(54)【考案の名称】避難所用折り畳み式パーティション

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1A

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、折り畳み状態、展開状態、組立状態の3つの態様をとることが可能な避難所用折り畳み式パーティションに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
地震や火災等の災害時には、体育館、公民館等の公共の場所が避難所として使用される。被災民は、かかる避難所を一時的な居住空間として使用するが、プライバシー保護の観点から、他人との居住空間を仕切るためのパーティションが必要である。かかる先行技術として、例えば、下記特許文献に開示されるパーティションが公知である。
【0003】
特許文献1におけるパーティションは、建造物内の空間内に位置して空間を仕切る自立式フレキシブルパーティションであり、多数の壁面部がアコーディオン状に折り畳み可能に構成されている。
【0004】
特許文献2におけるパーティション(間仕切り構造)も同様にアコーディオン状に折り畳み可能に構成されており、さらに、各壁面部を貫通する棚体が設けられている。
【0005】

(57)【要約】

【課題】簡易的に組み立てることが可能であり、かつ、各避難民の居住空間を固定されたものにすることができる避難所用折り畳み式パーティションを提供する。【解決手段】折り畳み状態、展開状態、組立状態の3態様をとることが可能なパーティションであって、組立状態において、床面部1と、これを取り囲むように配置される複数の壁面部2と、壁面部2で囲まれる空間を避難用の居住空間とし、壁面部2の一部に扉2aが形成され、床面部1と壁面部2の間の境界ライン、壁面部2と壁面部2の間の境界ラインは、予め連結された第1ラインか、予め連結されない第2ラインかのいずれかに設定され、折り畳み状態とするに際しては、第1ラインで折り畳むことで、扁平な直方体状に折り畳むことでき、折り畳み状態から展開して、床面部1に対して壁面部2を垂直に設定し、第2ラインを連結させることで、完成された組立状態とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):