(54)【考案の名称】製本

(73)【実用新案権者】株式会社トキワメディアサービス

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、複数枚の用紙を収録した製本に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来伝言用のメモ用紙や伝票用紙では、各々の用紙の端部の裏面側に接着面を設け、当該接着面に接着剤を塗布して複数の用紙を冊子状にし、必要に応じて冊子から用紙を1枚ごとに剥離させて使用できるように構成されていた(例えば、特許文献1等参照)。
【0003】

【効果】

【0010】
本考案によれば、冊子状の組には所定の枚数の用紙が重ねられており、上記組が剥離可能な接着剤で上下に複数貼付(積重)されて、積重された複数組の上端又は下端が上記接着剤で表紙の内面に貼付されている。そのため、積重された複数組は表紙内部に接着保持されるとともに、各々の組ごとに剥離させることが可能なので、組に含まれる枚数単位で用紙を剥離することが可能となる。
したがって、本考案は、複数枚の用紙をまとまりのある枚数単位で容易に剥離できる製本であるといえる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】本考案に係る製本の斜視図である。
【図2】本考案に係る製本をXZ平面から眺めた状態を示す模式図である。
【図3】本考案に係る外用紙を外面側から眺めた状態を示す模式図である。

【0012】
以下に本実施形態に係る製本について図1〜図3を用いて説明する。
なお、以下の説明では、図1における、製本1の左右方向をX軸方向、前後方向をY軸方向、上下方向をZ軸方向とする。
また、以下では、図1に示す表紙や用紙を折り返した際に、折り返しで形成される面同士が接触する側を内面側、内面側と逆側を外面側、と便宜上定めて説明する。
【0013】
本実施形態に係る製本1は、例えば、学習用教材等として用いられ、学習分野や学習テーマ等に沿ってまとまりや関連性のある複数の用紙3からなる組6を、表紙2の内部に複数組積重し、各組6を剥離自在なように構成したものである。
【0014】
表紙2は、2箇所の表紙折れ目線21,22に沿って折り返され、おもて表紙としての表部23と、うら表紙としての裏部24と、背表紙としての背部25と、で構成される。そして、表紙2は、例えば、用紙Pより厚手の表紙用の紙材料を用いて形成されており、図2に示すように、表紙折れ目線21,22で折り返された場合に、背部25が起立してコ字状に保たれ、内面側に組6を複数組収録可能になっている。
【0015】
用紙3は、例えば、標準の用紙サイズ(例えば、A3,A4サイズ等)からなる矩形の紙材であり、組6の外端に位置する外用紙4と、組6において外用紙4の内面側に配置される内用紙5と、を含む。
【0016】
内用紙5は、長手方向中心位置で2つ折りに折り返された際に形成される折れ目部51を備える。そして、図1及び図2に示すように、後述の外用紙4の折れ目部41に上記折れ目部51を合わせるようにして、外用紙4の内面側に複数枚の内用紙5を重ね合わすことで、冊子状の組6が形成される。
【0017】
外用紙4は、組6における外端に位置する用紙であり、長手方向中心位置で2つ折りに折り返された際に形成される折れ目線41aを含んだ折れ目部41を備える。
【0018】
折れ目部41の外面側には、図3に示すように、長手方向における一方の端部(後側端部44)近傍に設けられた接着面42と、折れ目線41aの他方の端部(前側端部45)より所定距離aだけ離間した位置に設けられた接着面43と、が備えられる。この接着面42,43は、2つ折りに折り返された状態で上下面両側に形成されるように、折れ目線41aの左右両側に設けられている。
そして、図2に示すように、複数の組6は、各々の接着面42,43に剥離可能な接着剤が塗布されることで上下に貼付されてZ軸方向に積重される。さらに、上記積重された複数の組6の中で、下端に位置する組6の接着面42,43に接着剤が塗布されることで、当該積重された複数の組6が表紙2の裏部24の内面側に貼付されている。
