(54)【考案の名称】包装用袋

(51)【国際特許分類】

B65D 33/12 ・・紐状体の取手

(73)【実用新案権者】株式会社フジイ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば花束等の被収用物を収用して運搬する際に使用する包装用袋に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種の包装用袋としては、合成樹脂フィルムを折畳んで形成した袋状の袋本体と、この袋本体の上方に一体に設けられた一対の持ち手部としての一対の取手とから形成され、前端部、後端部および後端部と取手とを結ぶ上縁が封止され、下縁、前記後端部および前記上縁にて筒体が構成され、前記袋本体内に被収用物としての花を収用し、前記一対の取手を把持して運搬する構成のものが知られている(例えば、特許文献1参照。)。
【0003】
また、例えば合成樹脂や薄紙などにて筒状に形成された袋本体と、この袋本体に一体に形成された一対の持ち手部としての把手部とを備え、前記袋本体は、一端側が他端側より大径に形成された胴部を有し、この胴部の一端部および他端部にはそれぞれ開口部が形成され、筒状の前記袋本体内に被収用物としての花を収用し、前記一対の取手部を把持して運搬する構成のものが知られている(例えば、特許文献2参照。)。
【0004】

【効果】

【0013】
請求項1に記載された考案によれば、袋本体とは別部材である紐状の一対の持ち手部を具備し、前記袋本体は、第1側面部と第2側面部との一側縁部間に後面部が設けられ、他側縁部間に前面部が設けられていることにより、前記一対の持ち手部を把持しても前記袋本体内の収用スペースが狭くなりくいので、前記袋本体内の被収用物を潰れにくくできる。また、前記袋本体と前記持ち手部とが別部材であることにより、前記第1側面部および前記第2側面部を収用スペースに対して大きくなりすぎないようにできるので、前記袋本体の大型化を防止でき製造しやすい。
【0014】
請求項2に記載された考案によれば、第2開口部の周縁の前面部側の両角部がそれぞれ弧状に形成されているので、被収用物を出し入れする際に前記第2開口部を拡げることによる前記両角部の破損を防止できる。
【0015】
請求項3に記載された考案によれば、第1側面部および第2側面部の他側部の第2開口部に対応する部分に補強部が設けられ、これら補強部に持ち手部が取り付けられているので、被収用物を袋本体に収用し前記持ち手部を把持して運搬する際に、前記持ち手部の取り付け箇所の破損を防止できる。
【0016】
請求項4に記載された考案によれば、折返片は、長手方向の長さが基端部より先端部の方が短く形成され、かつ、折り返された状態にて前記先端部の第1開口部側の端部が前記第1開口部の周縁より内側に位置しているので、前記折返片を接合した状態にて、前記先端部の第1開口部側の端部が前記第1開口部の周縁から突出することを防止できる。
【0017】
請求項5に記載された考案によれば、第1側面部および第2側面部が底面部側から第1開口部側へ向かって幅方向の長さが長くなるように形成されているので、袋本体に被収用物を確実に収用できる。
【0018】
請求項6に記載された考案によれば、底面部に補強材が設けられていることにより、前記底面部の耐久性や耐水性を向上できるので、前記底面部の破損を防止できる。
【図面の簡単な説明】
【0019】
【図1】本考案の一実施の形態に係る包装用袋の構成を示す斜視図である。
【図2】同上包装用袋を示す斜視図である。
【図3】同上包装用袋の第2開口部を示す部分平面図である。
【図4】同上包装用袋の展開状態を示す展開図である。
【図5】同上包装用袋の折り畳んだ状態を示す斜視図である。
【図6】本考案の第2の実施の形態に係る包装用袋の展開状態を示す展開図である。

【0020】
以下、本考案の一実施の形態の構成について図1ないし図5を参照しながら詳細に説明する。
【0021】
図1および図2において、1は包装用袋であり、この包装用袋1は、一部が開口した袋状の袋本体2を備え、この袋本体2には、紐状の一対の持ち手部3が取り付けられている。
【0022】
そして、使用者は、袋本体2内に被収用物としての花束Fを収用し、紐状の一対の持ち手部3を把持して包装用袋1を運搬可能である。
【0023】
