(54)【考案の名称】ブックカバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、本、手帳、ノート等に用いられるブックカバー関し、特に、ブックバンドが付属するブックカバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
本、手帳、ノート等(以下では、本で代表して説明をする)を保護するために、従来から種々のブックカバーが用いられている。これらのブックカバーは、本の表紙(平)と裏表紙(地)と複数の紙面の端面を綴じた部分(背)とを覆うようにして本を保護するものである。一般的には、ブックカバーは、紙、布等で形成されている。ブックカバーを本に装着するに際しては、表紙の前小口(背と反対側の端部)、および、裏表紙の前小口の部分で、ブックカバーの両端を折り返して、本を包むようにしている。
【0003】
また、ブックカバーとともに用いられるブックバンドが提案されている(特許文献1を参照)。図13は特許文献1に記載のブックバンドを示す図である。図13に示すブックバンドは、板状部材10とバンド部材11とを有している。板状部材10は折り目40を有し、折り目40によってバンド固定部20と保持部30とが形成されている。また、バンド部材11はバンド固定部20に固定されている。そして、保持部30をブックカバー82のポケット部82aに挿入し、板状部材10を折りたたんだ状態で、折り目40が手帳80の綴じ部85a側となるようにしながら、保持部30を手帳80の表紙86の内側で保持し、綴じ部85aと開閉部85bの間をバンド部材11で巻き付けて、手帳80が閉じた状態を維持する。このようにして、本を開いて使用する時には必要なページを開くことができるとともに(図13を参照)、図14に図示すように、本の未使用時には閉じた状態にしておくことができるものである。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案のブックカバーによれば、ブックバンドとして機能させることができる伸縮バンドが付属するブックカバーを提供することができる。また、伸縮バンドは、覆い部に配された孔部に対して可動自在とされるために、覆い部に剛性が要求されず、屈曲自在な材料によって、ブックカバーを形成することが可能となる。屈曲自在な材料を用いる場合には、持ち運びが容易とでき、情報媒体の厚みの広範囲な変化に対応可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】実施形態のブックカバーの販売時の状態を示す図である。
【図2】本に装着しない状態で、折り返し部で折り返した状態のブックカバーを示す図である。
【図3】ブックカバーを本に装着した状態を示す図である。
【図4】ブックカバーを本に装着した状態を別の角度から見た斜視図である。
【図5】伸縮バンドを栞として使用する使用例を示す図である。
【図6】伸縮バンドを栞として使用し、もう一つの伸縮バンドをブックバンドとして使用する使用例を示す図である。
【図7】孔部の周囲からの亀裂の発生を防止するために、孔部の周囲を強化する別の手段を示す図である。
【図8】本の表紙または裏表紙に対応する、いずれかの一方の側に2本の伸縮バンドを設ける変形例を示す図である。
【図9】実施例の変形例を示す図である。
【図10】実施例の変形例を示す図である。
【図11】実施例の変形例を示す図である。
【図12】実施例の変形例を示す図である。
【図13】従来技術を示す図である。
【図14】従来技術を示す図である。

【0012】
考案を実施するための形態のブックカバーは、種々の情報媒体に対応が可能である。ここで、情報媒体とは、本、手帳、ノート、写真ホルダー、ファイルホルダーを含み、複数枚のシートを重ねて背の部分で綴じ合わせ、複数枚のシートの両面に表紙と裏表紙とを配置し、背の部分とは反対側の前小口が開閉できるようにしたものの総称である。情報媒体が本である場合にはシートは印刷された紙であり、手帳、ノートの場合にはシートは書き込み可能部が残された紙であり、写真ホルダーの場合にはシートは定型の印画紙をファイルできる透明ホルダーであり、ファイルホルダーの場合にはシートは定型の紙をファイルできる透明ホルダーである。
【0013】
実施形態のブックカバーは、これらの情報媒体を覆い保護するとともに後述するような多機能性を有するものである。実施形態のブックカバーは、覆い部と、少なくとも2つの孔部と伸縮バンドを有している。
【0014】
覆い部は、情報媒体の表紙の表面と情報媒体の背(シートの綴じ合わせの部分)と裏表紙の表面とを覆い、表紙の前小口(背の反対部であり、綴じ合わせられておらず開閉することができる部分)で表紙の裏面に折り返し、裏表紙の前小口で裏表紙の裏面に折り返すことができるようにされている。覆い部の材質を屈曲可能な材料、例えば,柔軟で薄い紙等とすることによって、使用者が、ブックカバーを購入後の使用開始時に任意の位置で裏面に折り返すことができる。
