(54)【考案の名称】太陽追跡装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】晃益齒輪工業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラーエネルギーパネルに係り、特に、太陽追跡装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ソーラーエネルギーが従来のエネルギーに取って代わる技術がどんどん進展しているが、従来の太陽追跡装置のソーラーエネルギーパネルを支持する箇所は一つだけであるので、ソーラーエネルギーパネルを安定に支持することができず、強風(例えば台風など)に吹かれると、ソーラーエネルギーパネルは支持コラムから脱落する可能性がある。また、ソーラーエネルギーパネルを支持する箇所が複数ある従来の太陽追跡装置は、傾斜が不足であるので、ソーラーエネルギーパネルの太陽を追跡する効果が良くない。そして従来の太陽追跡装置は、回転することができないので、ソーラーエネルギーを収集する効果が良くない。少数の従来の太陽追跡装置には、回転モータが組付けられるが、二つの回転モータを組付けることが必要であり、且つベースの内部に取付けられる回転モータの修理は困難であるので、保全コストが増加する。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
本考案の主な目的は、3点でソーラーエネルギー収集装置を定位するので、ソーラーエネルギーパネルを安定に支持することができ、ソーラーエネルギーパネルの傾斜可能な角度を増加することができ、且つソーラーエネルギーパネルの回転がウォームギヤ機構によるので、太陽を追跡する効果が大幅に向上し、保全コストを減少することができる太陽追跡装置を提供することにある。

【効果】

【0005】
本考案の太陽追跡装置によれば、3点でソーラーエネルギー収集装置を定位するので、ソーラーエネルギーパネルを安定的に支持することができ、ソーラーエネルギーパネルの傾斜可能な角度を増加することができ、且つソーラーエネルギーパネルの回転がウォームギヤ機構によるので、太陽を追跡する効果が大幅に向上し、保全コストを減少することができるという効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の一実施形態の太陽追跡装置の組合状態の斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態の太陽追跡装置の断面図である。
【図3】本考案の一実施形態の太陽追跡装置の一部の断面図である。
【図4】本考案の一実施形態の太陽追跡装置の一部の断面図である。
【図5】本考案の一実施形態の太陽追跡装置の一部の下方から見た斜視図である。
【図6】本考案に係る解放可能安全装置の断面図である。