袋本体2は、例えばポリエチレンやポリプロピレンなどの合成樹脂シート、紙、織布および不織布などにて形成されている。
【0024】
袋本体2は、互いに対向する第1側面部4および第2側面部5を有し、これら第1側面部4および第2側面部5は、花束Fを袋本体2に収用した状態において花束Fの両側に位置する。また、第1側面部4および第2側面部5には、それぞれ紐状の持ち手部3が取り付けられている。
【0025】
第1側面部4および第2側面部5の幅方向の一側縁部間には、花束Fを収用して持ち手部3を把持した状態において花束Fを受ける後面部6が設けられている。また、第1側面部4および第2側面部5の幅方向の他側縁部間の一部には、後面部6に対向する前面部7が設けられている。
【0026】
さらに、袋本体2は、第1側面部4、第2側面部5、後面部6および前面部7それぞれの長手方向の一端部に接続し、花束Fを袋本体2に収用した際に、花束Fの一端部側である茎側に位置する底面部8が設けられている。
【0027】
また、袋本体2には、第1側面部4、第2側面部5および後面部6それぞれの長手方向の他端部側に位置し、底面部8の対向方向へ開口した第1開口部9が設けられている。
【0028】
さらに、袋本体2には、第1側面部4および第2側面部5の幅方向の他側縁部にて前面部7に連続して、第1開口部9に連通した第2開口部10が設けられている。
【0029】
第1側面部4および第2側面部5は、略矩形状であり、長手方向の一端部が底面部8に接続され、長手方向の他端部が第1開口部9の周縁の一部になり、底面部8側から第1開口部9側へ向かって幅方向の長さが長くなるように形成されている。
【0030】
また、第1側面部4および第2側面部5は、幅方向の一側縁部に後面部6が接続され、幅方向の他側縁部における略中央部より底面部8側には前面部7が接続され、幅方向の他側縁部における略中央部より第1開口部9側は、第2開口部10の周縁の一部になる。
【0031】
さらに、第1側面部4および第2側面部5の他側の第2開口部10に対応する部分には、補強部12,13が設けられ、この補強部12,13には、持ち手部3を取り付けるための図示しない略円形状の取付孔が形成されている。
【0032】
補強部12,13は、第1側面部4に一体に設けられ袋本体2の内側へ折曲されて接合された折返片14、または、第2側面部5に一体に設けられ袋本体2の内側へ折曲されて接合された折返片15と、これら折返片14または折返片15の内側に配設された図示しない厚紙などの芯材とから形成されている。
【0033】
折返片14,15は、長手方向の長さが、第1側面部4側または第2側面部5側に位置する基端部より第1側面部4または第2側面部5とは反対側に位置する先端部の方が短く形成されている。また、折返片14,15は、折り返された状態にて、先端部の第1開口部9側の端部が、第1開口部9の周縁である第1側面部4および第2側面部5における長手方向の他端部より内側、すなわち、底面部8側に位置している。
【0034】
後面部6は、略矩形状であり、長手方向の一端部が底面部に接続され、長手方向の他端部が第1開口部9の一部となる。また、幅方向の一側縁部には第1側面部4が接続され、幅方向の他側縁部には第2側面部5が接続されている。
【0035】
前面部7は、略矩形状であり、長手方向の長さが後面部6の長手方向の長さより短く形成されている。また、前面部7の長手方向の一端部には底面部8が接続され、長手方向の他端部は第2開口部10の周縁の一部となる。さらに、幅方向の一側部には第1側面部4が接続され、幅方向の他側部には第2側面部5が接続されている。
【0036】
底面部8は、略矩形状であり、第1側面部4の長手方向の一端部、第2側面部5の長手方向の一端部、後面部6の長手方向の一端部および前面部7の長手方向の一端部がそれぞれ接続されている。また、底面部8の内面側には、花束Fの茎の接触などによる底面部8の破損を防止するための図示しないシート状の補強材が設けられている。
【0037】
補強材は、底面部8と同様の略矩形状であり、例えば、合成樹脂シート、紙、織布および不織布などにて適宜形成される。なお、補強材は、被収用物として例えば花束Fを収用する場合に花束Fに付着した水分などを考慮すると、防水性が良好な材料にて形成することが好ましい。
【0038】