【0015】
実施形態のブックカバーは覆い部と伸縮バンドとを備えている。覆い部には、第1の孔部および第2の孔部、または、第3の孔部および第4の孔部、のいずれか一方、または、その両方を備えるようにしている。伸縮バンドは、第1の孔部および第2の孔部を貫通してリング状とされる第1の伸縮バンド、または、第3の孔部および第4の孔部を貫通してリング状とされる第2の伸縮バンド、のいずれか一方、または、その両方を有するようにしている。第1の孔部〜第4の孔部は同一の構造とすることができ、第1の伸縮バンドと第2の伸縮バンドとは同一の構造とすることもできる。この場合には、覆い部の裏と表の構造に実質的な差異はなく、リバーシブル機能を有するブックカバーとできる。
【0016】
情報媒体の背の部分はシートの開閉方向に所定の厚みを有して、シートの開閉方向とは垂直方向に延びるようにされてシートが綴じ合わされている。第1の孔部と第2の孔部は、情報媒体の表紙の表面と当接する範囲のブックカバーの覆い部に設けられ、第3の孔部と第4の孔部は、情報媒体の裏表紙の表面と当接する範囲のブックカバーの覆い部に設けられている。第1の孔部〜第4の孔部はいずれも覆い部の表面と裏面とを貫通している。
【0017】
第1の伸縮バンドは、第1の孔部および第2の孔部の各々を可動自在に貫通する。すなわち、第1の伸縮バンドの伸縮、位置移動に際して、第1の孔部および第2の孔部の各々は障害とならない。逆の見方をすれば、第1の伸縮バンドの伸縮、位置移動に際して、孔部の周囲、覆い部には、なんらストレスが加わらない。同様にして、第2の伸縮バンドは、第3の孔部および第4の孔部の各々を可動自在に貫通する。第1の孔部および第2の孔部が設けられない場合には第1の伸縮バンドは不要であり、第3の孔部および第4の孔部が設けられない場合には第2の伸縮バンドは不要である。
【0018】
このような構成を有するので、実施形態のブックカバーは、情報媒体を閉じた状態に保つブックバンドとして機能させることができる。また、情報媒体の任意の隣接するシートの間に伸縮バンドを通して目印をつける栞として機能させることができる。第1の伸縮バンドと第2の伸縮バンドとを有する場合には、以下の9種類の組み合わせの形態が可能となる。
【0019】
まず、通常のブックカバーと同様の機能を発揮させることができるが、通常のブックカバーにはない伸縮バンドを備えることによって、第1の伸縮バンドが情報媒体の表紙とブックカバーの覆い部との当接を確実なものとし、第2の伸縮バンドが情報媒体の裏表紙とブックカバーの覆い部との当接を確実なものとするので、情報媒体の保護が確実なものとなる(第1の形態)。第1の伸縮バンドを裏表紙にまで伸ばすとともに、第2の伸縮バンドを表紙にまで伸ばす場合には、第1の伸縮バンドおよび第2の伸縮バンドの両方をブックバンドとして機能させ、情報媒体を閉じる力を倍化させることができる(第2の形態)。第1の伸縮バンドおよび第2の伸縮バンドの両方を栞として機能させ、情報媒体の2箇所に栞を挿入することができる(第3の形態)。第1の伸縮バンドをブックバンドとして機能させ、第2の伸縮バンドを栞として機能させることができる(第4の形態)。また、第2の伸縮バンドをブックバンドとして機能させ、第1の伸縮バンドを栞として機能させることができる(第5の形態)。このようにして、ブックバンドと栞の両方の役目をさせることができる。
【0020】
さらに、第1の伸縮バンドを情報媒体の表紙に装着し、第2の伸縮バンドをブックバンドとして機能させることができる(第6の形態)。また、第1の伸縮バンドを情報媒体の表紙に装着し、第2の伸縮バンドを栞として機能させることができる(第7の形態)。同様にして、第2の伸縮バンドを情報媒体の裏表紙に装着し、第1の伸縮バンドをブックバンドとして機能させることができる(第8の形態)。また、第2の伸縮バンドを情報媒体の裏表紙に装着し、第1の伸縮バンドを栞として機能させることができる(第9の形態)。
【0021】
ブックカバーとして機能させる形態とするには、以下のように伸縮バンドを配置する。離間して配置された二つの孔部のうちの一方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分と他方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分とを、相互に反対方向に2つに分岐させ、情報媒体に当接する覆い部の面と情報媒体の表紙の表面(または裏表紙の表面)との間を通し、情報媒体の表紙の裏面側(または裏表紙の裏面側)を通して伸縮バンドを一巡させ、覆い部を前記情報媒体に装着する。
【0022】