そのため、上記積重された複数の組6は、図1に示すように、表紙2の内部に収録された状態で裏部24の内面にのみ固着されたものとなり、図2のように背部25を起立させた場合は、背部25の内面側と各組6の折れ目線41aとが係止した状態を形成する。
【0019】
また、上記積重された複数の組6の、接着面42が後側端部44の近傍に設けられる一方で、接着面43は前側端部45より所定距離aだけ離間した位置に設けられている。そのため、接着面42を介して、複数の組6が前後方向(Y軸方向)に揃った位置で積重されるとともに、各組6の上下間には前側端部45から接着面43まで隙間が形成されるため、当該隙間に手を差し込むことで、任意の数の組6を容易に剥離させることが可能となる。
【0020】
組6は、長手方向中心位置で2つ折りに折り返した用紙3を複数重ねて冊子状にしたものであり、表紙2の背部25に沿って同一方向に複数積重される。
【0021】
以上説明したように、本実施形態に係る製本1は、外用紙4,内用紙5を2つ折りにして折れ目部41,51を形成し、折れ目部41,51に合わせて外用紙4,内用紙5を所定の枚数重ねて冊子状の組6とし、外用紙4の折れ目部41の外側に接着面42,43を設け、接着面42,43に剥離可能な接着剤を塗布して各組6を上下に貼付することで複数の組6を積重し、積重された複数の組6の下端に位置する組6の接着面に接着剤を塗布して表紙2の裏部24の内面に貼付したものである。
【0022】
つまり、製本1によると、冊子状の組6には所定の枚数の用紙が重ねられており、上記組6が剥離可能な接着剤で上下に複数貼付(積重)されて、上端又は下端が上記接着剤で表紙2の内面に貼付されている。そのため、積重された複数の組6は表紙2の内部に接着保持されるとともに、各々の組2ごとに剥離させることが可能なので、組2に含まれる枚数単位で用紙3を剥離することが可能となる。
したがって、製本1は、複数枚の用紙をまとまりのある枚数単位で容易に剥離できる製本であるといえる。
また、従来の用紙ごとに接着剤を塗布して冊子状にしたものに比べて、製本1は組6(外用紙4)単位の接着面42,43しか必要としないので、製作コストの低減が図れる。
【0023】
また、接着面42,43において、接着面42が折れ目部41の後側端部44近傍に設けられ、接着面43が折れ目部41の前側端部45より所定距離aだけ離間した位置に設けられることを特徴とする。
【0024】
そのため、接着面42を介して、複数の組6が前後方向(Y軸方向)に揃った位置で積重されるとともに、各組6の上下間には前側端部45から接着面43まで隙間が形成されるため、当該隙間に手を差し込むことで、任意の数の組6を容易に剥離させることが可能となる。
【0025】
また、製本1は、学習用教材として用いられるため、例えば、学習分野や学習テーマ等に沿ってまとまりや関連性のある組毎に適宜分割して使用することができるので、学習効果を高めることができる。
【0026】
なお、本考案の範囲は上記実施形態に限られることなく、本考案の趣旨を逸脱しない範囲において種々の改良並びに設計の変更を行っても良い。
【0027】
例えば、製本1は、学習用教材以外の用途に用いてもよい。
また、組6に含まれる内用紙5の枚数や組6の組数は、図1及び図2に図示される枚数や組数に限定されるものではなく、製本1に収録される用紙のまとまりや関連性に応じて適宜に変更可能である。
また、組6において、外用紙4に重ねられる各々の内用紙5を折れ目部51で互いに固着するようにしても勿論よい。
【0028】
1 製本
2 表紙
3 用紙
4 外用紙
41 折れ目部
42 接着面
43 接着面
5 内用紙
51 折れ目部
6 組

(57)【要約】

【課題】複数枚の用紙をまとまりのある枚数単位で容易に剥離できる冊子状体を提供する。【解決手段】製本1は、外用紙,内用紙を2つ折りにして折れ目部41,51を形成し、折れ目部41,51に合わせて外用紙,内用紙を所定の枚数重ねて冊子状の組6とし、外用紙4の折れ目部41の外側に接着面42,43を設け、接着面42,43に剥離可能な接着剤を塗布して各組6を上下に貼付することで複数の組6を積重し、積重された複数の組6の下端に位置する組6の接着面に接着剤を塗布して表紙2の裏部24の内面に貼付した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):