(54)【考案の名称】ハガキ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ハガキに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、年賀状、挨拶状またはお礼状などを送る際に、ハガキが使用されている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来の年賀ハガキは、裏面に挨拶文などが記入されると共に、絵柄が印刷されているものである。
【0004】
本考案は、この年賀ハガキに、より趣向を凝らしたものを提供せんとするものである。

【効果】

【0008】
本考案のハガキによれば、ハガキを受け取ったときに発信者からの通常の連絡内容を知り、しかも、シールを剥離することによって別の祝い言葉や、占い結果などのメッセージを見ることができ、さらに、シールを再貼着しておくことにより、通常の連絡内容とメッセージの両方を保存しておくことができるものである。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案のハガキの一実施例を示す図であり、ハガキ本体の裏面とシールとを示している。
【図2】図1のハガキ本体にシールを貼りつけている状態を示す図である。
【図3】本考案のハガキの他の例を示す図であり、ハガキ本体の裏面とシールとを示している。
【図4】図3のハガキ本体にシールを貼りつけている状態を示す図である。

【0010】
以下、本考案のハガキについて、図面に基づき詳細に説明する。
【0011】
図1は、本考案のハガキの一実施例を示す図であり、ハガキ本体の裏面とシールとを示している。
図2は、図1のハガキ本体にシールを貼り付けている状態を示す図である。
【0012】
本実施例のハガキは、ハガキ本体1と、これに剥離可能に貼着されるシール3とを備える。ハガキ本体1は、縦約15cm、横約10cmの長方形状のシート状とされ、紙により形成されている。
ハガキ本体1の表面には、送り先の住所や氏名などを記入することができる。
なお、ハガキ本体1の大きさや形状は、ハガキとして郵送できる範囲であれば適宜変更可能であり、材質も変更可能である。
【0013】
ハガキ本体1の裏面には、図柄が描かれている。
本実施例では、ハガキ本体1の裏面に、「迎春」の文字1a、矢1bが描かれると共に、矢1bに紐で結ばれた態様で貼着枠1cとなる五角形状の絵馬が印刷により描かれている。絵馬には、トラのマスコット1dが紐でぶら下げられた状態が描かれている。
このように本実施例のハガキ本体1の裏面には、正月を連想させる図柄が描かれており、本実施例のハガキは、年賀状用に使用される。
【0014】
ハガキ本体1の裏面に描かれた貼着枠1cの中には、比較的プライベートなお祝い言葉からなるメッセージが記入されている。そして、このハガキ本体1の裏面に描かれた図柄の一部を構成する貼着枠1cに、シール3が貼着される。
【0015】
シール3は、ハガキ本体1の裏面に描かれた貼着枠1cに対応して貼られ、本実施例ではハガキ本体1の裏面に描かれた図柄の一部を構成する絵馬に対応して貼りつけられる。
具体的には、シール3は、ハガキ本体1の裏面に描かれた貼着枠1cである絵馬に適合する形状とされている。
シール3の表面には、ハガキ本体1の裏面と同様に、トラのマスコットがぶら下がった状態が描かれている。また、シール3の表面には、通常の年始の挨拶文などが印刷されている。図示例では、「あけましておめでとうございます」の一文などが予め印刷されている。
シール3の裏面には、剥離可能であると共に再貼着可能な程度の弱粘着剤層が形成され、ハガキを受け取ったとき裏面の通常の挨拶文を読み、さらにシールを剥離してプライベートなメッセージを読んだ後、シールを再貼着して保管することができる。シール3の裏面には剥離紙9が付されている。
【0016】
裏面に図柄が描かれたハガキ本体1と、剥離紙9に付いたシール3とをセットで購入し、本実施例のハガキを使用する場合、差出人は、ハガキ本体1の表面に送り先の住所や氏名を記入する。そして、ハガキ本体1の裏面の貼着枠1cの内側にプライベートなメッセージを記入する。メッセージを記入した後、シール3に付けられた剥離紙9を取り去って、シール3をハガキ本体1の貼着枠内に向きを合わせて貼りつける。つまり、ハガキ本体1の裏面の絵馬1cの向きに合わせてシール3を貼りつける。
