(54)【考案の名称】キャリーバッグ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は旅行や買い物等に携行するためのキャリーバッグに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
旅行等における荷物を携行する際に、本体に把手とキャスターを備えたキャリーと一体に取り付けたバッグからなるいわゆるキャリーバッグを携行することが普及している。これらのキャリーバッグは、左右に2輪又は前後左右にそれぞれキャスターを備えた4輪のものが一般的である。把手の収納も本体に対して出し入れするものや折り畳みにしたものなどがある。キャリーバッグに重い荷物を入れて平地を移動する際には、地面との間の摩擦抵抗だけとなることから荷物の携行が容易となって便利なものである。しかし、交通機関の駅その他に存在する階段を昇る際には、段差ごとにキャリー本体の腹部を階段の角に沿って滑らせながら引き上げるか、又はキャリーバッグ全体を持ち上げて階段を昇る必要がある。キャリーバッグ全体を持ち上げることは負担が大きく、両手を使わなければならないこともあることから不便である。これを引きずって登って行くとすれば、摩擦抵抗による負担の他、本体の腹部が摩耗による寿命短縮や労力の消耗などの困難が伴う問題がある。
【0003】
これについての対策としては、キャリーバッグを携行して階段の昇降を容易にするために、左右のキャスターを正三角形の頂点にそれぞれ配置し、階段の角部に当たる際にその正三角形が120度回転して次のキャスターに荷重負担を任せるようにしたものがウエブサイトを介して市販されている。また、比較的大型のものとしては、平地搬送と階段昇降の両方を安定して軽い負担で行うことができるようにしたキャリーバッグ装置等の運搬装置がある(特許文献1)。これは、クローラと呼ばれるキャタビラー状の走行手段を備え、平地走行時と階段昇降時とにより位置を変え、前者の場合にはバッグ本体にほぼ平行状態とし、下端部を接地させてクローラを回転させるようになっている。また、階段昇降時には、上記のクローラを傾斜状態に位置を変え、クローラの長い部分で階段の段差を乗り越え可能としてある。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案によれば、通常使われているキャリーバッグに対して、本体支柱が階段の角部に接触した状態で支柱に対して摺動可能なスライダを備えているため、キャリーバッグを携行して階段を登る際に、空中に持ち上げずにそのまま容易に引き上げ可能となる。また、キャスターを1対しか備えていないので、コンパクト化が容易であり、遠距離旅行などの際における機内持ち込み等を可能なものとすることができる。さらに、階段との接触面であるスライダの表面に弾性や摩擦抵抗の大きい物質からなる接触部材を貼付しておけば、スライダが滑りを起こさず、又はバッグ内に収納した荷物への衝撃を和らげることが可能となる。

(57)【要約】

【課題】階段に沿って引いたまま持ち上げずに容易に運搬可能なキャリーバッグを提供する。【解決手段】下端部にキャスター11を備えた支柱3の背面側に上向きに付勢されたスライダ21を昇降可能に設け、その表面の下方延長線上よりもキャスターの外周部が後方に位置するようにしてある。バッグに重量物を収納し、階段Sを昇る際にキャリー本体を引いたまま階段の角部にスライダの接触部材29を当接させ、本体をそのままの状態で引っ張ると、スライダ21は付勢部材27の付勢力に抗してその場に停止し、本体だけが引き上げられる。さらに本体を引き上げると、キャスター11が階段の角部に当たり、本体が角部から離れた状態になる。これにより、スライダ21は角部から離反するため、付勢力により原位置に復帰する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):