ここで、表紙の裏面側を通してとは、表紙の裏面を伸縮バンドで直接に圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達しない場合)と、折り返された覆い部を介して表紙の裏面を伸縮バンドで圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達する場合)との両方を含むものである。また、表紙の表面側を通してとは、表紙の表面を伸縮バンドで直接に圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達しない場合)と、折り返された覆い部を介して表紙の表面を伸縮バンドで圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達する場合)との両方を含むものである。
【0023】
上述した第1の形態〜第9の形態と伸張バンドの関係について説明をする。ブックバンドとして機能させる形態とするには、以下のように伸縮バンドを配置する。離間して配置された二つの孔部のうちの一方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分と他方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分とを、相互に反対方向に2つに分岐させ、情報媒体に当接する覆い部の面と情報媒体の表紙の表面(または裏表紙の表面)との間を通し、情報媒体の裏表紙の表面(または表紙の表面)を通して、覆い部を情報媒体に装着する。
【0024】
栞として機能させる形態とするには、以下のように伸縮バンドを配置する。離間して配置された二つの孔部のうちの一方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分と他方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分とを、相互に反対方向に2つに分岐させ、情報媒体に当接する覆い部の面と情報媒体の表紙の表面(または裏表紙の表面)との間を通し、情報媒体の隣接するシートの間を通して、覆い部を情報媒体に装着する。
【0025】
そして、これらの伸縮バンドの配置の組み合わせによって、上述した9種類の組み合わせの形態とすることができる。
【0026】
また、伸縮バンドの伸びる方向は、前小口と平行するようにしても良く、前小口に対して斜め方向としても良い。また、ブックカバーに配される伸縮バンドの本数は、2本以上の複数本とするのみなく、1本であっても良い。伸縮バンドが1本の場合には、上述した第1の実施形態〜第9の実施形態のうち、2本の伸縮バンドを用いない実施形態についてのみ実施が可能である。また、伸縮バンドが2本以上の複数本である場合には、上述した第1の実施形態〜第9の実施形態を含むさらに多くの実施形態が可能となる。
【0027】
上述した第1の形態〜第9の形態の具体的な形態として、上述した具体的な形態とは異なる具体的形態が可能である。異なる具体的形態が存在する理由は、ブックカバーを情報媒体に装着する場合に、覆い部に配された2つの孔部を可動自在に貫通する伸縮バンドをどのように本の周りに巡らせるかという点に相違があるからである。この場合においても、伸縮バンドの伸縮によって覆い部の孔部の周辺部にストレスが生じることがない。以下、異なる具体的形態について説明をする。
【0028】
ブックカバーとして機能させるには、離間して配置された二つの孔部のうちの一方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分と他方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分とを、相互に反対方向に2つに分岐させ、覆い部の表面を通し、情報媒体の表紙の裏面側(または裏表紙の裏面側)を通して伸縮バンドを一巡させる形態として、覆い部を前記情報媒体に装着する。
【0029】
ここで、表紙の裏面側を通してとは、表紙の裏面を伸縮バンドで直接に圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達しない場合)と、折り返された覆い部を介して表紙の裏面を伸縮バンドで圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達する場合)との両方を含むものである。また、表紙の表面側を通してとは、表紙の表面を伸縮バンドで直接に圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達しない場合)と、折り返された覆い部を介して表紙の表面を伸縮バンドで圧接する場合(折り返し部が伸縮バンドに達する場合)との両方を含むものである。
【0030】
ブックバンドとして機能させるには、離間して配置された二つの孔部のうちの一方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分と他方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分とを、相互に反対方向に2つに分岐させ、覆い部の表紙側(裏表紙側)の表面を通し、覆い部の裏表紙側(表紙側)の裏面を通して伸縮バンドを一巡させる形態とする。
【0031】
