(54)【考案の名称】推進管の曲線部における開き調整緊結プレート

(73)【実用新案権者】中川ヒューム管工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、曲線推進工法で使用される推進管の曲線部における開きを調整するために用いる緊結プレートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、推進工法は、先頭の掘進機の後方に連結した推進管を、掘進機により造成されたトンネル孔に推し進められるように敷設する曲線施工が多く行われている。その際、曲線部においては、推進管の継手部や可撓部の曲線外側の目地が開口して屈曲して曲線を形成している。
【0003】
しかしながら、曲線推進の掘削トンネルは、管外径に対して一定の余裕を持たせた径となっているため、曲線内での管の曲がりにはばらつきが生じることが多く、それを均等に近づけることが望まれていた。
【0004】

【効果】

【0009】
本考案の緊結プレートを使用することで、管の継手部や可撓部において曲線外側の目地の開口が均等にすることができ、推進管の継手部や可撓部の水密性能の低下や、破損等の発生を防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案である緊結プレートを使用して推進管を連結した状態を示した透過図である。
【図2】図1におけるA−A線の断面図である。
【図3】本考案である緊結プレートを示した図である。
【図4】本考案である緊結プレートを使用して推進管を連結した状態を示した拡大断面図である。
【図5】本考案である緊結プレートを使用して推進管を連結した状態を示した透過図である。

【0011】
以下、添付の図面を参照し、本考案の実施の形態について詳細に説明する。
【0012】
図1は本考案である緊結プレートを使用して推進管を連結した状態を示した透過図、図2は図1におけるA−A線の断面図、図3は本考案である緊結プレートを示した図、図4は緊結プレートを使用して推進管を連結した状態を示した拡大断面図である。
【0013】
図1から図3に示すように、本考案である緊結プレート1は、両端に長孔2を穿設した長板であって、配設した管の曲線部の内壁面に長手方向に留め具を介して設置することにより、管の目地の開きを調整するプレートである。
【0014】
図3において前記留め具は、ボルト3を示しているが、特に限定したものではなく、ボルト3以外であっても良く、また、前記管は特に曲線推進工法で使用される推進管5としたが、これに限定したものではなく、他の管においても使用されることも考えられる。
【0015】
前記ボルト3を使用した場合、管の内壁面に直接螺合して本考案の緊結プレート1を取り付けても良く、また、予め管の内壁面にナット4を埋設して、前記ボルト3を埋設したナット4に螺合することで緊結プレート1を取り付けてもよい。
【0016】
尚、このとき、前記ボルト3の位置は、緊結プレート1の各長孔2の中央であることが好ましく、このように設置することで、目地の開きによるボルト3の位置移動が長孔幅に限定され、従って目地開口長が許容範囲内に制限されることとなる。
【0017】
図1に示すように、複数枚の緊結プレートを連続して取り付ける場合は、一方の緊結プレートの端部に他方の緊結プレートの端部を長孔同士が略同位置になるように重ね合わせた状態で各長孔の略中央にボルトを挿通して緊結プレートを前記管の目地部分を跨ぐように固定し、重ね合った各緊結プレートの位置がボルト留めされた長孔の幅を限度に移動し、前記管の目地部分の開きを調整することができる。
【0018】
次に各図面を使用して、本考案である緊結プレート1を取り付けた状態を詳細に説明することとする。
【0019】
図1から図4に示すように、可撓部6を備えた推進管5に取り付ける場合は、可撓部6全体を跨ぐように緊結プレート1を取り付ける。前記可撓部6は可撓ゴム6aと前記可撓ゴム6aの中央に位置する目地板6c及び可撓ゴム6aの周面を保護するウェアー6bとからなる。
【0020】
また、推進管5同士を連結した継ぎ手部分を跨ぐように本考案の緊結プレート1を取付けて継ぎ手部分における開口長を制限する。尚、前記継ぎ手部分は、推進管5の挿入する側の端部5aを他の推進管5の挿入される側の端部5bに挿入して連結した部分をいい、前記挿入される側の端部5bの周面には継ぎ手カラー5cが取り付けられている。
【0021】
図4に示すように、本考案である緊結プレート1を複数連結して推進管5に取り付ける場合、各緊結プレートが交互に上下の位置となるように設置してゆく。即ち、ある一つの緊結プレート1に対して、その両端に連結される他の緊結プレート1、1はそれぞれ下側に重ねた状態となって連結されている。
【0022】
また、ある一つの緊結プレート1に対して、その両端に連結される他の緊結プレート1、1はそれぞれ上側に重ねた状態となって連結されている。
【0023】
従って、ある一つの緊結プレート1において、一端が他の緊結プレートの上側にあり、他端が他の緊結プレートの下側となるような連結ではなく、一つの緊結プレート1においては、両端とも他の緊結プレートの上側であるか、両端とも他の緊結プレートの下側となっている。
【0024】
このように、ボルト1本に対して2枚の緊結プレートが対方向にかけあい、かつその緊結プレートが管路方向に連続しているにより、前後の管に引張力を伝達させることができる。
【0025】
また、緊結プレートの設置本数については、図1に示すように特に2本を平行して取り付けたものに限定されず、1本であっても複数本であってもよい。
【0026】
図5は本考案である緊結プレートを使用して推進管を連結した状態を示した透過図である。図5では、可撓部を備えていない推進管で緊結プレートを取り付けた状態を示しており、緊結プレート1の取付け方法は図1から図4の可撓部を備えている推進管の場合と特に変わりはない。
【0027】
即ち、推進管5同士の継ぎ手部分を跨ぐように緊結プレート1を取り付ければよく、また1本であっても複数本平行して取り付けてもよい。
【0028】
更に、緊結プレート1の固定にはボルト3等の留め具を使用し、留め具にボルト3を使用した場合は、ボルト3を直接推進管5の内壁面に螺合する場合や、予め推進管の内壁面にナット4を埋設して、前記ナット4にボルト3を螺合する場合がある。
【産業上の利用可能性】
【0029】
本考案である緊結プレートは、推進工法において、管の目地開口長を均等にして、継手等の水密性能の低下や管の破損等の発生を防止することができ、ヒューム管業界に多大な貢献をもたらす。
【0030】
1 緊結プレート
2 長孔
3 ボルト
4 ナット
5 推進管
5a 挿入する側の端部
5b 挿入される側の端部
5c 継ぎ手カラー
6 可撓部
6a 可撓ゴム
6b ウェアー
6c 目地板

(57)【要約】

【課題】推進管を敷設の際に発生する目地の開口を許容範囲内に制限することにより、目地開口長の許容範囲を超えることで懸念される推進管の破損やクラックの発生を防止することを目的とした緊結プレートを提供する。【解決手段】両端に長孔2を穿設した長板であって、配設した管の曲線部の内壁面に長手方向に留め具を介して設置することにより、管の目地の開きを調整することを特徴とする緊結プレート1と、該緊結プレートの設置を、一方の緊結プレートの端部に他方の緊結プレートの端部を長孔同士が略同位置になるように重ね合わせた状態で各長孔の略中央にボルト3を挿通して緊結プレートを前記管の目地部分を跨ぐように固定することで、重ね合った各緊結プレートの位置がボルト留めされた長孔の幅を限度に移動し、前記管の目地部分の開きを調整可能としたことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):