(54)【考案の名称】ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社MNH

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、酒などの瓶に貼るラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、お酒の瓶には、周囲に商品名、製造販売社名、キャッチフレーズ等が印刷されたラベルが巻かれて貼られている。そして、そのラベルに窓穴部分を設け、その窓穴部分を覗くとラベルの裏面に印刷した写真等が透視出来る発明が開示されている。

【効果】

【0007】
本考案によれば、ラベルの印刷部分を含んだ所定の面が簡単に切り離せる。
【0008】
また、ラベルの印刷部分を含んだ所定の面には接着剤を施さず、更に他の接着面も少なくすれば、接着剤のコストを下げることが出来る。

(57)【要約】

【課題】のり付けの際にコストを下げ、簡単に剥せて名称の部分や写真のみをコレクション出来るラベルを提供する。【解決手段】ラベルの一部に抜き窓穴と、表面と裏面に印刷面と、裏面に接着面とを設け、透明容器に巻きつけると、抜き窓穴より裏面に施した印刷面が透視できるよう配置する。また、表面と裏面の印刷面を含む所定の面の周囲には、ミシン目による切り取り線又は切り取り線印刷が施す。そして、裏面に設けた接着面は、ミシン目による切り取り線又は切り取り線印刷よりも外側に施す。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):