(54)【考案の名称】太陽追跡装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】晃益齒輪工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽追跡装置に係り、特に、複数セットの太陽追跡装置を同期に動作することができる太陽追跡装置(その2)に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
目下、石油および石炭などの資源がどんどん減少し、石油の価格が高騰し、環境保全の意識が強くなり、且つ政府が二酸化炭素削減との政策を出しており、ソーラーエネルギーが従来のエネルギーに取って代わる傾向が強くなっている。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
しかしながら、従来の太陽追跡装置は、その動作が別々に制御され、同期に動作することができず、且つその高さがより高いので、テラスに据え付けることができず、そして従来の太陽追跡装置は、支持構造が強固ではないので、強風(例えば台風など)に吹かれると損壊し易い問題があった。

【効果】

【0007】
本考案の太陽追跡装置によれば、次のような効果がある。
(1)複数セットの太陽追跡装置を同期に動作することができ、且つその高さが減少されるので、テラスに据え付けることができるようになる。
【0008】
(2)支持構造が強固になり、強風(例えば台風など)に吹かれても損壊し難い。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の一実施形態の太陽追跡システム(その2)の斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態の太陽追跡システム(その2)の背面図である。
【図3】本考案の一実施形態の太陽追跡システム(その2)の側面図である。
【図4】本考案の一実施形態の太陽追跡システム(その2)の一部の断面図である。
【図5】本考案に係る支持チューブ装置の所在位置での断面図である。
【図6】本考案の複数の太陽追跡装置が連結された状態の模式図である。

【0010】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0011】
本考案の一実施形態の太陽追跡装置(その2)は、ソーラーエネルギー収集装置10と、支持チューブ装置20と、固定装置30と、台座40と、を含む。
【0012】
前記ソーラーエネルギー収集装置10の、その底面の四つのコナーに近接する箇所には、ラグ台11がそれぞれ設けられる。
【0013】
前記支持チューブ装置20は、その上端が枢着台21を介して前記ソーラーエネルギー収集装置10の底面に枢着される。
【0014】
前記固定装置30は、前記支持チューブ装置20の周辺に四つのラグ台31が設けられ、前記四つのラグ台31と、前記ソーラーエネルギー収集装置10の底面の四つのコナーに近接する箇所にそれぞれ設けられたラグ台11とは、それぞれ連接ロッド32で互いに枢着し、前記ソーラーエネルギー収集装置10を予定の仰角角度に固定する。法規によれば、前記ソーラーエネルギー収集装置10の仰角角度は23.5度である。
【0015】
前記台座40は、その内部に前記支持チューブ装置20が組み付けられ、動力源50と、前記動力源50に伝動されて回転する伝動装置60と、が設けられ、前記伝動装置60は、ワームウォームギヤユニット61と、連動ロッド62と、を含み、前記ワームウォームギヤユニット61のウォームギヤ611が前記支持チューブ装置20に固定され、前記ワームウォームギヤユニット61のワーム612は、前記連動ロッド62に固定され、前記台座40から外部に突出する。
【0016】
前記動力源50は、直流モータでもいいし、交流モータでもいいし、デジタル制御モータでもよい。
【0017】
本考案の太陽追跡装置は、更に、ソーラーエネルギー蓄蔵変換装置を有し、前記ソーラーエネルギー蓄蔵変換装置により、ソーラーエネルギーが電力に変換されて前記動力源50に供給される。
【0018】
前記連動ロッド62は、垂直方向に連動してもいいし、横方向に連動してもよい。
【0019】
本考案の太陽追跡装置全体の高さは1.5メートルよりも低い。
【0020】
本考案の太陽追跡装置は、更に、前記ワームウォームギヤユニット61の回転を制御する光感応制御装置を含み、前記光感応制御装置により前記ソーラーエネルギー収集装置10が何時も太陽に向く。
【0021】
上記の構成によれば、前記ソーラーエネルギー収集装置10の仰角角度が一定であり、前記伝動装置60が前記動力源50に駆動されて前記支持チューブ装置20を駆動し、前記支持チューブ装置20に固定された前記ソーラーエネルギー収集装置10が360度に自在に角度を調整することができ、そうすると、前記ソーラーエネルギー収集装置10が何時も太陽に向く。
【0022】
図6を参照する。本考案の太陽追跡装置は複数セットあり、第1セットの太陽追跡装置1aには、動力源50と、連動ロッド62と、が設けられ、前記連動ロッド62は、垂直方向または横方向に別セットの太陽追跡装置1bを連動することができ、すなわち、複数セットの前記太陽追跡装置は、アレーのように配設されてもいいし、直線的に配設されてもいいし、幾何形状的に配設されてもよい。
【0023】
図3及び図5を参照する。前記支持チューブ装置20の内穴22の下端に近接する周面に溝221が設けられ、前記溝221に耐磨耗パッド23が収容され、前記耐磨耗パッド23の内径は前記内穴22の内径よりもやや小さく、これにより、前記耐磨耗パッド23が前記支持チューブ装置20の内部にある支持ロッドと接触し、前記支持チューブ装置20の下端の周面には、複数の軸方向剖開溝24が貫設され、前記支持チューブ装置20の前記複数の軸方向剖開溝24における周面に括りリング25が設けられ、前記括りリング25により前記支持チューブ装置20と前記複数の軸方向剖開溝24とが括られ、そうすると、前記支持チューブ装置20が揺れずに安定に動作することができる。
【産業上の利用可能性】
【0024】
本考案は、太陽追跡システムに適用することができる。
【0025】
1a 太陽追跡装置
1b 太陽追跡装置
10 ソーラーエネルギー収集装置
11 ラグ台
20 支持チューブ装置
21 枢着台
22 内穴
23 耐磨耗パッド
24 軸方向剖開溝
25 括りリング
30 固定装置
31 ラグ台
32 連接ロッド
40 台座
50 動力源
60 伝動装置
61 ワームウォームギヤユニット
62 連動ロッド
221 溝
611 ウォームギヤ
612 ワーム

(57)【要約】

【課題】複数セットの太陽追跡装置を同期に動作することができ、その高さが減少され、支持構造が強固になる太陽追跡装置を提供する。【解決手段】その底面の四つのコナーに近接する箇所には、ラグ台がそれぞれ設けられるソーラーエネルギー収集装置と、その上端が枢着台を介してソーラーエネルギー収集装置の底面に枢着される支持チューブ装置と、支持チューブ装置の周辺に四つのラグ台が設けられ、ソーラーエネルギー収集装置を予定の仰角角度に固定する固定装置と、その内部に支持チューブ装置が組み付けられ、動力源と、動力源に伝動されて回転する伝動装置と、が設けらる。伝動装置は、ワームウォームギヤユニットと、連動ロッドと、を含み、ワームウォームギヤユニットのウォームギヤが支持チューブ装置に固定され、ワームウォームギヤユニットのワームは、連動ロッドに固定され、外部に突出する台座と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):