(54)【考案の名称】ヘルメット用通信装置

(73)【実用新案権者】佳順電子股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はヘルメット用通信装置に関し、特にヘルメットの外部に組み立てて定位可能な通信装置で、無線方式によりポータブル通信装置を連接し、使用者のニーズに応じて拡充機能を増設することができ、オートバイ騎乗時の安全性を強化し、通信装置の機能性と実用性をも強化することができるヘルメット用通信装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話が発明されるまで、通信はすべて室内の固定電話により行われていた。しかし、室内の固定電話は固定された地点においてのみ通信が可能で、部屋の外にいる人と連絡を取ることはできなかった。テクノロジーの進歩により携帯電話が誕生し、日常の利便性は大幅に向上し、今では、無線信号が届く場所であれば、人はどこにいても、携帯電話で通信を行うことができる。
【0003】
携帯電話は人々に多大な利益をもたらしたが、同時にいくらかの問題も引き起こしている。例えば、オートバイ騎乗時に携帯電話を取り出して通話すれば、片手で携帯電話を持ち、片手で運転するということになってしまい、これでは、運転に専念できず、交通事故発生の可能性さえある。これを受けて、手で持たなくても携帯電話が使用でき、通話効果を達成できるハンズフリー装置が市販されている。このハンズフリー装置は、一般的には、簡単なイヤホーンとマイクにより構成されている。しかし、法の規定により、オートバイの騎乗者は、走行時に必ずヘルメットを着用しなければならないが、この種のハンズフリー設計では、ヘルメット着用時に、コードが脱落し易い。これでは、使用において不便で、しかもマイクはヘルメットの外に露出していることが多いため、通信の質が低いという問題もあった。
【0004】
上記問題を解決しようと、別種のハンズフリー通信装置が開発された。このタイプの通信装置では、脱落し易かったヘルメットの内側に装着するイヤホーンの問題を改善し、通信装置全体をヘルメットの外側に設置して固定し、通信装置からヘルメット内側へとマイクとイヤホーンを延伸して運転者の使用に供するものである。上記した通信装置は、装着問題の解決に成功したが、これは携帯電話の通話機能しか備えず、他のデジタル音楽の再生、GPS、或いはラジオ受信などの機能を備えない。物が溢れる現代、消費者を惹きつけるには、通信装置はより多くの機能を備えている必要があり、これにより使用の利便性が高く、他の装置を別に携帯する必要がないというメリットを提供することが求められる。本考案は、従来のヘルメット用通信装置の上記した欠点に鑑みてなされたものである。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案が解決しようとする課題は、無線方式によりポータブル通信装置に連接し、オートバイ騎乗者は、ポータブル通信装置を手で持つことなく通話が可能で、これにより運転時の安全性を拡大し、通信装置は拡充スロットを備えるため、使用者の必要に応じて他の特殊機能の拡充装置を増設可能で、通信装置の機能性と実用性を向上させることができるヘルメット用通信装置を提供することである。

【効果】

【0007】
本考案ヘルメット用通信装置は、通信ユニット内部に、ポータブル通信装置と無線連接する1組のブルートゥースモジュールを設置し、ブルートゥース無線伝送を通して、オートバイの運転中でも、ポータブル通信装置を手に取らずに通話を行うことができる。また、通信ユニットの外殻体内側面には、拡充スロットを設置するため、これに多機能モジュールを備える拡充ユニットを挿入接続して定位することができ、拡充ユニットと通信ユニットとの電気的に連接を通して、通信装置は他の特殊機能を備えることができる。さらに、通信ユニット内部には無線通信モジュールを設置するため、各自独立した通信装置は近距離での無線通信を行うことができ、使用の機能性と利便性を向上させることができる。加えて、本考案のヘルメット用通信装置は、オートバイのハンドルに設置する制御ユニット及び/或いは同乗者が装着する通信ユニットを、通信ユニットに対応させて使用することができる。こうして、運転者と同乗者は、通信ユニットとサブ通信ユニットをそれぞれ応用して、対話を行うことができ、騎乗者がヘルメットを被っているために、同乗者とはっきりと対話ができないという問題を減らすことができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案がポータブル通信装置を連結する様子を示す模式図である。