第1開口部9は、第1側面部4および第2側面部5の長手方向の他端部と、後面部6の長手方向の他端部とによって周縁が形成されている。また、第1開口部9は、通常状態では、底面部8の対向方向へ向かって略矩形状に開口しており、例えば、花束Fを収用する際などに必要に応じて、変形して拡げることができる。
【0039】
第2開口部10は、第1側面部4および第2側面部5の他側縁部における略中央部より第1開口部9側と、前面部7の長手方向の他端部とによって周縁が形成され、開口方向が第1開口部9とは異なり、後面部6の対向方向へ開口している。また、第2開口部10は、通常状態では、略矩形状に開口しており、例えば、花束Fを収用する際などに必要に応じて、変形して拡げることができる。
【0040】
ここで、図3に示すように、第2開口部10は、前面部7側の周縁の両角部、すなわち、前面部7の長手方向の他端部と第1側面部4の幅方向の他側縁部とによって形成される角部、および、前面部7の長手方向の他端部と第2側面部5の幅方向の他側縁部とによって形成される角部が、弧状に形成されている。
【0041】
図4は、袋本体2を構成する袋本体片17の展開状態を示し、この図4に示すように、袋本体片17は、後面片18、第1側面片19、前面片20、前面片21、第2側面片22および後面片23が順次一体に設けられている。
【0042】
この袋本体片17は、後面片18および後面片23の長手方向の一端部と、第1側面片19および第2側面片22の長手方向の一端部と、前面片20および前面片21の長手方向の一端部とが連続して配置されている方が底面部8側になり、後面片18の長手方向の他端部と第1側面片19の長手方向の他端部とが連続して配置され、後面片23の長手方向の他端部と第2側面片22の長手方向の他端部とが連続して配置されている方が第1開口部9側になる。
【0043】
また、袋本体片17は、後面片18と第1側面片19との間に折曲線25が設けられ、第1側面片19と前面片20との間に折曲線26が設けられ、前面片21と第2側面片22との間に折曲線27が設けられ、第2側面片22と後面片23との間に折曲線28が設けられている。
【0044】
後面片18は、略矩形状である。この後面片18の底面部8側の端部よりやや内側には幅方向に沿って後面折込線31が設けられ、この後面折込線31より底面部8側には後面折込部32が設けられている。
【0045】
第1側面片19は、略矩形状であり、底面部8側から第1開口部9側へ向かって幅方向の長さが順次長く形成されている。また、第1側面片19は、底面部8側の端部よりやや内側に、後面折込線31の端部から幅方向に延びる側面折込線33が設けられ、この側面折込線33より底面部8側には側面折込部34が設けられている。さらに、第1側面片19は、前面片20側の側縁部のおける略中央部から第1開口部9側、すなわち、前面片20に接続していない部分に、長手方向へのびる折返線35が設けられ、この折返線35より後面片18とは反対側には折返片14が設けられている。
【0046】
この折返片14は、略矩形状であり、長手方向の長さが、第1側面片19側に位置する基端部、すなわち、折返線35より、第1側面片19とは反対側に位置する先端部の長さの方がやや短く形成されている。
【0047】
前面片20は、略矩形状であり、長手方向の長さが後面片18の長手方向の長さより短く形成されている。また、前面片20は、長手方向の底面部8側の端部よりやや内側に側面折込線33の端部から幅方向に延びる前面折込線36が設けられ、この前面折込線36より底面部8側に前面折込部37が設けられている。
【0048】
前面片20と前面片21とは折畳線38にて区切られ、前面片21は、折畳線38を中心に前面片20と対称に形成されており、底面部8側の端部よりやや内側に前面折込線36の端部から幅方向に延びる前面折込線39が設けられ、この前面折込線39より底面部8側に前面折込部40が設けられている。
【0049】
第2側面片22は、第1側面片19と対称に形成され、第2側面片22は、底面部8側の端部よりやや内側に、前面折込線39の端部から幅方向に延びる側面折込線41が設けられ、この側面折込線41より底面部8側には側面折込部42が設けられている。また、第2側面片22は、前面片21側の側縁部のおける前面片21に接続していない部分に、長手方向へのびる折返線43が設けられ、この折返線43より後面片23とは反対側には、折返片14と対称に折返片15が設けられている。
