(54)【考案の名称】ダイレクトメール用の糊付け折り加工した用紙

(73)【実用新案権者】株式会社アート・ワタナベ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、いわゆるダイレクトメールとして知られている郵便物による商品案内システムに利用される封書形式のダイレクトメール用の糊付け折り加工した用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
大量に送付されているダイレクトメール封筒の中から、他の封筒と差別化を図り、受取人に対してダイレクトメール封筒の開封を促進させることができるようにするため、ある大きさの1枚ものの用紙にあて名スペース以外の両面に広告内容を印刷した広告印刷物を、折込点線に沿って折り込と差し込みにより、簡易な矩形封筒を形成するダイレクトメール用の用紙が知られている(特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0006】
このように本考案は、大きなサイズのパンフレットがそのままダイレクトメールにすることができるので、封筒と封入作業が不要となり、ダイレクトメール作成時の大幅なコストダウンを図ることができる。また、サイズもいろいろと選択できるとともに、のり付けがある程度は任意の箇所にできるので曲線的なのり付けが可能であり、四角形以外の用紙への対応もできる。
【0007】
これによって、定型サイズでポストに入っている他の郵便物よりもインパクトのあるダイレクトメールを作成することができる。めくっていくと2倍、3倍、4倍といったように紙面が次々と展開していき、豊富な情報量を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】 本考案のダイレクトメール用の用紙を開いた状態を示す平面図である。
【図2】 本考案のダイレクトメール用の用紙を閉じた状態を示す平面図である。

【0009】
1つあるいは複数の折り加工を有するダイレクトメール用の用紙の任意の箇所に水溶性剥離のりで小さなドット形状でのり付け加工することによって、大きなサイズのパンフレットがそのままダイレクトメールにすることができる。また、サイズもいろいろと選択できるとともに封筒と封入作業が不要となるのでダイレクトメール作成時の大幅なコストダウンを図ることができる。
【0010】
以下、添付図面にしたがって本考案の一実施例を説明する。図1、図2において、1はダイレクトメール用の用紙で、折り目2を有している。この折り目2はダイレクトメールの内容、デザイン等のよって任意の箇所に設けられている。本実施例では折り目が1つのものを示しているが、情報量に応じて2つ以上の折り目を設けることができる。3は用紙1に設けられた窓であり、切り抜き加工してある。4は小さなドット形状で付着させた水溶性剥離のりである。この小さなドット形状の水溶性剥離のり4は、パラフィンを主成分とする透明なものである。そしてこの水溶性剥離のり4は、ダイレクトメールとして折り目3から2つ折りにして封書を作成する場合に、その必要箇所に付着させる。ここで窓3は任意のものであっても良いし、無くてもかまわない。
【0011】
本考案の一実施例は上記のような構成からなるものであるので、大きなサイズのパンフレットがそのままダイレクトメールにすることができる。また、サイズもいろいろと選択できるとともに封筒に封入作業が不要となるのでダイレクトメール作成時の大幅なコストダウンを図ることができる。
【0012】
これによって、定型サイズでポストに入っていた他の郵便物よりもインパクトのあるダイレクトメールを作成することができる。めくっていくと2倍、3倍、4倍といったように紙面が次々と展開していき、豊富な情報量を提供できる。
【0013】
1 ダイレクトメール用の用紙
2 折り目
3 窓
4 水溶性剥離のり

(57)【要約】

【課題】複雑な折り込み、差し込みといった複雑な作業工程をはぶいて簡単な折り目加工と水溶性剥離のりでダイレクトメールを作成する用紙を提供する。【解決手段】1つあるいは複数の折り目加工を有するダイレクトメール用の用紙の任意の箇所、つまりダイレクトメールとしてのり付けする箇所のパラフインを主成分とする透明の水溶性剥離のりで小さなドット形状でのり付けすることにより上記課題を解決している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):