(54)【考案の名称】可動庇

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池パネルなどの太陽エネルギー利用装置を取り付けるための可動庇に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、地球の温暖化を防止するための技術が様々な分野で提案されている。自然エネルギーを利用した発電装置もその一つであり、なかでも太陽電池パネルを用いた太陽光発電装置は、一般家庭や企業などにおいて広く普及しつつある。
【0003】
太陽光発電装置(太陽電池パネルという。)を一般家庭において設置する場合は、屋根に設置することが多い。しかしながら、太陽電池パネルを屋根に設置すると、太陽電池パネルの重量により、屋根に大きな荷重が加わる。また、太陽電池パネルを屋根に設置する際は、強風などに十分耐えうるようにボルトなどによって強固に固定する必要があるため、屋根の損傷にもつながるといった問題がある。
【0004】
そこで、建物の南側に空きスペースがある一戸建ての家屋においては、庇に太陽電池パネルを取り付けることも行われている。これによれば、建物の屋根に重量物を載せることなく太陽電池パネルを設置することができる。
【0005】
ところで、太陽電池パネルを屋根又は庇などに固定的に設置する場合、発電効率をより高めるために、太陽電池パネルを設置する場所の緯度に相当する傾斜角度かそれよりも小さい傾斜角度としておくのが好ましいとされる。例えば、北緯35度の地点であれば、水平面に対する傾斜角度を35度かそれよりも小さい傾斜角度とすることが好ましいとされている。
【0006】
しかしながら、太陽電池パネルの発電効率を高めるためには、太陽光を如何に効率よく太陽電池パネルに取り込むかが極めて重要となる。すなわち、同じ時刻であっても太陽の位置は季節によって大きく異なり、また、一日のうちでも時刻によって太陽の位置は異なる。このため、太陽電池パネルが固定的に設置されている場合には、季節及び時刻によって発電効率に大きな開きが生じるといった問題がある。
【0007】
このような課題を解決するために、太陽電池パネルの傾斜角度を所定範囲で変化させることができるようにした技術がある(例えば、特許文献1参照。)。
【0008】
特許文献1に開示された技術(従来技術という。)は、太陽電池パネルを取り付けた庇が建物の外壁に設けられた軸を中心に上下方向に回動可能となっていて、軸を中心に庇を所定角度だけ上下方向に回動させることによって、太陽電池パネルの傾斜角度を可変するというものである。
【0009】

(57)【要約】

【課題】太陽の位置に応じて太陽エネルギー利用装置の傾斜角度を変化可能として、太陽エネルギーの利用効率をより高めることができ、しかも、夏は陽射しをより多く遮り、冬は陽射しをより多く室内に取り込むといった庇の本来の機能を有する可動庇を提供する。【解決手段】太陽エネルギー利用装置(太陽電池パネル300)を取付けたフレーム200と、フレーム200の傾斜角度を変化させる傾斜角度可変装置400とを有し、傾斜角度可変装置400は、フレーム200の傾斜角度を水平面に対して大きくする際には、フレーム200の後端辺を上方向に移動させながらフレーム200の先端辺を外壁120に近づける方向に移動させ、フレーム200の傾斜角度を水平面に対して小さくする際には、フレーム200の後端辺を下方向に移動させながらフレームの先端辺を外壁120から遠ざける方向に移動させるようにフレーム200を駆動する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):