(54)【考案の名称】化粧用品収納具

(73)【実用新案権者】フクエイ株式会社

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話器本体に、着脱自在に取り付ける化粧用品収納具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術としては、携帯電話機本体もしくは携帯電話機本体に添設した部材に化粧料収納場所を設けたことを特徴とする携帯電話機がある。(特許文献1参照)
【0003】

【効果】

【0007】
1)、化粧用品を収納する収納具を固定部にて、携帯電話器本体に着脱自在に取り付けることにより、色々なパターンの収納具を必要に応じて取り替えができる。
2)、固定部が、凹凸テープあるいは粘着体とすることにより、確実に着脱自在に取り付けることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】 本考案の第一実施例を示す化粧用品収納具の斜視図。
【図2】 本考案の第一実施例を示す化粧用品収納具の開放した斜視図。
【図3】 本考案の第一実施例を示す化粧用品収納具を携帯電話器本体に取り付けた状態斜視図。
【図4】 本考案の第一実施例を示す化粧用品収納具を携帯電話器本体に取り付け開放した状態斜視図。
【図5】 本考案の第二実施例を示す化粧用品収納具を開放した斜視図。

【考案の実施するための形態】
【0009】
化粧用品収納具1は、携帯電話器本体の背面に、化粧用品Kを収納してなる収納具2を着脱自在に取り付けるべく上面に固定部3を設けてなるものである。
上記収納具2は、出し入れ自在な引出部2aを設け、内部に例えば口紅や口紅筆等の化粧用品Kを入れてなる。
上記固定部3は、凹凸テープによるもので、簡単に着脱自在に取り付けることができる。
【0010】
上記化粧用品収納具1の使用例について説明する。
化粧用品収納具1を、固定部3にて携帯電話器本体KHの背面Hに取り付けるもので、必要時に、収納具2の引出部2aを手前に引き出し、化粧用品Kを使用するものである。
【0011】
次ぎに、第二実施例の化粧用品収納具について説明する。
化粧用品収納具21は、例えば頬紅やブラシ等の化粧用品K1を収納してなる引出部22aを出し入れ自在に設けてなる収納具22の上面に無機質シリコンによる粘着体の固定部23を設けてなる。
【0012】
この化粧用品収納具21も、上記化粧用品収納具1と同様な使用方法である。
なお、引出部の形態や固定部の材質等は、必要に応じて決めればよい。
また、化粧用品も、必要に応じて決めればよい。
さらに、化粧用品収納具は、携帯電話器本体の側面に着脱自在に取り付けるのも一考である。
【0013】
1−−−化粧用品収納具
2−−−収納具
3−−−固定部
K−−−化粧品
KH−−携帯電話器本体
H−−−背面

(57)【要約】

【課題】携帯電話機本体に着脱自在に取り付けられる化粧用品収納具を提供する。【解決手段】携帯電話器本体の背面あるいは側面に、着脱自在に取り付けるべく化粧用品を収納してなる収納具に固定部を設けてなることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):