に通す第2リング4を有しており、第1リング3と第2リング4の間に生じた通し孔5に傘の骨の先端部を通し、第2リング4を移動させて前記通し孔5を狭め、第1リング3で傘の骨の先端部を締め付けた状態を保持し、傘の骨の先端部に確実に取り付けることができるようにしている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):