栞として機能させるには、離間して配置された二つの孔部のうちの一方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分と他方の孔部を貫通した伸縮バンドの部分とを、相互に反対方向に2つに分岐させ、覆い部の表紙側(裏表紙側)の表面を通し、情報媒体の隣接するシートの間を通して、覆い部を情報媒体に装着する。
【0032】
そして、これらの伸縮バンドの配置の組み合わせによって、上述した9種類の組み合わせの形態とすることができる。以下、情報媒体が本である場合を例として、図面を参照して、実施例のブックカバーについて説明をする。
【0033】
(実施例)
図1は、ブックカバー1の販売時の状態を示す図である。図1(a)はブックカバー1の覆い部2の本に接しない面である表面2aの側から見た図である。また、図1(b)は覆い部2の本に接する面である裏面2bの側から見た図である。使用前の販売状態においては、覆い部2の表面2aの側と裏面2bの側との構造上の区別はない。ブックカバー1の覆い部2は紙、布、革、プラスチック等の素材で形成することができ、紙の場合には、クラフト紙のような厚手の紙ではなく、折り返し線51と折り返し線52で容易に折り返せる程度の柔軟性を有する素材である普通紙(薄紙)を用いることもできる。また、覆い部2は柔軟性と強度とを両立させるために、2枚以上の複数枚の普通紙を接着することなく重ね合わせるようにしたものであっても良い。なお、折り返し線51と折り返し線52は、折り返しの位置を示すものであるが販売時には折り目をつけることなく、積層して保管する場合の厚みを薄くすることができる。そして、ブックカバーの購入者が購入後の使用時に任意の位置で折り返すようにすることができる。
【0034】
実施例のブックカバー1は、文庫本に対応するものであり、覆い部2の縦方向の長さ(2×A+L:図1(a)を参照)は155mmとされ、覆い部2の横方向の長さ(2×B+W:図1(a)を参照)は375mmとされ、長さAは10mm、長さLは135mm、長さWは175mm、長さBは100mmとされている。
【0035】
覆い部2の素材としては、通常の印刷、包装等に用いられる普通紙であり、厚みが50μm〜2mm程度の厚さの範囲が好適であるが。これよりも薄くても、これよりも厚くても、十分な強度を有し、折り返し線51、折り返し線52で容易に折り返せるものであれば、採用することに何ら問題はない。例えば、パラフィン紙(グラシン紙)を用いる場合には薄くても十分な強度を保つことができる。実施例では覆い部2の厚みは、200μmとされている。
【0036】
覆い部2の表面2aは、外部から視認できる側の面であるので、表面2aには、装飾を施した印刷をしても良く、また、表面2aと裏面2bの両面に印刷を施しても良い。両面を体裁の良い面とすることによって、表面2aを外側にするのみならず、裏面2bを外側にするようにして、リバーシブル機能を有することができる。
【0037】
覆い部2には孔部が設けられ、鳩目31、鳩目32、鳩目33、鳩目34によって各々の孔部の周囲が補強され、覆い部2が孔部の周囲から破れることを防止している。鳩目31と鳩目32とは、ミゾ(本の平または地と、本の背との境界線)と平行する直線上、すなわち、前小口と平行する直線上に配列されている。鳩目33と鳩目34も同様に、ミゾと平行する直線上に配列されている。鳩目31と鳩目32とは、本の表紙に接する位置に配置されるように、図1(a)では、左端に寄って配置されている。鳩目33と鳩目34とは、本の裏表紙に接する位置に配置されるように、図1(a)では、右端に寄って配置されている。
【0038】
鳩目31と鳩目32の各々を貫通するように伸縮バンド41が配置されている。伸縮バンド41は、リング形状になるように、伸縮バンドの各々の端部が相互に接着され、または、結び合わされている。伸縮バンド41は長手方向に伸縮するような部材、例えば、ゴム、合成ゴム等で形成されている。伸縮バンド41の縮んだときの長さは、鳩目31と鳩目32との相互の距離を近づけるようなストレスを覆い部2に与えず、このストレスによって覆い部2に変形が生じない程度の十分な長さとされている。望ましくは、本に装着しない状態で、伸縮バンド41がたるむことなく、かつ、覆い部2に変形が生じないような長さに設定されている。例えば、鳩目31と鳩目32との最短部分の長さをL(図1(a)を参照)とすれば、伸縮バンド41の最も望ましい長さは、2×Lと等しい長さである。
【0039】
鳩目33と鳩目34についても、鳩目31、鳩目32と同様に、リング形状の伸縮バンド42が各々を貫通するように配置されている。伸縮バンド42は長手方向に伸縮するような、ゴム、合成ゴム等で形成されている。伸縮バンド42の縮んだときの長さは、鳩目33と鳩目34との相互の距離を近づけるようなストレスを与えず、このストレスによって覆い部2に変形が生じない程度の十分の長さとされている。望ましくは、本に装着しない状態で、伸縮バンド42がたるむことなく、かつ、覆い部2に変形が生じないような長さに設定されている。伸縮バンド42の最も望ましい長さは、2×Lと等しい長さである。
