(54)【考案の名称】模型部品分離治具及び模型用樹脂成形部品

(73)【実用新案権者】株式会社バンダイ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図7

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、模型部品分離治具及び模型用樹脂成形部品に関するものである。
【0002】
従来、プラスチックを材料にした模型部品を組み立てることで、自動車やロボット等の玩具を完成させるプラスチックモデル(以下、「プラモデル」(登録商標)という)が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
一般に、このプラモデルの模型部品は、模型部品と、枠部材(以下、「ランナー」という)と、該枠部材と該模型部品を接続している接続部材とを一体にして、板状の模型用樹脂成形部品(以下、「模型部品アッセンブリ板」という)として成形し、これが1枚または複数枚にまとめられてユーザに提供される。
【0004】
一方、ユーザ側では、プラモデルに付属の組立説明書の記載に従い、必要とする模型部品を、接続部材の部分において指で折り曲げて切り離し、あるいは、ニッパ等の工具を用いて模型部品アッセンブリ板から切り取って組立を行っている。また、プラモデルも複雑なものになると、多数個の模型部品を用いることが一般的であり、したがって模型部品を接続部材の部分で切り離すには、プラモデルを完成させる迄に相当回数の切り離し作業が必要になる。
【0005】

【効果】

【0020】
本考案の模型部品分離治具によれば、指に大きな力を加えなくても、この模型部品分離治具を用いて模型部品を接続部材から容易に切り離すことができる。したがって、指の疲れを低減できる。
【0021】
一方、本考案の模型用樹脂成形部品によれば、本考案の模型部品分離治具を使用して、模型部品を接続部材から容易に切り離すことができる。
【図面の簡単な説明】
【0022】
【図1】本考案の模型部品分離治具を示し、その斜視図である。
【図2】上面側より見た同上模型部品分離治具の平面図である。
【図3】図2のA−A線断面図である。
【図4】図2のB−B線断面図である。
【図5】同上模型部品分離治具で使用する模型用樹脂成形部品の一例を示す平面図である。
【図6】同上模型部品分離治具の使用例を説明する図で、(a)は模型部品分離治具をセットする途中の状態、(b)は模型部品分離治具をセットした状態を示している。
【図7】図5及び図6に示す模型用樹脂成形部品にセットした状態で示す同上模型部品分離治具の平面図である。
【図8】図7の状態で示す同上模型部品分離治具の側面図である。
【図9】本考案の模型用樹脂成形部品を示し、その平面図である。
【図10】図9に示す模型用樹脂成形部品に同上模型部品分離治具を使用したときの説明図で、(a)は模型部品分離治具をセットする途中の状態、(b)は模型部品分離治具をセットした状態を示している。
【図11】図9及び図10に示す模型用樹脂成形部品にセットした状態で示す同上模型部品分離治具の平面図である。
【図12】図11の状態で示す同上模型部品分離治具の側面図である。