【0007】
以下、本考案の実施の形態を図面に基づいて説明する。
【0008】
まず、図1から図6を参照する。本考案の一実施形態の太陽追跡装置は、ソーラーエネルギー収集装置10と、台座装置20と、枠ユニット30と、仰角調整装置40と、回転動力機構50と、昇降動力機構60と、を含む。
【0009】
前記ソーラーエネルギー収集装置10は、支持枠に多種類の寸法のソーラーエネルギーパネルを結合することができる。
【0010】
前記台座装置20は、その台座本体21には、支持チューブ22が立設され、前記支持チューブ22の内部には、回転チューブ23が設けられ、前記回転チューブ23の内部には、第1昇降回転チューブ24が設けられ、前記回転チューブ23の外部には、第2昇降回転チューブ25が設けられ、前記第1昇降回転チューブ24の周面には、キーベース241がその軸方向に沿って設けられ、前記回転チューブ23の内面には、前記キーベース241にアライメントするキーウェー231が設けられ、前記回転チューブ23の回転により前記第1昇降回転チューブ24が回転し、前記第2昇降回転チューブ25の上端には、プレートフォーム部26が固定され、前記第1昇降回転チューブ24の上端に近接する周面には、前記第2昇降回転チューブ25の上端と、前記プレートフォーム部26と、が固定される。
【0011】
前記枠ユニット30は、少なくとも一つのブッシュ31を含み、前記ブッシュ31は、前記第1昇降回転チューブ24の上端に締結され、その上面に矩形プレート32が設けられ、前記矩形プレート32の上面が矩形断面チューブ33の中段に固定され、前記矩形断面チューブ33の両端の底面には、傾斜支持ロッド34が設けられ、前記矩形断面チューブ33は前記傾斜支持ロッド34を介して前記ブッシュ31の周面と連接し、前記矩形断面チューブ33の両端には、二つの傾斜ラグ35がそれぞれ設けられ、前記傾斜ラグ35に設けられた枢着穴351により、前記矩形断面チューブ33の両端がそれぞれ枠36の中央に枢着される。前記枠36には、前記ソーラーエネルギーパネルと前記支持枠が固定される。
【0012】
前記仰角調整装置40は、前記プレートフォーム部26が前記枠ユニット30の枢着箇所から離れる方向に伸び、その伸び位置には、二つの魚眼ベアリング41と、傾斜支持部42と、が設けられ、前記傾斜支持部42は、一端が前記第2昇降回転チューブ25の周面に枢着され、その自由端が前記プレートフォーム部26の伸び位置に枢着され、前記二つの魚眼ベアリング41が伸縮ロッド43の中段に設けられたラグ431に枢着され、前記二つの魚眼ベアリング41により前記伸縮ロッド43の水平度を調整することができ、前記伸縮ロッド43の下端には、第1減速モータ44が設けられ、前記伸縮ロッド43の自由端が前記枠36の中段に枢着され前記枠36を押上げ、前記伸縮ロッド43により前記枠36を押上げ、又は引下げるときには、前記枠36が傾斜ラグ35に設けられた枢着穴351を中心として旋回し、これにより、前記ソーラーエネルギー収集装置10の仰角を調整することができる。
【0013】
前記回転動力機構50は、前記回転チューブ23の底部の穴に設けられた内ねじ232に締結される、円盤51と、第1ウォームギヤ52と、第2減速モータ55と、を含み、前記第1ウォームギヤ52の側面には、前記回転チューブ23の端部を挿入する凹部が設けられ、前記第1ウォームギヤ52の他側面には、複数のネジ521が螺着され、前記複数のネジ521が前記円盤51のねじ穴まで締め付けられることにより、前記第1ウォームギヤ52と前記円盤51と前記回転チューブ23が固定され、前記第1ウォームギヤ52はねじ軸61に嵌め設けられた第1スラスト軸受62に支持され、前記回転チューブ23の底部の周面には、外ねじ233が設けられ、前記回転チューブ23と前記台座本体21の間は、スリーブ53で仕切られ、前記外ねじ233には、円盤形状ナット54が螺着され、前記円盤形状ナット54により前記回転チューブ23と前記スリーブ53との位置を調整することができ、前記円盤形状ナット54には、更に、径方向半分剖開溝541と、前記円盤形状ナット54の軸方向に沿って前記径方向半分剖開溝541を貫通する貫通孔542と、が設けられ、前記貫通孔542の内面には、内ねじ543が設けられ、前記円盤形状ナット54を予定位置に調整したときには、ネジ544を、前記貫通孔542に挿入して、前記内ねじ543に締付け、これにより、前記円盤形状ナット54の螺旋が変形し、これらを固定することができ、第2減速モータ55はワームウォームギヤユニット56を介して前記第1ワーム57を伝動し、第1ワーム57が前記第1ウォームギヤ52と噛合う。
【0014】