【0040】
また、本を装着した場合において、伸縮バンド41を用いて本を閉じる状態を維持するに際して、鳩目31と鳩目32との位置が前小口(背の反対側の端部)により近い方が縮力の小さい伸縮バンド41で本を閉じる力を大きくすることができる。また、本の厚さが薄い場合であっても、伸縮バンド41の位置が前小口の位置よりも前(背から遠い位置)に出ることがない位置設定として、ブックバンドとしての機能を確保することが望ましい。伸縮バンド42を貫通させる鳩目33と鳩目34の位置についても同様である。具体的には、ブックバンドとしての良好な機能を確保するためには、伸縮バンドの位置は、ミゾから前小口の間の距離を1とすると、前小口寄り1/5以内が望ましい。
【0041】
また、長さLは、伸縮バンドの単位長当たりの伸び縮み可能な量に応じて、適宜に定めることができる。例えば、単位長当たりの伸び縮み可能な量が大きい場合には長さLは小さくすることができる。一方、単位長当たりの伸び縮み可能な量が小さい場合には長さLを大きくしなければ、伸縮バンドによって本を一巡させることができない。
【0042】
伸縮バンド41、伸縮バンド42の各々は扁平構造とされており、覆い部2の端部(図1に示される上下の端部)に対して伸縮バンドの与える縮力が広い範囲に分散するようになされている。
【0043】
折り返し線51と折り返し線52は、折り返しの位置を示すものであるが、上述したように、予め折筋をつけておくようにしても良いが、ブックカバー1を使用する使用者が使用時において折筋をつけ、本を包むようにしても良い。
【0044】
図2は、本に装着しない状態で、折り返し線51と折り返し線52で折り返した状態のブックカバー1を示す図である。図2(a)は覆い部2の表面2aの側から見た図、図2(b)は覆い部2の裏面2bの側から見た図である。図2(b)に示されるように、折り返し線51、折り返し線52の位置で覆い部2の裏面2bの2面が向かい合うように折り返されている。本にブックカバー1を装着した状態では、本の表紙(平)の部分が、折り返し線51で折り返した裏面2bの2面の間に挿入され、本の裏表紙(地)の部分が折り返し線52で折り返した裏面2bの2面の間に挿入される。
【0045】
また、本にブックカバー1を装着した状態では、鳩目31を貫通したリング形状の伸縮バンド41は、裏面2bと本の表紙の表面の間を通り、折り返された表面2aの側を通り(折り返した部分が伸縮バンド41に達している場合)、さらに、裏面2bと本の表紙の表面の間を通り、鳩目32を貫通する(図4(a)を参照)。図2(b)に示す状態では、伸縮バンド41の長さは、図1(b)に示す状態と比べて、4×長さAと等しい長さだけ長くなり、伸び量に応じた縮力が発生して、この縮力によって本の表紙に覆い部2を密着させる。そして、本の表紙の部分が覆い部2によって挟まれた状態で固定される。ここで、ブックカバー1が本に装着された状態では、伸び量は本の厚みの2倍だけさらに伸びることとなる。また、同様にして、伸縮バンド42の伸び量に応じた縮力によって、本の裏表紙の部分が覆い部2によって挟まれた状態で固定されることとなる。
【0046】
長さLは上述したように適宜に定め得るものであり、この結果、長さAも適宜定め得ることとなる。長さAは、鳩目の位置から覆い部2の端(図2の上下の端)までの長さである。したがって、長さAが長くなれば、覆い部2の端部に発生するストレスが大きくなり変形を生じさせ、長さAが短くなれば、伸び量が小さくなり縮力も弱くなり本を固定する力が減少する。よって、伸び量が大きくなって縮力が大きくなりすぎない範囲に、長さAを設定することが望ましい。なお、伸縮バンド41は、鳩目31、鳩目32の内部を可動可能となるように貫通しているで、鳩目および孔部の周囲に伸縮に応じた力が作用することはない。同様に、伸縮バンド42は、鳩目33、鳩目34の内部を可動可能となるように貫通しているで、鳩目および孔部の周囲に伸縮バンドの伸縮に応じた力が作用することはない。
【0047】
図3は、ブックカバー1を本3に装着した状態を示す図である。図3(a)はブックカバー1の側から見た図であり、図3(b)は本3の側から見た図である。上述したようにして、ブックカバー1は、本3の表紙(平)が伸縮バンド41によって固定され、本3の裏表紙(地)が伸縮バンド42によって固定されて、装着されている。
【0048】
図4は、ブックカバー1を本3に装着した状態を別の角度から見た斜視図である。図4(a)の破線楕円内の拡大図は、本3の表紙の表面3aaと覆い部2の表面2aと覆い部2の裏面2bと伸縮バンド41との相互の位置関係を示す図である。
【0049】