シール3を貼り付けた状態で、シール3はハガキ本体1の裏面の図柄の一部を構成する。つまり、本実施例では、シール3は、ハガキ裏面に描かれた絵馬を構成し、ハガキ本体1の裏面の図柄と調和する。
【0017】
本実施例のハガキを受け取った受取人は、まず、ハガキの裏面の通常の挨拶文を見た後、シール3を剥がしてハガキ本体1の貼着枠1c内に記入されたメッセージを見る。また、シール3は、再度ハガキ本体1の絵馬1c上に貼りつけることができ、シール3は、剥離が可能であると共に、再貼り付けが可能とされる。
【0018】
本実施例のハガキによれば、シール3により、比較的プライベートな内容のメッセージを隠して送ることができ、また趣向を凝らしたハガキを送ることができる。
また、本実施例では、ハガキ本体1に単にシール3を貼るのではなく、シール3は、ハガキ本体1に描かれた図柄の一部を構成する形状に形成されており、シール3の表面にハガキ本体1に描かれた図柄の一部を構成することにより通常の挨拶文章として違和感のないものとなる。
【0019】
次に、本考案のハガキの他の実施例について説明する。
【0020】
この実施例のハガキは、基本的構成は、上記実施例のハガキと同様の構成であり、以下においては異なる部分を中心に説明する。
【0021】
この例のハガキも年賀状用とされ、ハガキ本体11の裏面には、木の枝11aに複数のおみくじ11bが結ばれた様子が印刷により描かれている。また、木の枝11aに紐で結ばれた一つの長方形状の貼着枠11cがおみくじを拡大した態様で描かれている。本実施例では、おみくじの形をした貼着枠11cにシール13が貼着される。
【0022】
シール13は、第1の実施例と同様、ハガキ本体11の貼着枠11cに適合する形状とされている。
本実施例では、シール13は、ハガキ本体11の貼着枠11cであるおみくじと同じ形状で同じ大きさの長方形状とされ、表面には「おみくじ」の文字などが印刷されており、裏面には弱粘着剤層が形成されて剥離紙15上に仮貼着されている。
差出人は、ハガキ本体11の貼着枠11cの上側の枠内に大吉や、吉などの占い文字11dを記入し、下側の枠内にプライベートなメッセージを記入した後、シール13を貼着枠11cに貼りつけて送る。
本実施例によれば、通常の挨拶文に加えてシールを剥がすことによって一年を占う運勢を見ることができ、個性ある年賀状を提供できるものである。
【0023】
このように、本考案のハガキは、ハガキ本体の裏面に描かれた図柄の一部を構成するように貼着枠が形成され、この貼着枠の形状に適合するシールが形成されていると共に、シールが貼りつけられるハガキ本体の貼着枠にメッセージが記入されているので、シールを剥離する前に通常の挨拶文としての年賀状などとして見ることができ、シールを剥離することによってプライベートなメッセージを見ることができ、しかも、シールは剥離可能であると共に再貼着可能な弱粘着剤層でハガキ本体に貼着されているので、剥がして見たあと再貼着して保管しておくことができる。
【0024】
なお、本考案のハガキは、上記実施例の構成に限らず、適宜変更可能である。
たとえば、上記実施例では、ハガキが年賀状に使用される場合について説明したが、ハガキ裏面の図柄を変更して挨拶状やお礼状などにも適用可能である。なお、ハガキ本体の裏面に描かれる図柄を変更する場合、その中の貼着枠の形状に合わせてシールの形状を変更する。
【0025】
1 ハガキ本体
3 シール

(57)【要約】

【課題】趣向を凝らした年賀ハガキを提供する。【解決手段】ハガキ本体1と、これに剥離可能で、かつ、再貼着可能な弱粘着剤層によって貼着されるシール3とを備える。ハガキ本体1の裏面には、「迎春」の文字1a、矢1b、および矢1bに紐で結ばれた五角形状の絵馬の形をした貼着枠1cが描かれており、ハガキは、年賀状用に使用される。ハガキ本体1の裏面に描かれた貼着枠1cには、差出人のプライベートなメッセージが記入される。シール3は、貼着枠1cに適合する五角形状で、シール3の表面には、ハガキ本体1の図柄の一部を構成する年始の挨拶文などが印刷されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):