(54)【考案の名称】ソーラーパネル付キャノピー

(73)【実用新案権者】ヒロテツ工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主に、キャノピーの屋根にソーラーパネルを付設してなることを特徴とするソーラーパネル付キャノピーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術として同様なものはないが、例えば給油所の防火塀に、ソーラーパネルを取り付ける。このソーラーパネルは、防火塀に植設された支柱に回動自在に取り付けられ、ストッパー杆により回動位置で保持されるものがある。(特許文献1参照)
【特許文献1】 特開平9−132123号 公報

【考案が解決しようとする課題】
【0004】
上記従来の技術は、給油所における防火塀にソーラーパネルを設けたもので、キャノピーにおける屋根の機能を有するものではない。
よって、本考案はキャノピーの屋根を利用し、ソーラーパネルを取り付け、作動具を使用し、夏場や冬場の角度を変更できると共に、掃除が楽に行え、かつ、台風時等において下方に移動させることにより破損等を防止するソーラーパネル付キャノピーを提供するものである。

【効果】

【0006】
1)、キャノピーにおけるソーラーパネルを設けた屋根本体を作動具により上下可動可能に設けることにより、夏場や冬場の太陽の角度に合わせて効率よく位置設定でき、ソーラーパネルの表面の汚れを掃除する場合も便利であり、かつ、台風等、風が強い日等は屋根本体(ソーラーパネル)を下方に移動させることができ、破損を防止することができる。
2)、作業具のハンドルを回転させるだけで、屋根本体を上下動させることができ、誰でも簡単に作業を行うことができる。
3)、ワイヤーの先端を屋根本体に固設させることにより、屋根の自重より下方に移動させることができ、楽である。
4)、特に第2実施例のソーラーパネルは第1実施例のソーラーパネルより大きく形成できる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の第1実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの正面図。
【図2】本考案の第1実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの側面図。
【図3】本考案の第1実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの平面図。
【図4】本考案の第1実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの使用例1の正面図。
【図4】本考案の第1実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの使用例1の正面図。
【図5】本考案の第1実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの使用例2の正面図。
【図6】本考案の第2実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの正面図。
【図7】本考案の第2実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの側面図。
【図8】本考案の第2実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの平面図。
【図9】本考案の第2実施例を示すソーラーパネル付キャノピーの使用例の正面図。

【0008】
1は、ソーラーパネル付キャノピーである。
2は、方形状の基板2aに、正面椅子型の柱枠2bを2本立設してなる柱枠本体である。
3は、上記柱枠本体2の柱枠2b・2b間に設けてなる屋根本体で、上下動可能に作動すべく後部にピンPにて軸止すると共に、上面にソーラーパネル4を設けてある。
5は、作動具で、滑車5aとワイヤー5bとハンドル5cにより構成され、滑車5aは柱枠2bの頂部に設け、ワイヤー5bの先端を屋根本体3の先端に固設すると共に、後端を柱枠2bの前下部に設けたハンドル5cに巻きつけてなる。
なお、柱枠本体2の上面・側面・背面にはシートSTで雨よけしている。
【0009】
上記ソーラーパネル付キャノピー1の使用例について説明する。
このソーラーパネル付キャノピー1は、例えば、ガソリンスタンド内の敷地Sの所要位置に設置する。つぎに、その季節に合わせた効率のよい太陽の位置に合わせるべく、ハンドル5cを回転させることにより、ワイヤー5bが滑車5aを介して作動し、屋根本体3(ソーラーパネル4)を上下動させて調整できるものである。
なお、基板2a上には、給油機Kやその他必要な設備(消火器収納箱、電気自動車用充電機等)を設けるものである。
【0010】
また、ソーラーパネル4に汚れが付着し、発電効率が悪いと思われたら、ハンドル5cを回転させることにより下方にソーラーパネル4を移動させ、作業者SGがタオルT等で汚れを取り除くことができるものである。
なお、台風時等においてもソーラーパネル4を下げ保護するものである。
【0011】
つぎに、第2実施例のソーラーパネル付キャノピーについて説明する。
21は、ソーラーパネル付キャノピーである。
22は、方形状の基板22aに、門型の柱枠22bを2本立設してなる柱枠本体である。
23は、上記柱枠本体22の柱枠22b・22b間に設けてなる屋根本体で、上下動可能に作動すべく中央寄りにピンP1にて軸止すると共に、上面にソーラーパネル24を設けてある。
25は、上記作動具5と同様に、滑車25aとワイヤー25bとハンドル25cとから構成され、ワイヤー25bの先端を屋根本体23の後端に固設すると共に、後端を柱枠22bの後下部に設けたハンドル25cに巻き付け、柱枠22bの後頂部に設け滑車25aを介して作動する作動具25である。
なお、柱枠本体22の上面・側面・背面にはシートST1で雨よけしている。
【0012】
上記ソーラーパネル付キャノピー21の使用例について説明する。
ハンドル25cを回転させることにより、ワイヤー25bが滑車25aを介して屋根本体23(ソーラーパネル24)を、ピンP1を軸に前方へ移動し倒すことにより、作業者SG1がモップM等を使用し、ソーラーパネル24の汚れを落とすことができるものである。
【0013】
なお、上記各実施例において、ソーラーパネルで発電した電気の使用用途としては、例えば防犯カメラやライト等、特に限定することなく使用するものである。
また、各部位の大きさ等においても必要に応じて決めればよい。
【0013】
1−−−ソーラーパネル付キャノピー
2−−−柱枠本体
2a−−基板
2b−−柱枠
3−−−屋根本体
4−−−ソーラーパネル
5−−−作動具
5a−−滑車
5b−−ワイヤー
5c−−ハンドル
21−−ソーラーパネル付キャノピー
22−−柱枠本体
22a−基板
22b−柱枠
23−−屋根本体
24−−ソーラーパネル
25a−滑車
25b−ワイヤー
25c−ハンドル
K−−−給油機
M−−−モップ
P−−−ピン
P1−−ピン
S−−−敷地
SG−−作業者
SG1−作業者
ST−−シート
ST1−シート
T−−−タオル

(57)【要約】

【課題】キャノピーの屋根を利用し、ソーラーパネルを取り付け、掃除が楽に行え、かつ、台風時等において下方に移動させることにより破損等を防止するソーラーパネル付キャノピーを提供する。【解決手段】柱枠本体の上部に設ける上下動可能な屋根本体に、ソーラーパネルを設けてなるソーラーパネル付きキャノピーであって、屋根本体を柱枠本体に対して軸止してなり、作動具にて屋根本体を上下動させてなることを特徴とするソーラーパネル付きキャノピー。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):