(54)【考案の名称】石畳組み接ぎ蝶番

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、バインダー、製本、箱の接合部に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
板同士で開閉部を作るためには、今まで金属製の蝶番を用いるしか方法がなかった。
無し
【特許物件】
無し
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
開閉部に金属製の蝶番を取り付けると、長年使用の場合緩みが生じガタツキがおきてしまう。開閉板自体を蝶番とすることで強度を増す構造。

【効果】

【0005】
金属蝶番がないため不安定でぎくしゃくした開閉感が無くなり、接合部分が石畳組み接ぎ構造なので強度が増す。
見た目も金属蝶番がないためスッキリした外観となる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の構造分解図である。
【図2】開閉部構造(折り畳み時)の外観図である。

【0007】
金属蝶番を使用した場合に起きるぐらつき、不安定感が無く、金属蝶番が表に出ないのでスッキリした外観になる。
また、この技術はバインダー、製本、箱の接合部に使用が出来る。
【0008】
板自体が蝶番になっているため耐久性に優れているので、長期使用が可能であり、重要な書類の保管に適している。
【0009】
接合部に隙間があるために通気性がある。
【0010】
開いた時に板部表紙が完全な1枚の板となるために、バインダーに使用した場合、表紙の戻りがなく、ノート・ファイルの取り替え作業がスムーズである。
【0011】
▲1▼ピアノ(鋼鉄)線
▲2▼背表紙板
▲3▼表紙板
▲4▼ミゾ
▲5▼フタ
▲6▼木製石畳組み接ぎ構造

(57)【要約】

【課題】バインダーをはじめ、本カバー、さらに箱などの蓋にも応用出来、長年使用でも緩みやガタツキが生じない、開閉板自体を蝶番として強度を増した開閉構造を提供する。【解決手段】接する両辺の板部自体を蝶番化するために、板を石畳組み接ぎに似た形に加工し、それぞれの板を組み合わせる。さらに板の中に鋼鉄の棒を埋め込み、その上から蓋をして金属の蝶番を使用せずに2枚の木材板自体を蝶番とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):