(54)【考案の名称】色紙

(73)【実用新案権者】株式会社レイメイ藤井

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は色紙に係り、特に、両面が使用できる色紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、色紙は、一面のみが使用することができたことから、その一面にのみサインをしたり寄せ書きをしたりしていた。しかしながら、両面が使える色紙があれば便利である。
【0003】
また、従来より、文字等を書きやすくするために、破線等により構成されたタテヨコの罫を印刷した色紙はあったが、罫が見えることによって色紙としての見栄えが良くない、という不具合が存していた(特許文献1)。

【効果】

【0007】
請求項1記載の考案にあっては、両面が使用可能であって、一方面は文字を書く際に目安となる目印が印刷されると共に、他方面は白紙に形成されていることから、両面にサイン等を行うことができ、色紙を使う事情や相手等に応じて、白紙の面と目印が印刷されている面とを使い分けて使用することができるため非常に便利である。
白紙の面を使用した場合には、従来同様、やや公式な色彩のある色紙として使用することができる。また、目印が印刷されている面を使用した場合には、文字が書きやすく、見栄えが良い色紙として使用することができる。
【0008】
また、請求項2記載の考案にあっては、請求項1記載の考案に効果に加えて、一方面には上記多数の点が配置されていることから、例えば、タテヨコ方向に多数の罫が引かれている場合に比して、紙面がスッキリとしており、色紙としての良好な外観品質を確保することができる。

(57)【要約】

【課題】 両面にサイン等を行うことができると共に、文字、文章や絵が書きやすく、見栄えが良い色紙を提供する。【解決手段】 両面が使用可能であって、一方面は文字を書く際に目安となる目印が印刷されると共に、他方面は白紙に形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):