【0050】
後面片23は、後面片18と略対称であるが、幅方向の長さが後面片18より長く形成されている。また、後面片23は、底面部8側の端部よりやや内側に、側面折込線41の端部から幅方向に延びる後面折込線44が設けられ、この後面折込線44より底面部8側には後面折込部45が設けられている。さらに、後面片23は、第2側面片22とは反対側の側縁部よりやや内側に長手方向に沿って折畳線46が設けられ、この折畳線46より第2側面片22とは反対側に接合部47が設けられている。
【0051】
そして、袋本体片17は、折曲線26および折曲線27にて第1側面片19と第2側面片22とが対向するように折曲可能であり、折曲線25にて後面片18と前面片20とが対向するように折曲可能であり、折曲線28にて後面片23と前面片21とが対向するように折曲可能である。
【0052】
また、袋本体2は、このように袋本体片17が折曲され、後面片23の接合部47が後面片18に接合されることにより、後面片18および後面片23にて後面部6が構成され、第1側面片19にて第1側面部4が構成され、第2側面片22にて第2側面部5が構成され、前面片20および前面片21にて前面部7が構成されるとともに、後面片18の他端部、第1側面片19の他端部、第2側面片22の他端部および後面片23の他端部にて第1開口部9の周縁が構成される。
【0053】
さらに、袋本体2は、袋本体片17の折返片14および折返片15が折返線35および折返線43にて内側へ折り返され、折返片14,15の内側に芯材が配設された状態で、折返片14を第1側面片19の内側に接合することにより補強部12が構成され、折返片15が第2側面片22の内側に接合されることにより補強部13が構成されるとともに、前面片20の他端部、前面片21の他端部、折返線35および折返線43により、第2開口部10の周縁が構成される。
【0054】
また、袋本体片17は、後面折込線31、側面折込線33、前面折込線36、前面折込線39、側面折込線41および後面折込線44にて、後面折込部32、側面折込部34、前面折込部37、前面折込部40、側面折込部42および後面折込部45を内側へ折り込み可能である。折り込んだ状態にて、後面折込部32、側面折込部34、前面折込部37、前面折込部40、側面折込部42および後面折込部45の外側面に図示しない底面片を接合することにより、底面部8が構成されて、第1開口部9および第2開口部10が開口した袋状の袋本体2が形成される。
【0055】
そして、このように形成された袋本体2の第1側面部4の補強部12、および、第2側面部5の補強部13にそれぞれ取付孔を形成して、これら取付孔に紐状の持ち手部が取り付けられることにより、図1に示すような包装用袋1が構成される。
【0056】
この包装用袋1の不使用時には、図5に示すように、後面部6を折畳線46にて折り畳み、前面部7を折畳線38にて折り畳むとともに、底面部8を第2側面部5側へ折り畳んで、袋本体2をコンパクトにすることが可能である。
【0057】
次に、上記一実施の形態の作用を説明する。
【0058】
包装用袋1にて花束Fを収用する際には、まず、袋状の袋本体2の第1側面部4の他端部と第2側面部5の他端部とを互いに離間させるようにして、第1開口部9および第2開口部10を拡げる。
【0059】
次いで、第1開口部9および第2開口部10から袋本体2内に花束Fを挿入し、袋本体2内に花束Fを収用する。収用された花束Fは、茎側が底面部8側に配置され、花弁側が第1開口部9側に配置される。
【0060】
このように花束Fを袋本体2内に収用した状態にて、一対の持ち手部3の一部を束ねるように持ち手部3を把持し、包装用袋1を運搬する。
【0061】