図4(a)に示すように、上方に伸びた伸縮バンド41は、鳩目31を貫通し、本3の表紙(平)の表面3aaと覆い部2の裏面2bとの間を通り、本3の表紙の上側端部と覆い部2の上側端部を通り、覆い部2の表面2aに接して下方まで伸び、本3の表紙の下側端部と覆い部2の下側端部を通り、本3の表紙の表面3aaと覆い部2の裏面2bとの間を通り、鳩目32を貫通し、覆い部2の表面2aに接して上方へ伸び、再び鳩目31を貫通するリング形状となっている。このとき発生する伸縮バンド41の縮力によって、覆い部2と本3の表紙とが固定される。同様にして、伸縮バンド42の縮力によって、覆い部2と本3の裏表紙とが固定される。
【0050】
図4(b)は、覆い部2と本3の表紙とが伸縮バンド41によって固定され、覆い部2と本3の裏表紙とが伸縮バンド42によって固定されている状態を示す図である。図4(b)は、本3の表紙の裏面3abと本3の裏表紙の裏面3bbの側から見た図である。
【0051】
図5は、伸縮バンド42を栞として使用する使用例を示す図である。図5に図示するように、伸縮バンド42を現在読んでいる頁を包むように架けて、次に読み進める箇所のマークである栞として機能させることができる。同様にして、伸縮バンド41を栞として使用することもでき、この場合には2箇所に栞としての伸縮バンドを挿入することができる。
【0052】
図6は、伸縮バンド42を栞として使用し、もう一つの伸縮バンドである伸縮バンド41をブックバンドとして使用する使用例を示す図である。図6(a)は本3の表紙の側から見た図であり、図6(b)は本3の裏表紙の側から見た図である。このようにして、栞を用いながら、ブックバンドを同時に用いて、保管時、または、小物入れ、鞄等の中に入れての移動時に本が開いたままになり、本の内部が汚染されることを防止することができるとともに、現在読んでいる部分等をマークすることができる。
【0053】
(実施例の変形例)
上述した実施例の種々の変形例が実施可能である。まず鳩目の変形例について説明をする。覆い部の孔部にはめ込まれた鳩目は孔部の周辺から亀裂が発生するのを防止する目的を有するものである。実施形態のブックカバーでは、原理的には、伸縮バンドは孔部の中で自在に可動するので、伸縮バンドの伸縮によって孔部の周囲に力が加わることはない。従って孔部の周囲から亀裂を発生させ難い材質を覆い部として用いるのであれば、必ずしも鳩目等の孔部の周囲を補強する補強手段を用いる必要はない。しかしながら、孔部の周囲は、伸縮を繰り返す伸縮バンドと接触することから、普通紙を覆い部として用いるときには亀裂が発生し易いので実施例の変形例では補強手段を用いている。
【0054】
図7は、実施例の変形例のブックカバー11を示す図である。孔部の周囲からの亀裂の発生を防止するために、孔部131〜孔部134の周囲を強化するために鳩目とは別の手段を示す図である。図7は、ブックカバー11の覆い部21の裏面21b側から見た図である。図7の破線で囲った部分拡大図に示すように、孔部134を設けるに際して孔部の位置に存在した部材を折り曲げて、孔部134の周囲に接着することによって、孔部134の周囲を補強して亀裂が生じ難くしている。他の孔部である、孔部131、孔部132、孔部133、についても同様の処理がなされて孔部の周囲の補強がなされている。
【0055】
図8は別の実施例の変形例のブックカバー12を示す図である。図8は、ブックカバーの覆い部22の表面22a側から見た図である。図8に示すように、伸縮バンドについては、本の表紙に対応する側に1本、本の裏表紙に対応する側に1本、各々設けるのではなく、本の表紙に対応する側、または、本の裏表紙に対応する側のいずれか一方に2本設けるようにしても良い。
【0056】
外側(前小口寄り)の伸縮バンド42はブックバンドとして用いるために、伸び量に対して伸縮バンドの幅の大きさに比例した強い縮力が得られる幅広のゴム材で形成されるのに対して、内側の伸縮バンド241は栞として用いるために伸び量に対する縮力が弱い幅狭のゴム材で形成されている。幅狭のゴム材の伸縮に応じた力は弱いので、覆い部22の端部にストレスを生じさせることが少なくされている。また、伸縮バンド241の幅に合わせて孔部231、孔部232は小さくされている。また、栞の機能として、特定の頁をマークできれば良いので、伸縮バンド241の位置には特に限定がなく、前小口から離れ背の部分に近い位置に孔部231、孔部232を設けることもできる。
【0057】
図9は実施例の別の変形例である、複数のサイズの本(情報媒体)に利用することができる、ブックカバーを示す図である。図9はブックカバーの覆い部23の表面23a側から見た図である。図9に示すように覆い部23の上側部の折り返し線61で長さA2の長さだけ折り返し、覆い部23の上側部の折り返し線61で長さA2の長さだけ折り返した場合には文庫本のサイズに合うブックカバーとして使用できる。また、覆い部23の上側部の折り返し線61で折り返さず、覆い部23の上側部の折り返し線62で折り返さない場合にはB6版のサイズに合うブックカバーとして使用できる。なお、折り返し線61、折り返し線62の位置は任意に定め得る。このようにして、1種類のブックカバーを複数のサイズの本に適用できるようにすることができる。
【0058】