【図2】本考案が通信装置をヘルメットに設置する様子を示す模式図である。
【図3】本考案第一実施例の立体図である。
【図4】本考案通信ユニット連接構成部品第一実施例の模式図である。
【図5】本考案通信ユニット連接構成部品第二実施例の模式図である。
【図6】本考案通信ユニット連接構成部品第三実施例の模式図である。
【図7】本考案第二実施例の立体図である。
【図8】図7の分解図である。
【図9】本考案通信装置内部構造の模式図である。
【図10】本考案通信ユニットを制御ユニットに対応させて使用する様子を示す模式図である。
【図11】図10に示す通信装置内部構造の模式図である。
【図12】本考案通信ユニットをサブ通信ユニットに対応させて使用する様子を示す模式図である。
【図13】図12に示す通信装置内部構造の模式図である。
【図14】本考案通信ユニットをサブ通信ユニット及び制御ユニットに対応させて使用する様子を示す模式図である。
【図15】図14に示す通信装置内部構造の模式図である。
【図16】本考案において、各自独立した2個の通信装置の無線通信モジュールを通して対話する様子を示す模式図である。
【図17】図16に示す通信装置内部構造の模式図である。

【0009】
以下に図面を参照しながら本考案を実施するための最良の形態について詳細に説明する。
【0010】
図1、2に示すように、本考案ヘルメット用通信装置20は、無線伝送方式により、ポータブル通信装置10と連接し、通信を行い、しかも、ヘルメット11外部に固定して使用する。本考案のポータブル通信装置10は、ブルートゥース伝送機能を備えた携帯電話である。
【0011】
本考案ヘルメット用通信装置20は、通信ユニット21、固定ユニット22、音声受信スピーカーユニット23、拡充ユニット24により構成する。
【0012】
図3に示すように、本考案の第一実施例では、通信ユニット21は、第一殻体211、第二殻体212により構成する外殻体210を備える。外殻体210は、第一殻体211と第二殻体212との間に、1組の連接構成部品25を設置する。外殻体210の外側面には、複数のボタン213を設置する。第二殻体212は、第一殻体211と相対する内側に、拡充スロット26を設置する。固定ユニット22は、通信ユニット21の外側面に設置し、通信ユニットをヘルメット11の外側辺に設置して定位する。音声受信スピーカーユニット23は、通信ユニット21の内部に連接し、使用者が発する音声を受け取るマイク231と、ポータブル通信装置10の音声信号を再生するスピーカー232とを備える。音声受信スピーカーユニット23は、ヘルメット11内部に設置する。拡充ユニット24は、通信ユニット21の拡充スロット26内部に設置する。
【0013】
図4に示す連接構成部品25の第一実施例では、連接構成部品25は、第一殻体211片側に、垂直に開けることができる可動接続部251を設置する。第二殻体212の対応側辺には、可動接続部251に対応して設置する対応可動接続部252を備える。可動接続部251と対応可動接続部252との対応と可動接続により、第一殻体211と第二殻体212は、垂直に開けることができ、これにより、拡充スロット26は、通信ユニット21の開放面上に現れる。
【0014】
図5に示す連接構成部品25の第二実施例では、連接構成部品25は、第二殻体212内側面の両端に、細長い形状のスライド槽253をそれぞれ設置する。さらに、第一殻体211内側面の両端には、スライド槽253に対応して接続するスライドブロック(図示なし)をそれぞれ設置する。スライドブロックは、スライド槽253内部に係合して定位し、スライド槽253内部において限定的な水平移動を行う。これにより、第一殻体211と第二殻体212とは、スライド開放され、こうして拡充スロット26は、通信ユニット21の開放面上に現れる。
【0015】
図6に示す連接構成部品25の第三実施例では、連接構成部品25は、第一殻体211と第二殻体212とが隣接する内側面に、360度回転が可能な回転部品254を設置する。回転部品254の一端は、第二殻体212内部に固定し、回転部品254の反対端により、第一殻体211は水平に360度回転を行う。これにより、第一殻体211と第二殻体212とは、回転して開放し、こうして拡充スロット26は、通信ユニット21の開放面上に現れる。
【0016】
