(54)【考案の名称】頁捲り機

(51)【国際特許分類】

B42D 9/04 ・紙片めくり

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、見開き状態の図書や冊子類の、頁捲りを自動的に行う頁捲り機に関する。

【従来の技術】

【0002】
公知の頁捲り手段の一例として、頁捲り対象紙面を、天余白コーナー外側に配設したソレノイド出力端に被着したゴム刷子により、天余白部綴目側へ押進し、同紙面に褶曲面を形成して下層紙面より分離可能とし、天余白上に当接して回動可能とする二叉のフォークの、先行側フォークを同天余白部に当接しつつ、後続側フォークを上記褶曲面内へ介挿し、同紙面を捲り先へ摺動し、反転ないし伸展して頁捲り操作可能とする頁捲り機が公開されている(特許文献1参照。)。
【0003】

【効果】

【0011】
頁捲りを開始するとき、左右の押ボタンスイッチにより、頁捲り用半円欠成板を任意方向へ回動操作して容易に頁捲り始点位置へ誘導して待機することができる。
【0012】
頁捲り用の半円欠成板は、モーターとの自重により昇降自在であって、捲り対象頁面に対し、平行面を維持して当接しており、天余白のコーナー外側に配設した紙片摺動具の複動出力端に被着したゴムキャップを、手動操作により、捲り対象紙面の小口側より天余白側へ、押進摺動するとき、ゴムキャップと対象頁面の摩擦力は、対象頁面と下層紙面との摩擦力より大きいため、対象頁面は、下層紙面上を摺動し、撓み応力を生じて下層紙面上に、開口状の褶曲面を形成して分離することができる。
【0013】
対象紙片の分離特性に劣る図書に対しては、予め小口の層状紙葉を指先で捌き、各紙葉の分離状態を確保し、また、手動により、紙片摺動具のゴムキャップを、操作行程中途まで小刻みに反復押進摺動して捲り対象紙片の1枚分離状態を確認することができる。
【0014】
上記捲り対象紙片の1枚分離状態を確認した上で、頁抑具による対象紙片の押圧を開放し、さらに、手動により、紙片摺動具の操作行程終端まで操作し、前記褶曲面の形成を補完すると共に、リミットスイッチを作動し、モーターないし半円欠成板を起動して回動するとき、同欠成板の先行側の弧状縁は天余白に当接し、後続側の弧状縁は上記褶曲面内へ介挿されて同曲面を拡幅し、漸次、捲り先側へ反転ないし伸展して頁捲り動作を行い、新たな見開き頁面を頁抑具により押圧保持して繙読に供することができる。
【0015】
本考案の頁捲り機は、簡易な構成であって、頁捲り行程一連の動作を、半自動的に遂行する制御手段として、シーケンス制御を適用することができる。

(57)【要約】

【課題】見開き状態の図書や冊子類の、頁捲りを自動的に行う頁捲り機を提供する。【解決手段】台板1上の見開き状図書2の外位の支持金34に、昇降自在に支持したモーター3の竪軸に半円欠成板5を軸着し、同欠成板は、円弧側の中央に欠成したV型の切欠の両側に弧状縁を形設してモーターとの自重により頁面に当接しつつ回動操作可能となし、天余白コーナー両側に配設した紙片摺動具4の出力端に被着したゴムキャップ43を、捲り対象紙面上へ当接して摺動操作し、同紙面に褶曲面を形成して下層紙面より分離し、半円欠成板の弧状縁を同褶曲面内へ介挿して捲り先へ押進し、反転ないし伸展して頁捲り可能としている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):