図10は実施例のまた別の変形例である、一方の(第1の)孔部および他方の(第2の)孔部を結ぶ直線、すなわち伸縮バンドの伸びる方向は、前小口と平行することが要求されなくとも、ブックバンドおよび栞としての機能を果し得るものである。伸縮バンドの伸縮力によって、情報媒体が開くことを防止して、ブックバンドとして機能させられる構成とすれば十分である。10(a)は覆い部24の表面24a側から見た図であり、10(b)は覆い部25の表面25a側から見た図である。
【0059】
図10(a)では、伸縮バンド41と伸縮バンド42とが同方向に傾斜して配されている。図10(b)では、伸縮バンド41と伸縮バンド42とが逆方向に傾斜して配されている。図10(c)は、10(a)に示すように配置される、第1の伸縮バンドと第2の伸縮バンドとを備える覆い部24を有するブックカバーを本に装着して、ブックバンドとして用いる場合の図である。このように、覆い部24を平面展開した場合に伸縮バンド41と伸縮バンド42とを同方向に傾斜して配置すると、本に装着した場合には2つの伸縮バンドが交差するように配置をすることができる。このような交差は位置された、伸縮バンド41と伸縮バンド42とによってブックバンドとしての機能をより効果的なものとすることができる。
【0060】
さらに、また、図示はしないが、伸縮バンドは2本設けるのではなく、1本のみを設けるようにしても良い。例えば、図1に示すブックカバー1、図7に示すブックカバー11、図9に示すブックカバー13、図10に示すブックカバー14、ブックカバー15、では、伸縮バンド41または伸縮バンド42のいずれか一方のみを設けるようにしても良い。図8に示すブックカバー12では伸縮バンド42のみを用いるようにしても良い。
【0061】
また、伸縮バンドは、その全体が伸縮可能な部材で形成されているもののみならず、伸縮バンドの一部に伸縮部材を有し、伸縮バンドの一部が伸縮するものであっても良い。例えば、伸縮バンドの一部分に色彩豊かな布を用い、その他の部分はゴム材を用いるようにしても良い。
【0062】
また、ブックカバーの覆い部の材質については、紙、布、革、プラスチック等以外として種々のエコロジー素材で形成することができる。
【0063】
上述したように、実施形態のブックカバーは、安価な通常紙を材料として用いることが可能である。また、構造が簡単であるために製造コストも安価なものとすることが可能である。そして、栞として用い、本等が開くのを防止するブックバンドとして用いることができるのみならず、本等の厚みが変化しても同一のブックカバーで対応が可能という利点を有している。
【0064】
また、覆い部を本に装着するに際して伸張バンドをどのように本の周りに巡らせるかについては、今まで述べた配置とは異なる配置も可能であるので、これについて以下に説明をする。
【0065】
既に説明した実施例では、図1に示すブックカバー1を本に装着するに際して、覆い部2の表面2aの側の孔部31と孔部32との間に存在する第1の伸縮バンドの部分が表面2aの側に露出するようにして用い、覆い部2の表面2aの側の孔部33と孔部34との間に存在する第2の伸縮バンドの部分が表面2aの側に露出するようにして用いた(図2を参照)。本を開く状態の形態(図3、図4を参照)、栞として用いる状態の形態(図5を参照)、ブックバンドとして用いる状態の形態(図6を参照)、のいずれにおいても、同様の伸張バンドの形態を採用した。すなわち、第1の孔部と第2の孔部との間に存在する伸縮バンドの部分が覆い部の表面の側に露出するようにして用いた。
【0066】
図7に示すブックカバー11、図8に示すブックカバー12、図9に示すブックカバー13、図10(a)に示すブックカバー14、図10(b)に示すブックカバー15、においても、本に装着しての使用時においては、覆い部の表面の側の孔部と覆い部の表面の側の孔部との間に存在する伸縮バンドの部分が表面の側に露出するようにして用いた。すなわち、貫通して覆い部の裏面に沿った伸縮バンドの部分が覆い部の裏面と本の表紙(または、裏表紙)の表面との間を通過させるようにして、第1の孔部と第2の孔部との間に存在する伸縮バンドの部分が覆い部の表面の側に露出するようにして用いた。
【0067】
これらの、ブックカバー1、ブックカバー11、ブックカバー12、ブックカバー13、ブックカバー14、ブックカバー15の各々について、上述したのとは異なる伸縮バンドの用い方が可能である。すなわち、貫通して覆い部の表面に沿った伸縮バンドの部分に対して、第1の孔部と第2の孔部との間に存在する伸縮バンドの部分は、覆い部の裏面に沿い表面の側に露出することがないようにして用いることができる。図1に示すブックカバー1で代表して以下説明をする。
【0068】