【0023】
以下、図面を参照して本考案について詳細に説明する。
【0024】
(本考案の模型部品分離治具を使用可能な模型用樹脂成形部品の一例)
まず、本考案の模型部品分離治具で使用する模型部品アッセンブリ板100の一例について図5を使用して説明する。同図において、模型用樹脂成形部品としての模型部品アッセンブリ板100は、溶融樹脂材料が射出成型機から最初に流入する半円形のメインランナー101と、これに続くサブランナー102及び外周ランナー103と、サブランナー102または外周ランナー103からそれぞれ分岐する枝ランナー104と、模型部品105と、各枝ランナー104と模型部品105を接続している接続部材106と、が一体成形されることで、板状をした模型部品アッセンブリ板として形成されている。
【0025】
また、接続部材106と模型部品105との間には、模型部品105を接続部材106から切り離しやすくするために、接続部材106の他の部分よりも小さな外径にして(細く)形成されている保持部107が設けられている。そして、この模型部品アッセンブリ板100は、模型部品105を接続部材106に対して上下方向に押し上げると、保持部107の箇所が折損し、この折損により模型部品105を接続部材106から分離することができるようになっている。なお、この種の構造をした模型部品アッセンブリ板100は、従来から良く知られた模型部品アッセンブリ板である。
【0026】
(本考案に係る模型部品分離治具の一実施例)
次に、本考案に係る模型部品分離治具の一実施例について図1〜図4を使用して説明する。図1〜図4は本考案に係る模型部品分離治具を示し、図1はその斜視図、図2は上面側より見たその平面図、図3は図2のA−A線断面図、図4は図2のB−B線断面図である。また、以下の説明において、図2の上下方向上側を模型部品分離治具の一端側、下側を他端側とし、さらに左右方向を模型部品分離治具の左右、紙面に垂直な方向を模型部品分離治具の上下としてそれぞれ説明する。なお、各実施例における説明の全体を通して、同じ要素には同じ番号を付している。
【0027】
同図において、模型部品分離治具10は、樹脂性材料により形成されており、治具本体部11と、該治具本体部11の一端から外側に向かって平行に延設されている左右1対の爪部12,12と、該治具本体部11の他端から外側に向かって延設されている修正用ヘラ部13とを一体に有している。
【0028】
前記1対の爪部12,12は、図2に示すように、間に前記接続部材106の外径幅より若干大きな幅を有するスリット溝17を設けて、前記治具本体部11の一端から外側に向かって平行に延設されてフォーク状に形成されている。また、各爪部12,12は、図1及び図3に示すように、スリット溝17の奥側端である基部12bから爪先端部12aに向かって厚みが徐々に薄くなり、また、爪先端部12aに向かって斜め上方に若干傾斜して形成されている。
【0029】
なお、前記爪部12,12の基部12bから爪先端部12aまでの長さL(図2参照)は、図6(a)に示すように、スリット溝17内に前記接続部材106を差し込むようにして、治具本体部11を模型部品アッセンブリ板100に臨ませ、さらに該治具本体部11を前記模型部品105の表面(上面)105a側から他面(下面)105b側に向かって左右の爪部12,12を挿入した際、図6(b),図7,図8に示すように、各爪先端部12a,12aが模型部品105の他面105の一部に掛け止め係合できる長さに設定してある。
【0030】
前記修正用ヘラ部13は、治具本体部11の他端から先端側に向かって徐々に肉厚が薄くなるようにして、断面楔状に形成されている。この修正用ヘラ部13は、組立作業の途中に、模型部品105を間違えて組み付けたことに気が付いたようなときに、この修正用ヘラ部13を組み付けた模型部品の隙間に差し込むことで間違えた部品を取り外したり、あるいは修正したりするのに使用できる。
【0031】
また、模型部品分離治具10の爪部12の全周及び治具本体部11の左右両側には、これら爪部12の全周及び治具本体部11の左右両側を連続した状態で囲むようにして、補強用側壁14が一体に形成されている。この補強用側壁14は、模型部品分離治具10の上下面側にそれぞれ直角に突出しており、したがって治具本体部11と補強用側壁14との断面及び爪部12と補強用側壁14との断面は、図3及び図4に示すようにそれぞれ概略T字状をした断面として形成されている。なお、この補強用側壁14は、模型部品分離治具10の上下回転方向における強度を向上させる機能を有する。
【0032】
また、治具本体部11には、該治具本体部11の左右側面における一部11a,11aをそれぞれ内側に向けて凹ませるとともに該治具本体部11の他端側を左右方向に膨らませて、手で模型部品分離治具10を掴みやすくするためのグリップ15が設けられている。
【0033】
さらに、前記治具本体部11と前記爪部12,12の表面(上面)側には、補強用のリブ16が格子形状にして一体に形成されている。この補強用リブ16は、前記補強用側壁14と同様に、前記模型部品分離治具10の上下回転方向における強度を向上させる機能を有する。なお、この補強用リブ16は、裏面(下面)側に設けても、あるいは表裏両面に設けてもよい。
【0034】
次に、このように構成された模型部品分離治具10を使用して、図5に示した模型部品アッセンブリ板100から模型部品105を分離する動作を、図6乃至図8を使用して説明する。まず、図6(a)に示すように分離して取り外す模型部品105を保持している接続部材106にスリット溝17を対応させて、模型部品分離治具10を模型部品105の上側から模型部品アッセンブリ板100に臨ませる。また、さらに模型部品分離治具10を模型部品アッセンブリ板200に向けて差し込み、図6(b)及び図7,図8に示すように、爪部12,12の各爪先端部12a,12aを模型部品105の他面105b側に掛け止めする。