そして、包装用袋1は、袋本体2とは別部材である紐状の一対の持ち手部3を具備し、袋本体2は、第1側面部4および第2側面部5における一側縁部間に後面部6が設けられ、他側縁部間に前面部7が設けられていることにより、把持した力が上述した従来の構成のもののように第1側面部4および第2側面部5に直接作用しない。すなわち、把持した力が紐状の持ち手部3に吸収されて第1側面部4および第2側面部5に伝わりにくく、紐状の持ち手部3における把持された部分が第1側面部4および第2側面部5に対して接近するので、第1側面部4と第2側面部5とが接近されにくくなる。また、第1側面部4と第2側面部5との一側縁部間に後面部6が設けられ、他側縁部間に前面部7が設けられているので、第1側面部4と第2側面部5との離間距離を前面部7および後面部6にて保持できる。したがって、袋本体2に花束Fを収用し一対の持ち手部3を把持しても、持ち手部3による把持した力の吸収効果と、前面部7および後面部6による離間距離保持効果とにより、第1側面部4と第2側面部5とが接近しににくく、袋本体2内の収用スペースが狭くなりにくいので、花束Fを潰れにくくできる。
【0062】
また、包装用袋1は、袋本体2と持ち手部3とが別部材であることにより、各部材を最適な大きさに設計でき、第1側面部4および第2側面部5が袋本体2内の収用スペースに対して大きくなりすぎないので、袋本体2の大型化を防止できる。したがって、材料の大型化により必要以上にコストが高騰することを防止できるとともに、材料の大型化により製造の際に袋本体2を構成する材料が扱いにくくなることを防止できるので、包装用袋1を製造しやすくできる。
【0063】
さらに、包装用袋1は、持ち手部3を把持して運搬するので、運搬中に袋本体2を、後面部6および前面部7が水平な状態、または、後面部6および前面部7が傾斜した状態に保持でき、底面部8が地面に接触することを防止できる。
【0064】
袋本体2は、第1開口部9および第2開口部10が開口した袋状に構成されていることにより、2方向に拡げることができるので、花束Fを出し入れしやすい。
【0065】
ここで、袋本体2に花束Fを出し入れする際等に第2開口部10を拡げると、第2開口部10の前面部7側の周縁の両角部に拡げた際の力が作用しやすく、両角部が破損しやすいが、第2開口部10の前面部7側の周縁の両角部が弧状に形成されているので、第2開口部10を拡げることによる両角部の破損を防止できる。
【0066】
第1側面部4および第2側面部5には、第2開口部10に対応する部分に補強部12,13が設けられ、これら補強部12,13に持ち手部3が取り付けられているので、花束Fを袋本体2に収用し持ち手部3を把持して運搬する際に、持ち手部3の取り付け箇所の破損を防止できる。
【0067】
補強部12,13は、折返片14,15の長手方向の長さが、第1側面部4側または第2側面部5側に位置する基端部より第1側面部4または第2側面部5とは反対側に位置する先端部の方が短く形成され、かつ、折り返された状態にて折返片14,15の先端部の第1開口部9側の端部が第1開口部9の周縁より内側に位置することにより、例えば、折返片14,15を折り返す際や接合する際などにずれが発生しても、折返片14,15の先端部の第1開口部9側の端部が第1開口部9の周縁から突出しにくい。したがって、折返片14,15を折り返す際や接合する際などの作業を容易にできるとともに、折返片14,15を接合した状態にて、折返片14,15の先端部の第1開口部9側の端部が第1開口部9の周縁から突出することを防止できる。また、折返片14,15の先端部の第1開口部9側の端部が第1開口部9の周縁から突出しないことにより、包装用袋1の見栄えをよくできるとともに、突出した部分が衣類などに引っ掛ることを防止できる。
【0068】
花束Fは、一般的に茎側から花弁側へ向かって外側へ広がっているものであり、包装用袋1は、第1側面部4および第2側面部5が、底面部8側から第1開口部9側へ向かって幅方向の長さが長くなるように形成されているので、花束Fの形状に対応しやすく、花束Fを確実に収用できる。
【0069】
袋本体2は、底面部8が設けられ、第1開口部9および第2開口部10が開口した袋状に構成されるので、花束Fに水分が付着している場合や茎に保冷剤が設けられている場合などであっても、花束Fや保冷剤の水分が袋本体2から袋本体2の外部へ漏出することを防止できる。
【0070】
ここで、底面部8は、収用された花束Fの茎が接触する部分であり、包装用袋1を運搬する際の衝撃や、花束Fや保冷剤の水分などによって破損しやすい部分であるが、底面部8に補強材が設けられることにより、底面部8の耐久性や耐水性を向上できるので、衝撃や水分などによる底面部8の破損を防止できる。
【0071】
また、補強材として防水性が良好なものを用いると、水分による破損をより確実に防止できる。
