(54)【考案の名称】携帯電話の表示画面において表示画面の汚れを防止し、視認性を保持するためのカバー。

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は携帯電話の表示画面の汚れを防止し、かつ視認性を保持するカバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
携帯電話の表示画面は会話する際に耳に押し付けられるために必ず液晶画面が顔の油や化粧粉等で汚れてしまう。この汚れは視認性の低下に加え不快感を起こさせる。そのためハンカチや携帯ストラップに付属させたクリーナー等で拭いて汚れを除去している現状がある。また、同類の商品に窃視防止フィルターなどがあるが汚れそのものを防止する機能はない上、シート全面を密着させるので交換に容易ではない。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
現在利用されているハンカチやクリーナー等による拭き取りは汚れを移動させるだけのもので、汚れたハンカチやクリーナーを使用すればかえって画面を汚すことになる。
そこで、本考案は汚れそのものを画面に付着させない汚れ防止のための使い捨てカバーを提供するものである。

【効果】

【0005】
透明プラスチックシート製のカバーは貼付けたままでも視認性は高いのでそのまま使用する。一方、紙製のものはカバー自体をめくることで画面を表示する。いずれのカバーも汚れたら容易に交換が可能なディスポーザブルタイプで、画面を常に清潔でクリアーな状態を保つ。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】カバーの平面図で、上部に接着部を示す。
【図2】斜視図で、(A)は携帯電話の表示画面にカバーを装着した状態を示し、(B)は表示画面からカバーをめくった状態を示す。

【0007】
以下、本考案を実施するための最良の形態を図面を参照して詳細に説明する。
【0008】
図1に示すようにカバーは矩形シート状の一辺に接着部を有し、その接着部は貼り剥がしが容易なものとする。
【0009】
カバーが紙製の場合において図2(A)は携帯電話の表示画面部にカバーを取付けた状態を示す。音声による会話はこの状態で行ない、画面の確認は図2(B)の示す通り、カバーをめくった状態で行なう。ただし、カバーが透明プラスチックシート製の場合においては図(A)に示す状態でも画面確認が可能である。
【産業上の利用可能性】
【0010】
本考案のカバーは簡単な装着で携帯電話の表示画面を清潔かつクリアーに保つため、携帯電話ユーザーに便利なものである。
【0011】
11カバー
12接着部
13携帯電話
14表示画面

(57)【要約】

【課題】携帯電話の表示画面の汚れを防止し、視認性を保持するカバーを提供する。【解決手段】カバーは透明プラスチックシート又は、吸湿吸脂性を持つ紙の一辺に、貼り剥がしが容易な接着部を持ったもので、容易に交換可能な使い捨てタイプであることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):