上記した実施例中において、拡充スロット26は、拡充ユニット24に対応して内凹槽261を設置する。内凹槽261内部には、拡充ユニット24の可動回転部品262を定位する。内凹槽261と可動回転部品262との一端には、ピボット263を設置して連接し、定位する。拡充ユニット24の一端は、拡充スロット26の連接部品241に対応し、外側表面には、表示スクリーン242を設置する。拡充ユニット24内部には、連接部品241及び表示スクリーン242と電気的に連接する拡充モジュール243を設置する。
【0017】
図7、8に示すように、本考案の第二実施例において、ヘルメット用通信装置20は同様に、通信ユニット21、固定ユニット22、音声受信スピーカーユニット23、拡充ユニット24により構成する。
【0018】
通信ユニット21は、第一殻体211を備え、第一殻体211外部の頂点面には、複数のボタン213と拡充スロット26を設置する。拡充スロット26内部には、収容設置空間264を備える。収容設置空間264内部には、挿入接続部品265を設置する。固定ユニット22は、通信ユニット21の外部底面に設置し、通信ユニット21を、ヘルメット11の外部側辺に設置して定位する。音声受信スピーカーユニット23は、通信ユニット21の内部に連接し、使用者が発する音声を受け取るマイク231と、ポータブル通信装置10の音声信号を再生するスピーカー232とを備える。音声受信スピーカーユニット23は、ヘルメット11内部に設置する。拡充ユニット24は、通信ユニット21の拡充スロット26内部に設置し、挿入接続部品と連接する。
【0019】
拡充ユニット24には、拡充スロット26の大きさに対応する組立て部品247を設置する。組立て部品247の頂点面には、表示スクリーン242を設置する。組立て部品247の下方には、拡充モジュール243を設置する。拡充モジュール243には、挿入接続部品265に対応して連接する連結部品248を設置する。これにより、拡充ユニット24は、組立て部品247と拡充スロット26の側壁により緊密に接合され、こうして、通信装置20全体は防水機能を備える。連結部品248と挿入接続部品265との連接を通して、通信ユニット21と拡充ユニット24とは電気的に連接し、これにより通信ユニット21は、拡充ユニット24を通じた拡充機能を提供することができる。
【0020】
図9に示すように、上記した実施例において、本考案の通信ユニット21内部には、マイクロプロセッサー214、ブルートゥースモジュール215、音声エンコード/デコードモジュール216、ボタンモジュール217、伝送モジュール218、電源モジュール219、無線通信モジュール220を備える。ブルートゥースモジュール215、音声エンコード/デコードモジュール216、ボタンモジュール217、伝送モジュール218、電源モジュール219、無線通信モジュール220はすべて、マイクロプロセッサー214と電気的に連接する。ブルートゥースモジュール215は、無線方式で、ポータブル通信装置10のブルートゥース伝送モジュールに連接する。音声エンコード/デコードモジュール216は、音声受信スピーカーユニット23内部のマイク231とスピーカー232に連接し、音声信号をエンコードして伝送し、デコードして再生する。ボタンモジュール217は、複数のボタン213に対応して連接する。伝送モジュール218は、拡充モジュール243を、マイクロプロセッサー214に電気的に連接させ、通信ユニット21に、特殊機能を備えさせる。伝送モジュール218は、USB(Universal Serial Bus)インターフェースである。電源モジュール219は、内蔵式電池充電モジュールである。無線通信モジュール220は、近距離で所定の周波数の無線電波を受信及び伝送し、これにより通話を行うことができる。
【0021】
上記した実施例において、本考案の拡充ユニット24内部の拡充モジュール243は、GPS(Global positioning system)モジュール244、デジタル音楽再生(MP3)モジュール245、FM(Frequency Modulation)モジュール246を備える。GPSモジュール244は、音声方式でナビゲーション作業を行う。デジタル音楽再生モジュール245は、内蔵するデジタル音楽を、通信ユニット21へと伝送して再生することができる。FMモジュール246は、通信ユニット21のボタン213とボタンモジュール217との対応を通して周波数調整を行う。別種の実施例では、拡充モジュール243はさらに、AMモジュール(図示なし)を備えることができる。
【0022】
