(54)【考案の名称】太陽エネルギー集光装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/052

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は太陽エネルギーを効率よく活用する為に考えた装置に関するもの

【従来の技術】

【0002】
ソーラーパネルの設置には広い面積を必要とする難点を解決しなければ太陽エネルギーの効率良い活用が妨げられる背景がある為

【効果】

【0005】
これらの手段を講じる事により従来の平面設置に要する面積を縮小する事が出来て、既に考案されている、鏡や複雑なプリズムなどを使用した物より(図3)の▲1▼と▲2▼を一体化した物を取り付けた簡素な物で(図1)、(図3)の▲1▼から集光したS、(太陽光)を(図2)、(図3)の▲2▼に導き(図1)、(図2)、(図3)の▲5▼の筒の内側に張り付けた▲4▼(ソーラーパネル)に▲2▼から分散して照射し太陽エネルギーを電気エネルギーに変換する。それに(図1)(図2)、(図3)の形状のユニットにすることにより(図3)の▲7▼の電気エネルギー出力端子を付けることによって(図3)の▲8▼の基盤に差し込みユニットの数を増やし拡張する事で電気エネルギーの回収を拡大する事ができる。

(57)【要約】

【課題】平面的に設置されるソーラーパネルの面積を縮小するために立体型にし、かつ簡易な光導入方式を採用した太陽エネルギー集光装置を提供する。【解決手段】筒5内の内側に張り付けたソーラーパネル4に筒の中央に取り付けた集光レンズ1と光を導入、拡散させる柱状のプリズム2から太陽光を照射し電気エネルギーを得る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):