(54)【考案の名称】絵はがき

(73)【実用新案権者】株式会社ノムラデベロップメント

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、デスク上の装飾品として使用することのできる絵はがきに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
所謂絵はがきは、その片面に表示した絵画、書、或いは写真などを楽しむものであるが、平面的なものであるため、当該絵等をデスク上の装飾品として用いるに適さない(自立できないから)。
【0003】
このため、当該絵はがきに自立できる装置を施して写真立てなど別体の手段を用意する必要のない形態のものが案出されており、その一つとして、はがき表面に、該はがきの対角線上に折目を設け、該折目に沿って二つ折りにして水平部分と立ち上り部分を設け、水平部分をデスク上に配して立ち上り部分に施された絵画や書を観賞するようにした構造のものがある(例えば、特許文献1)。
【0004】

【効果】

【0008】
本考案によれば、通常の絵はがきと同様の取り扱いができることは勿論、各折目を折ることによって、屏風の雛形を得られ、自立させて配することのできる、斬新な構造のデスク上の装飾品として利用できる。
【0009】
そして、折目は厚紙主体表面を筋刃などで押圧して(筋押しして)形成したものであるので、宛名等を書くに邪魔にならず、しかも、該折目が宛名を書く範囲の目安にすることができる。そして、片面に表示した絵画や書は折目が邪魔になることなく実物の屏風を縮小したものを得ることができ、趣味感を尚一層満足させる、デスク用装飾品に転化できる絵はがきを提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】正面図。
【図2】背面図。
【図3】自立させた状態の斜視図。
【図4】厚紙主体と折目の関係を示す略示平面図。

(57)【要約】

【課題】はがき紙面の全域を活用したデスク用の装飾品に転化するに好適な絵はがきを提供する。【解決手段】片面側を絵画や書で飾り、他の片面側を発信人や受信人の表示面3とした、長方形状の保形性の有る厚紙主体1で構成する。そして、該厚紙主体1に、該厚紙主体1を長手方向に等分に区画する折目aを筋押し手段によって形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):