上記した実施例において、拡充モジュール243には、異なる機能の3個のモジュールを設置するが、これらは説明の便のために、例として挙げるまでで、これに限定するものではない。また、拡充モジュール243は、1個のモジュールのみを設置し、或いは複数のモジュールを結合させて設置することもできる。よって、上記した拡充モジュール243は、運転者のニーズに応じた理想の状態の拡充機能を備えるモジュールを設置することができる。
【0023】
上記した実施例において、固定ユニット22は、通信ユニット21に一体成型するが、これらは説明の便のために、例として挙げるまでで、これに限定するものではない。固定ユニット22は、取り外し式の可動固定構造(図示なし)とすることもでき、これにより、騎乗していない時には、固定ユニット22を取り外して収納することができる。こうして、通信装置20は、多機能のメディア再生装置として使用され、通信装置20の利便性と実用性を拡大することができる。
【0024】
図10に示すように、本考案通信装置20には、通信ユニット21の無線連接に対応する制御ユニット27を設置することができる。制御ユニット27は、運転者がボタンを押すのに便利なオートバイのハンドルに設置する。これにより、オートバイに騎乗中に、手をハンドルから離して、状態の設定、切り換え操作、ポータブル通信装置10の受信などの操作を行う必要がなくなる。
【0025】
図11に示すように、制御ユニット27には、制御パネル270を設置する。制御パネル270外側には、複数のボタン271、表示スクリーン272を設置する。制御パネル270内部には、マイクロプロセッサー273、マイクロプロセッサー273と電気的に連接するブルートゥースモジュール274、マイクロプロセッサー273と電気的に連接する電源モジュール275、マイクロプロセッサー273と電気的に連接する表示モジュール276、マイクロプロセッサー273と電気的に連接するボタンモジュール277を備える。
【0026】
制御ユニットのブルートゥースモジュール274は、無線方式で、通信ユニット21のブルートゥースモジュール215に連接する。ボタンモジュール277は、ボタン271を通して、通信ユニット21の状態の設定、切り換え操作、音声の受信などを制御する。表示モジュール276は、表示スクリーン272を通して、通信ユニット21の使用状態を表示する。電源モジュール275は、内蔵式の電池充電モジュールである。
【0027】
図示の実施例において、制御ユニット27には、制御パネル270に連接する固定部品278を設置し、固定部品278とオートバイのハンドル12とを固定する。別種の実施例においては、制御ユニット27は、オートバイのハンドル12内部に一体成型とすることができ、これにより、制御パネル270をオートバイのハンドル12外側に設置する(図示なし)。
【0028】
図12に示すように、本考案の通信装置20には別に、通信ユニット21と相互に無線連接するサブ通信ユニット28を設置する。サブ通信ユニット28は、同乗者の適当な位置に装着し、通信ユニット21に対応して、運転者と対話することができる。
【0029】
図13に示すように、サブ通信ユニット28内部には、マイク281、スピーカー282、マイクロプロセッサー283、ブルートゥースモジュール284、電源モジュール285、音声エンコード/デコードモジュール286を備え、マイクロプロセッサー283に電気的に連接する。マイク281とスピーカー282は、音声エンコード/デコードモジュール286に電気的に連接する。
【0030】
サブ通信ユニット28のブルートゥースモジュール284は、無線方式で、通信ユニット21のブルートゥースモジュール215と連接する。電源モジュール285は、内蔵式の電池充電モジュールである。音声エンコード/デコードモジュール286は、音声信号を、エンコードして伝送し、デコードして再生する。同乗者は、サブ通信ユニット28のブルートゥースモジュール284を通して、運転者の通信ユニット21と対話を行うことができるため、騎乗者がヘルメット11を被っているために、同乗者とはっきりと対話ができないという問題を減らすことができる。
【0031】
図14、15に示すように、本考案ヘルメット用通信装置20は、サブ通信ユニット28と制御ユニット27とを、通信ユニット21に無線連接し、同時に使用することができる。図14に示す実施例では、サブ通信ユニット28は、同乗者のヘルメット11内部に設置して使用する。
【0032】