【0072】
袋本体2は、前面部7に折畳線38が設けられ、後面部6に折畳線46が設けられることにより、前面部7が折畳線38を中心に折畳み可能であり、後面部6が折畳線46を中心に折畳み可能である。したがって、包装用袋1の不使用時には、袋本体2を薄く折り畳むことができ収納し易い。
【0073】
なお、上記一実施の形態では、袋本体2に収用する被収用物を花束Fとしたが、被収用物は花束Fには限定されない。
【0074】
袋本体2は、図4に示す袋本体片17に底面片を接合して形成される構成には限定されず、例えば底面片が袋本体片17に一体に設けられた構成などにしてもよい。
【0075】
また、袋本体2は、適宜複数枚のシートを接合して製造してもよく、比較的大型の包装用袋1を製造する場合などには、図6の第2の実施の形態に示すように、第1接合部51を有する第1袋本体片52と、第2接合部53を有する第2袋本体片54とにおいて、第1接合部51を第2袋本体片54の後面片23に接合し、第2接合部53を前面片20に接合し、底面片を接合して袋本体2を形成することも可能である。
【0076】
このように袋本体2を形成することにより、比較的大型の包装用袋1を製造する場合などでも、製造に用いる各部材の大型化を防止でき、各部材を扱い易く製造し易い。
【0077】
第1側面部4および第2側面部5は、底面部8側から第1開口部9側へ向かって幅方向の長さが長くなるように形成された構成としたが、このような構成には限定されず、例えば、幅方向の長さが変化しない構成などにしてもよい。
【0078】
第1側面部4および第2側面部5には、補強部12,13が設けられ、これら補強部12,13に持ち手部3を取り付ける構成としたが、このような構成には限定されず、補強部12,13を設けない構成としてもよい。このように補強部12,13を設けない構成の場合は、持ち手部3を取り付ける場所は、第1側面部4および第2側面部5であれば適宜設定できる。また、補強部12,13を設ける構成の場合は、折返片14,15はの幅方向の長さが基端部より先端部の方が短く、折り返された折返片14,15の先端部における第1開口部9側の端部が第1開口部9の周縁より底面部8側に位置する構成には限定されず、折返片14,15を矩形状に形成し、折り返された折返片14,15の第1開口部9側の端部が第1開口部9の周縁に沿った構成などにしてもよい。
【0079】
底面部8は、内側に補強材が設けられた構成には限定されず、補強材を設けない構成にしてもよい。また、補強材を設ける場合は、補強材はシート状のものに限定されず、例えばコーティングなどにより耐久性や耐水性を向上させる構成にしてもよい。
【0080】
第2開口部10は、前面部7側の周縁の両角部が弧状に形成された構成には限定されず、弧状に形成しない構成にしてもよい。
【0081】
袋本体2は、折畳線38および折畳線46にて、前面部7および後面部6の長手方向に沿って折り畳み可能な構成としたが、このような構成には限定されず、例えば折畳線38および折畳線46を設けない構成などにしてもよい。
【0082】
1 包装用袋
2 袋本体
3 持ち手部
4 第1側面部
5 第2側面部
6 後面部
7 前面部
8 底面部
9 第1開口部
10 第2開口部
12 補強部
13 補強部
14 折返片
15 折返片
F 被収用物としての花束

(57)【要約】

【課題】運搬する際に被収用物が潰れにくく、製造し易い包装用袋を提供する。【解決手段】包装用袋1は、花束が収用される袋本体2を備える。この袋本体2に紐状の一対の持ち手部3を設ける。袋本体は、互いに対向する第1側面部4および第2側面部5を有する。これら第1側面部4および第2側面部5の幅方向の一側縁部間に後面部6を設け、他側縁部間の一部に後面部6より長手方向の長さが短い前面部7を設ける。また、第1側面部4および第2側面部5の第2開口部10近傍に一対の持ち手部3を取り付ける。第1側面部4、第2側面部5、後面部6および前面部7それぞれの長手方向の一端部に接続した底面部を設ける。袋本体2は、底面部8の対向方向へ開口した第1開口部9、および、前面部7に連続し第1開口部9に連通した第2開口部10を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):