【0035】
次いで、治具本体部11の他端を押し下げると、接続部材106と当接している治具本体部11の箇所(本実施例では基部12bの裏面)を支点にして、治具本体部11が爪部12,12と共に回転し、このとき爪部12,12の爪先端部12a,12aが模型部品105の他面105bを一面105a側に押し上げる。この押し上げ力は、てこの作用により接続部材106と模型部品105との間に大きな力となって働き、模型部品105が接続部材106の保持部107から折損して容易に分離される。
【0036】
したがって、本考案の実施例に係る模型部品分離治具10を使用して模型部品105の分離作業を行うと、模型部品分離治具10を小さな力で回動操作しても、接続部材106の保持部107と模型部品105との間に大きな押し上げ力が加わり、模型部品105を接続部材106から容易に切り離すことができる。これにより、指の疲れを感じさせることなく作業を行うことができる。また、樹脂性材料により形成しているので、小型軽量化が可能になり、さらにコストも小さく、安価に提供することができる。
【0037】
(本考案に係る模型用樹脂成形部品の一実施例)
図9は、本考案に係る模型部品分離治具10を使用して、接続部材106から模型部品105を容易に切り離すのに適した本考案に係る模型部品アッセンブリ板の一実施例を示すものである。同図において、本実施例における模型部品アッセンブリ板200は、治具本体部11の裏面と対応している接続部材106の左右側面に、それぞれ該接続部材106から外側へ向かってほぼ直角に延設している枝部201,201を接続部材106と一体に形成して設けたもので、他の構成は図5〜図8に示した模型部品アッセンブリ板100と同じである。
【0038】
次に、前記模型部品分離治具10を使用して、この模型部品アッセンブリ板200から模型部品105を分離する動作を、図10乃至図12を使用して説明する。まず、図10(a)に示すように取り外す模型部品105を保持している接続部材106にスリット溝17を対応させて、模型部品105の上側から模型部品分離治具10を模型部品アッセンブリ板200に臨ませる。また、さらに模型部品分離治具10を模型部品アッセンブリ板200に向けて差し込み、図10(b)及び図11,図12に示すように、爪部12,12の各爪先端部12a,12aを模型部品105の他面105b側に掛け止めする。
【0039】
次いで、治具本体部11の他端を押し下げると、爪部12,12の裏面が接続部材106及びこの接続部材106に形成されている左右の枝部201,201とそれぞれ当接し、この接続部材106及び左右の枝部201,201と接触している治具本体部11の箇所を支点にして、治具本体部11が爪部12,12と共に回転し、このとき爪部12,12の爪先端部12a,12aが模型部品105の他面105bを一面105a側に押し上げる。この押し上げ力も、てこの作用により接続部材106と模型部品105との間に大きな力となって働き、模型部品105が接続部材106の保持部107から折損して容易に分離される。
【0040】
したがって、本考案の実施例に係る模型部品アッセンブリ板200のように、爪部12,12の裏面と対応し、接続部材106の左右側面に枝部201,201を一体に形成したものでは、模型部品分離治具10を使用して模型部品105を分離させるとき、爪部12,12が接続部材106の左右両側でそれぞれ模型部品105の下面に当接することができるので、この模型部品分離治具10における左右のぐらつきが無くなり、また、押し上げ力が上方向に向かって正確に付与されて、折損が容易に行われることになる。
【0041】
なお、本実施例における模型部品アッセンブリ板200では、接続部材106の左右両側に枝部201,201を設けているが、左右いずれか一方に枝部201,201を設けた構造にしてもよい。
【0042】
以上、本考案の好ましい実施例について詳述したが、本考案に係る模型部品分離治具及び模型部品アッセンブリ板は上述した実施例に限定されるものではなく、実用新案登録請求の範囲に記載された本考案の要旨の範囲内において、種々の変形、変化が可能である。
【0043】
10 模型部品分離治具
11 治具本体部
11a 左右側面の一部
12 爪部
12a 爪先端部
13 ヘラ部
14 補強用側壁
15 グリップ
16 リブ
17 スリット溝
L 爪部の長さ
100 模型部品アッセンブリ板(模型用樹脂成形部品)
101 メインランナー
102 サブランナー
103 外周ランナー
104 枝ランナー
105 模型部品
105a 表面
105b 他面
106 接続部材
107 保持部
200 模型部品アッセンブリ板(模型用樹脂成形部品)
201 枝部

(57)【要約】

【課題】指を疲れさせることなく模型部品をランナーから簡単に分離することができる模型部品分離治具を提供する。【解決手段】ランナーと、模型部品105と、該ランナーと該模型部品105を接続している接続部材106を一体に成形した模型用樹脂成形部品から模型部品105を分離する模型部品分離治具であって、治具本体部11と、接続部材105の外径幅より大きな幅を有して治具本体部11の一端から外側に向かって平行に延設された1対の爪部12,12とを有するとともに、該1対の爪部12,12の長さを該1対の爪部12,12が接続部材106を挟んで模型部品105の表面105a側から他面側に挿入された際に該爪部12,12の爪先端部12a,12aが模型部品105の他面側に掛け止め係合できる長さにしてなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):