前記昇降動力機構60は、ねじ軸61を含み、一組のスラスト軸受により、前記ねじ軸61が前記台座装置20と前記第1昇降回転チューブ24の内部とに固定され、前記第1昇降回転チューブ24の底部には、摺動具64が固定され、前記摺動具64の外径が前記回転チューブ23の内径とほぼ同じであるので、前記摺動具64は前記回転チューブ23にガイドされ安定して正確に昇降可能であり、前記摺動具64の中心には、前記ねじ軸61と螺合する内ねじ641が設けられ、前記ねじ軸61を回転するときには、前記摺動具64と前記第1昇降回転チューブ24とがキーベース241に規制され上下昇降し、これにより、前記ソーラーエネルギー収集装置10と前記第2昇降回転チューブ25とが共に昇降し、前記一組のスラスト軸受は、第1スラスト軸受62と、第2スラスト軸受63と、を含み、前記第1スラスト軸受62と第2スラスト軸受63の間には、第2ウォームギヤ65が設けられ、第3減速モータ66が解放可能安全装置67を伝動し、前記解放可能安全装置67のシャフト671には、前記第2ウォームギヤ65と噛合う第2ワーム672が設けられ、前記シャフト671は前記台座本体21の外部に突出し、これにより、緊急時または停電時に、スパナによって前記シャフト671を回転すると、手動で前記ソーラーエネルギー収集装置10を昇降することができる。
【0015】
前記解放可能安全装置67は、前記第3減速モータ66に第3ワーム661が設けられ、前記第3ワーム661は、前記シャフト671に嵌め設けられた第3ウォームギヤ673と噛合い、前記第3ウォームギヤ673の両側面には、複数の摩擦プレート674がそれぞれ設けられ、前記第2ワーム672から遠ざかった摩擦プレート674が皿バネ675に圧制され、前記シャフト671には、螺旋6711が設けられ、押付具676が前記皿バネ675を押付け、前記シャフト671には、ナット677が螺着され、前記ナット677により前記押付具676の前記皿バネ675に対する押付力を調整することができ、これにより、前記第3減速モータ66に駆動される前記第3ワーム661の前記第3ウォームギヤ673を伝動するトルクが大きすぎるときには、前記第3ウォームギヤ673が空回転になる。
【0016】
前記解放可能安全装置67は、前記仰角調整装置40と前記回転動力機構50と前記昇降動力機構60とに合せると、台風などの災害では、昇降速度を速くすることができ、昇降速度が均一になり、且つ前記ソーラーエネルギー収集装置10の四辺を同時に昇降することができる。
【0017】
前記第2昇降回転チューブ25の底部には、更に、制動装置70が設けられ、前記制動装置70は、前記第2昇降回転チューブ25の内部に設けられ耐磨耗性を有するパッド71を含み、前記第2昇降回転チューブ25の底部に近接する箇所には、前記底部まで剖開した剖開溝251が複数設けられ、前記第2昇降回転チューブ25の下端に近接する周面には、前記第2昇降回転チューブ25の下端を括る括りリング72が設けられ、これにより、前記剖開溝251と前記パッド71と前記括りリング72が前記制動装置70を構成し、前記制動装置70により前記第2昇降回転チューブ25の動作が安定する。
【産業上の利用可能性】
【0018】
本考案は、太陽追跡装置に適用することができる。
【0019】
10 ソーラーエネルギー収集装置
20 台座装置
21 台座本体
22 支持チューブ
23 回転チューブ
24 第1昇降回転チューブ
25 第2昇降回転チューブ
26 プレートフォーム部
30 枠ユニット
31 ブッシュ
32 矩形プレート
33 矩形断面チューブ
34 傾斜支持ロッド
35 傾斜ラグ
36 枠
40 仰角調整装置
41 魚眼ベアリング
42 傾斜支持部
43 伸縮ロッド
44 第1減速モータ
50 回転動力機構
51 円盤
52 第1ウォームギヤ
53 スリーブ
54 円盤形状ナット
55 第2減速モータ
56 ワームウォームギヤユニット
57 第1ワーム
60 昇降動力機構
61 ねじ軸
62 第1スラスト軸受
63 第2スラスト軸受
64 摺動具
65 第2ウォームギヤ
66 第3減速モータ
67 解放可能安全装置
70 制動装置
71 パッド
72 括りリング
231 キーウェー
232 内ねじ
233 外ねじ
241 キーベース
251 剖開溝
351 枢着穴
431 ラグ
521 ネジ
541 径方向半分剖開溝
542 貫通孔
543 内ねじ
544 ネジ
641 内ねじ
661 第3ワーム
671 シャフト
672 第2ワーム
673 第3ウォームギヤ
674 摩擦プレート
675 皿バネ
676 押付具
677 ナット
6711 螺旋

(57)【要約】

【課題】ソーラーエネルギーパネルの傾斜可能な角度が増加し、太陽を追跡する効果が大幅に向上する太陽追跡装置を提供する。【解決手段】ソーラーエネルギー収集装置10と、その台座本体21には、支持チューブが立設され、支持チューブの内部には、回転チューブが設けられる台座装置と、第1昇降回転チューブの上端に締結される枠ユニット30と、プレートフォーム部26が枠ユニットの枢着箇所から離れる方向に伸び、その伸び位置には、二つの魚眼ベアリング41と、傾斜支持部42と、が設けられる仰角調整装置40と、回転チューブの底部の穴に設けられた内ねじに締結される、円盤と、第1ウォームギヤと、第2減速モータと、を含む回転動力機構と、ねじ軸を含み、一組のスラスト軸受により、ねじ軸が台座装置と第1昇降回転チューブの内部とに固定される昇降動力機構と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):