図11は、図2に対応する図である。図11における伸張バンド41、伸張バンド42は、図2におけると異なる形態とされている。本は図11では、図2におけると同様に図示されていない。図11(a)は覆い部2の表面2aの側から見た図、図11(b)は覆い部2の裏面2bの側から見た図である。図2(b)に示されるように、折り返し線51、折り返し線52の位置で覆い部2の裏面2bの2面が向かい合うように折り返されている。本にブックカバー1を装着した状態では、本の表紙(平)の部分が、折り返し線51で折り返した裏面2bの2面の間に挿入され、本の裏表紙(地)の部分が折り返し線52で折り返した裏面2bの2面の間に挿入される。ここで、図11(a)と図2(a)とを対比すれば、明らかなように、図2では、孔部31と孔部32との間に伸縮バンド41が表面2a側に露出している。これに対して、図11では、孔部31と孔部32との間に伸縮バンド41が露出すること無く裏面2b側に配されている(図示せず)。
【0069】
図12は、図4に対応する図である。図12は、ブックカバー1を本3に装着した状態を示す斜視図である。図12の破線楕円内の拡大図は、本3の表紙の表面3aaと覆い部2の表面2aと覆い部2の裏面2bと伸縮バンド41との相互の位置関係を示す図である。
【0070】
図12に示すように、本を開いた状態とすることができるブックカバーとして機能させる場合には、鳩目31で縁取りされた孔部を貫通して覆い部2の表面2aに沿って上方に伸びた伸縮バンド41は、本3の表紙3aを挟みこんだ覆い部2の裏面2bに至り、裏面2bに沿って本3の表紙と覆い部2の下側端部を通り、覆い部2の表面2aに配された鳩目32で縁取りされた孔部を貫通して、本3の表紙3aの表面3aaと覆い部2の裏面2bとの間を通り、覆い部2の表面2aに沿って上方に伸び、鳩目32で縁取りされた孔部に至る。伸縮バンド42についても同様な経路を経て一巡する。
【0071】
図12は、ブックカバーとして機能させる場合を示すものであるが、図5に示すような栞として機能させる場合においても、図12で述べたと同様な経路を通るような形態としてその機能を果すことができる。すなわち、鳩目31で縁取りされた孔部を貫通して覆い部2の表面2aに沿って上方に伸びた伸縮バンド41は、本3の隣接するシートの間を通過し、覆い部2の表面2aに沿って上方に伸び、鳩目32で縁取りされた孔部に至る。伸縮バンド42についても同様な経路を経て一巡する。
【0072】
また、図6に示すようなブックバンドとして機能させる場合にも、図12で述べたと同様な経路を通るような形態としてその機能を果すことができる。すなわち、鳩目31で縁取りされた孔部を貫通して覆い部2の表面2aに沿って上方に伸びた伸縮バンド41は、本3の裏表紙の表面に沿い下方に伸び、覆い部2の表面2aに沿って上方に伸び、鳩目32で縁取りされた孔部に至る。伸縮バンド42についても同様な経路を経て一巡する。
【0073】
さらに、図7に示すブックカバー11、図8に示すブックカバー12、図9に示すブックカバー13、図10(a)に示すブックカバー14、図10(b)に示すブックカバー15、の各々において、図12に示すと同様の経路で伸縮バンドを配置して、ブックカバー、栞、ブックエンドとして、各々を機能させることができる。
【0074】
要するに、実施形態のブックカバーは、離間して配置される孔部を有する覆い部と、孔部の各々を可動自在に貫通するリング形状の伸縮可能な伸縮バンドと、を備える。そして、複数枚数のシートを綴じ合わせた情報媒体にこのブックカバーを装着する場合に、伸縮バンドを、情報媒体の表紙または裏表紙を包むように配置してブックカバーとし、本等の隣接するシートの間を通過させるように配置して栞とし、本等の全体を包むように配置してブックバンドとすることができるものである。
【0075】
1、11、12、13、14、15 ブックカバー、 2、21、22、23、24、25 覆い部、 2a、22a、23a、24a、25a 覆い部の表面、 2b、21b 覆い部の裏面、 3 本、 3a 本の表紙(平)、 3aa 本の表紙(平)の表面、 3ab 本の表紙(平)の裏面、 3bb 本の裏表紙(地)の裏面、 31、32、33、34 鳩目(孔部)、 41、42、241 伸縮バンド、 51、52、61、62 折り返し線、 131、132、133、134、231、232 孔部
























(57)【要約】

【課題】ブックバンドとブックカバーとを一体成形して多機能なブックカバーを提供する。【解決手段】ブックカバー1は、本を覆う覆い部2と、覆い部2の表面と裏面とを貫通する、孔部31〜孔部34と、孔部31および孔部32の各々を可動自在に貫通するリング形状の伸縮可能な伸縮バンド41と、孔部33および孔部34の各々を可動自在に貫通するリング形状の伸縮可能な伸縮バンド42と、を備えるようにした。そして、本等にこのブックカバー1を装着する場合に、伸縮バンド41または伸縮バンド42を、本等の表紙または裏表紙を包むように配置してブックカバーとし、本等の隣接するシートの間を通過させるように配置して栞とし、本等の全体を包むように配置してブックバンドとすることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):