(54)【考案の名称】前後懸架・操縦・制動・走行装置を装備した前輪二輪の三輪オートバイ用一体型フレーム

(73)【実用新案権者】有限会社オートスタッフ末広

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
オートバイを使って前輪二輪の三輪オートバイを製作するための汎用性に優れた技術に関する。

【従来の技術】

【0002】
通常一般的な前輪二輪の三輪オートバイはフレーム前輪部に操縦・懸架・走行・制動装置を装着し接合することにより製作される。
このような構造の三輪オートバイ車両の場合、オートバイ側のフレーム補強やサブフレームの追加製作等をすることで旋回・制動・走行時に発生するストレスを軽減するはできるが、接合箇所がフレームのみであるため旋回・制動時に発生するストレスを軽減することはできない。
また、この製作方法では均一した強度も保つことはできず、オートバイのフレーム構造によっては製作さえできない車両が存在する。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
この考案はフレーム補強やスイングアーム等の追加製作の必要がなくオートバイフレームとエンジンを載せることで、前輪二輪の三輪オートバイを製作できる。
【課題を解決する手段】
【0004】
既存の前後懸架・走行・制動装置を外したオートバイ車両を前輪二輪の三輪オートバイ用一体型フレームに取り付けることで解決できる。
【0005】
前輪二輪の三輪オートバイ用一体型フレームの基盤となる二本のパイプ(2)に直交させた二枚のプレート(1)に、アッパーアーム(3)とロアアーム(4)を揺動するように装着し、ロアアームにフロントサスペンション(5)下側を、また二枚のプレート上部接合部にフロントサスペンション(5)上側をそれぞれ揺動するように装着する。
アッパーアーム(3)・ロアアーム(4)のそれぞれに上下揺動するように装着したハブプレート(6)に自動車用ホイールハブ(7)をボルトで固定し、ホイール(8)を装着したものが前輪部となり、これを左右対称で取り付ける。
【0006】
ステム部前方に装着した操舵軸(9)にスプライン勘合する汎用ユニバーサルジョイント(10)を取り付け一体型フレーム前部より垂直に立ち上がった操舵シャフト(11)に接合する。
操舵シャフト(11)に取り付けられた操舵伝達プレート(12)から左右にタイロット(13)を接合しそれぞれのナックルアーム(14)からハブプレート(6)へ接続することで操舵装置とする。
【0007】
一体型フレーム後部の二本のパイプを貫通させたフレームボックス(15)の上にプレートA(16)・プレートB(17)・プレートC(18)をパイプと平行に垂直方向に取り付け、そのプレートにシャフトA(23)・シャフトB(24)・シャフトC(25)を貫通させる。
シャフトA(23)にスイングアーム(22)を取り付け、シャフトC(25)でオートバイフレームピボット部とフレームボックス(15)に取り付けたプレート(26)を貫通させ接合する。
【0008】
プレートB(17)・プレートC(18)にシャフト(19)を通しスプロケットA(20)・スプロケットB(21)を平行に取り付けてスプロケットA(20)とドリブンスプロケットをドライブチェーンで繋ぐ。また、スプロケットB(21)とオートバイエンジン側スプロケットをドライブチェーンで繋ぎ動力を伝達させ、軌道変更ギアとする。
【0009】
スイングアーム(22)は同一規格の部品を汎用することでホイールベースの同一化を図る。
【考案の効果】
【0010】
走行時・制動時・旋回時等にかかる応力は前輪二輪の三輪オートバイ用一体型フレームにかかるので、オートバイ側に補強する必要がない。
また、本考案のフレームを使用した場合、いかなる車両で製作した場合でも前輪部・後輪部とも一体型フレーム上の定位置にくるため、ホイールベースおよびトレッドが同一寸法となる。さらに、汎用性があるのでいかなる車両でも大幅な改造の必要なく製作が可能であり、また均一した強度と性能を保つことができる。

(57)【要約】

【課題】オートバイを使って前輪二輪の三輪オートバイを製作する一体型フレームを提供する。【解決手段】前後懸架・操縦・制動・走行装置一式およびドライブチェーン軌道変更ギアを装備したスイングアームジョイントと、スイングアームを装備する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):