(54)【考案の名称】按摩器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は按摩器に関し、特に巻き付けバンドで、本体を身体のいろいろなところに巻き付けられ、ローラの往復行きと回転で、身体にもみもみ押圧する按摩器に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の按摩器は、一定な位置で、身体に押圧とか、もみもみするとかで、自動按摩するものである。

【効果】

【0005】
この考案の按摩器によれば、下記の効果があります:
1.ローラーが左右往復行きと回転で、身体にもみもみすることができるので、より広い範囲に平均的な按摩ができるとなる。
2.ガス嚢のガス満たす具合の調整より、ローラーの身体に対しての押圧力の調整が繊細てきになる。
3.巻き付けバンドより本体を身体の違った部位に巻き付くことが、簡易となり、使用に便利となる。

(57)【要約】

【課題】ローラの往復行きと回転で、身体に押圧力調整の効果の良い按摩器を提供する。【解決手段】按摩器は、1つの縛りつけられる本体と、1つの本体中の駆動部材と、複数の本体中に対称配列のローラーで構成される。駆動部材は、中央部から両側まで、弧形延設シャトル形ガイド・レールを設け、駆動部材がモーターの駆動で、一定方向の回転で稼動する。ローラーは、各々2つのバンド部材に定位され、バンド部材は端部のガイド・ロッドより、シャトル形ガイド・レール21に嵌め置き、巻き付けバンドより本体を、違った身体の部位に縛りつける。駆動部材の回転より、バンド部材端部のガイド・ロッドが、シャトル形ガイド・レールの引導で、左右往復行き摺動に連動して、ローラーが左右往復行きと回転で、身体をもむ。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):