図16、17に示すように、本考案ヘルメット用通信装置20は、2台以上の独立した通信装置20により、通信を行うことができる。この通信方式では、通信ユニット21内部の無線通信モジュール220により、短距離の無線信号の伝送を行う。これにより、予め設定した周波数を通して、数人の騎乗者のグループ内で、オートバイを運転しながら直接連絡を取り合うことができ、ポータブル通信装置10を使用して、電話の発信を行う必要がなくなる。こうして本考案ヘルメット用通信装置20の機能性と実用性はさらに向上する。
【0033】
本考案ヘルメット用通信装置は、通信ユニット内部に、ポータブル通信装置と無線連接する1組のブルートゥースモジュールを設置し、ブルートゥース無線伝送を通して、オートバイの運転中でも、ポータブル通信装置を手に取らずに通話を行うことができる。また、通信ユニットの外殻体内側面には、拡充スロットを設置するため、これに多機能モジュールを備える拡充ユニットを挿入接続して定位することができ、拡充ユニットと通信ユニットとの電気的に連接を通して、通信装置は他の特殊機能を備えることができる。さらに、通信ユニット内部には無線通信モジュールを設置するため、各自独立した通信装置は近距離での無線通信を行うことができ、使用の機能性と利便性を向上させることができる。
【0034】
加えて、本考案のヘルメット用通信装置は、オートバイのハンドルに設置する制御ユニット及び/或いは同乗者が装着する通信ユニットを、通信ユニットに対応させて使用することができる。こうして、運転者と同乗者は、通信ユニットとサブ通信ユニットをそれぞれ応用して、対話を行うことができ、騎乗者がヘルメットを被っているために、同乗者とはっきりと対話ができないという問題を減らすことができる。
【0035】
上記の本考案名称と内容は、本考案技術内容の説明に用いたのみで、本考案を限定するものではない。本考案の精神に基づく等価応用或いは部品(構造)の転換、置換、数量の増減はすべて、本考案の保護範囲に含むものとする。
【産業上の利用可能性】
【0036】
本考案は実用新案の要件である新規性を備え、従来の同類製品に比べ十分な進歩を有し、実用性が高く、社会のニーズに合致しており、産業上の利用価値は非常に大きい。
【0037】
10 ポータブル通信装置
11 ヘルメット
12 ハンドル
20 通信装置
21 通信ユニット
210 外殻体
211 第一殻体
212 第二殻体
213 ボタン
214 マイクロプロセッサー
215 ブルートゥースモジュール
216 音声エンコード/デコードモジュール
217 ボタンモジュール
218 伝送モジュール
219 電源モジュール
220 無線通信モジュール
22 固定ユニット
23 音声受信スピーカーユニット
231 マイク
232 スピーカー
24 拡充ユニット
241 連接部品
242 表示スクリーン
243 拡充モジュール
244 GPSモジュール
245 デジタル音楽再生モジュール
246 FMモジュール
247 組立て部品
248 連結部品
25 連接構成部品
251 可動接続部
252 対応可動接続部
253 スライド槽
254 回転部品
26 拡充スロット
261 内凹槽
262 可動回転部品
263 ピボット
264 収容設置空間
265 挿入接続部品
27 制御ユニット
270 制御パネル
271 ボタン
272 表示スクリーン
273 マイクロプロセッサー
274 ブルートゥースモジュール
275 電源モジュール
276 表示モジュール
277 ボタンモジュール
278 固定部品
28 サブ通信ユニット
281 マイク
282 スピーカー
283 マイクロプロセッサー
284 ブルートゥースモジュール
285 電源モジュール
286 音声エンコード/デコードモジュール

(57)【要約】

【課題】通信装置の機能性と実用性を向上させることができるヘルメット用通信装置を提供する。【解決手段】ヘルメット用通信装置は、無線方式でポータブル通信装置に連接し、外部に複数のボタン213を設置する外殻体210を設置する通信ユニット21、通信ユニット21の外側面に設置し、これにより通信ユニット21をヘルメットの外部に設置する固定ユニット22、通信ユニット21内部の音声エンコード/デコードモジュールに連接し、マイクとスピーカーを備え、ヘルメット内部に設置する音声受信スピーカーユニット23、通信ユニット21の拡充スロット26に設置する拡充ユニット24を備え、外殻体210には拡充スロット26を設置し、こうして無線方式によりポータブル通信装置に連接し、オートバイ騎乗者の運転時の安全性を拡大し、通信装置は拡充スロット26を備えるため、使用者の必要に応じて拡充機能を増設可能である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):