(54)【考案の名称】本の表紙表面へ保護フィルムを貼り合わせる装置

(73)【実用新案権者】株式会社南海堂

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、本の破損や汚染を防止するためにブックカバーが存在する、或いは存在しない状態で透明或いは半透明フィルムで本の表紙、或いは本から取り外したブックカバーを覆い、固着する本の表紙表面へ保護フィルムを貼り合わせる装置であって、より詳細には粘着面が離型紙で裏打ちされている粘着フィルムを用いる本の表紙表面へ保護フィルムを貼り合わせる装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、本の表紙全面に透明なフィルムを貼着する場合、本の表紙にブックカバーが存在する、あるいは存在しない状態でその上を予め裁断した粘着フィルムで覆い、貼り付けていた。
しかし、裁断したフィルムは取り扱いが難しいため、粘着剤塗布面を離型紙で裏打ちする必要があった。またフィルムと本の表紙或いはブックカバーとの間に空気を巻き込むと外観を損じるためフィルムの上からスポンジや布で擦って空気を抜く作業が不可欠であった。この作業には根気と熟練が要求され、時間もかかるためコストアップの要因となっていた。
【0003】
前記問題点を解消するために、下記のような発明が開示されている。特許文献1記載のブックカバー貼り付け機は、二連コンベヤベルトに対して直角方向から本を閉じた状態で挿入し、本に透明粘着フィルムを貼り付けるものであり、特許文献2記載のブックカバー掛け器は、透明粘着フィルムの粘着面上に本の双方の表紙を展開して置き、表紙にフィルムを貼り付けていた。何れも透明粘着フィルムと本の間の空気抜き作業は改良されてはいるが、まだ十分ではなく、本を装置にセットするための時間が掛かり、作業は煩雑で、装置コストも無視できないという問題があった。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案によるとフィルムロールから必要な長さのフィルムを引き出し、貼り合わせるので、予めフィルムを裁断して貼り合わせる方法と比較し、作業空間が少なくて済み、ロールが固定されているため貼り合わせ作業が容易となり、生産性も向上する。
また離型紙が裁断されないため、離型紙の処理が簡単となり、この面でも作業性が改善された。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案で使用した、貼り合わせ装置の側面の概略説明図である。
【図2】本考案で使用した裁断手段の側面の概略説明図である。

【0009】
図1、図2に本考案の一実施例を示す。作業台は幅500×奥行き600であり、枠は幅500×高さ400である。枠に設置した粘着フィルムロールからフィルムを引き出し、離型紙を剥がしながら本の表紙、或いは本から取り外したブックカバーに透明粘着フィルムを張り合わせた後、フィルムを押さえて裁断手段でフィルムを裁断する。このときの裁断手段のフィルムを押さえるプレート面及びカッター刃の位置、プレート面の構造の一例を図2に示してある。
背面の押さえ板が約2mm〜3mm短いため、フィルムから離型紙を剥離した後、フィルムを手前に引っ張りながら裁断すると、離型紙は後ろに逃げて、このため透明粘着フィルムのみが裁断され、離型紙は裁断されないので、後方で巻き取る等の処理が容易になる。このカッター刃の侵入深さは約2mm〜3mmが好ましい。
【0010】
図1、図2に示す装置を用い、離型紙で裏打ちされた透明粘着フィルムを本の表紙面に貼り合わせた。粘着フィルムの装着数は1時間当たり50冊であった。結果を表1に示す。
【0011】
予め所定の長さに裁断した離型紙で裏打ちされた粘着フィルムを本の表紙に貼り付けた。粘着フィルムの装着数は1時間当たり40冊であった。結果を表1に示す。
【0012】
(表1)

[fig000003]

【産業上の利用可能性】
【0013】
本考案の本の表紙表面へ保護フィルムを貼り合わせる装置は、図書館や学校等本の汚染或いは破損防止が求められている分野で、安価な装置で、生産性を向上できるので有用である。

【0014】
1 : 作業台、2 : 枠、3 : 透明粘着フィルムロール、4 : 透明粘着フィルム裁断手段、5 : 透明粘着フィルム、6 : 本の表紙、或いは本から取り外したブックカバー、7 : カッター刃、8 : 表側の押さえのプレート、9 : 裏側の抑えのプレート、10 : 離型紙
































(57)【要約】

【課題】本のカバー掛けの生産性を向上し、コストを低減させる、本の表紙、或いは本から取り外したブックカバーの本の表紙表面へ保護フィルムを貼り合わせる装置を提供する。【解決手段】作業台上に垂直方向に伸びた枠の上に設けたフィルム供給部と、作業台との中間に設けたフィルム裁断手段の、フィルム押さえの背面プレートの端部を前面プレートの端部より2〜3mm後退させることにより、離型紙は裁断しないで粘着フィルムのみを裁断する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):