(54)【考案の名称】名刺ホルダ付きポップアップカード

(73)【実用新案権者】有限会社高田紙器製作所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、二つ折りされたシートを開いた時に可変情報を立体的に表現できるようにするポップアップカードに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、展示会等においては、展示商品の他、パンフレットや名刺などを準備して入場者に宣伝していた。しかし、展示商品の近くにはたくさんの入場者が滞留するので、パンフレットの配布や名刺交換がしにくかったり、商談がしにくい等の問題が多い。
そのため、具体的な商談は展示商品から離れたテーブルで行ったり、後日パンフレットを持参した担当者が商談先へ向かったりすることが多かったが、少し時間が経過してしまうと平面的なパンフレットでは商品がイメージしにくいことが分かった。
【0003】

【効果】

【0010】
この考案は、平面的なパンフレットに比べて、立体的に商品を表現できることから、極めて強い印象を与えることができる。
【0011】
このポップアップカードは、名刺として利用することが可能であり、ポップアップ構造が立体的になった(二つ折り状態から約90度に起こした)状態では、商品のミニチュアとしての価値があるものである。
【0012】
また、複数段の任意の名刺ホルダの切り込みに名刺を差し込むことにより、ポップアップ構造が立体的になった(二つ折り状態から約90度に起こした)状態でも、問い合わせ先等が一目で分かる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】二つ折り構造のカード台紙とポップアップ構造の説明図
【図2】二つ折り構造のカード台紙外面にある名刺ホルダ用切り込みの説明図
【図3】ポップアップ構造が立体的になった状態の説明図
【図4】名刺ホルダを名刺として用いる状態の説明図
【図5】ポップアップ時でも問い合わせ先が分かる、名刺の差し込み状態の説明図

【0014】
以下、この考案の実施の形態を図面を参照しながら説明する。図1に示すように、二つ折り構造のカード台紙(2)は、カード台紙内面(2b)に立体的に表現できるポップアップ構造(3)を形成し、カード台紙内面(2b)はカード台紙外面(2a)と貼着される。
【0015】
商品のミニチュアなどのポップアップ構造(3)はカード台紙(2)の内面に商品イメージ等が切込み形成されており、ポップアップ紙(4)はカード台紙外面(2a)の内側に独立して貼着されている。
【0016】
この構成により、ポップアップカード(1)を開いていくことで、ポップアップ構造(3)が立ち上り、さらに開くとポップアップ紙(4)が立ち上がることになる。
【0017】
図2はポップアップカード(1)を閉じた状態で、カード台紙外面(2a)に複数段の名刺ホルダ用切り込み(6a)・(6b)・(7a)・(7b)を有する。図4のように、切り込み(6a)と(6b)に名刺(8)を差し込めば、ポップアップカード(1)はそのまま台紙付き名刺として使用ができる。
【0018】
図3は、図1のカード台紙内面(2b)とカード台紙外面(2a)とを接着材層(5)を介して二重に貼り合わせた状態の正面図であり、図5のように、カード台紙外面の切り込み(7a)と(7b)に名刺(8)を差し込むことで、商品のミニチュアなどのポップアップ構造(3)が立ち上がった状態で名刺を見ることができるので、問い合わせ先等が一目で分かるものである。
【0019】
また、この切り込み(7a)と(7b)は、図3ではポップアップカード(1)の上部一組だけ設けているが複数段設けてよいし、底部にも設けてもよい。
【0020】
本考案は、商品のミニチュアと、問い合わせ先などが明確に分かる名刺との組み合わせについて説明したが、記念日などのグリーティングカードとしてコメントカードを差し込んだり、商品のミニチュアに価格カードを組み合わせたりすることも可能で、従来なかった活用が可能である。
【0021】
1 ポップアップカード
2 カード台紙
2a カード台紙外面
2b カード台紙内面
3 ポップアップ構造
4 ポップアップ紙
5 接着材層
6a 名刺ホルダ用切り込み
6b 名刺ホルダ用切り込み
7a 名刺ホルダ用切り込み
7b 名刺ホルダ用切り込み
8 名刺

(57)【要約】

【課題】販売促進ツールとしてとして使いやすい名刺ホルダ付きポップアップカードを提供する。【解決手段】折り畳み展開状態で開閉される台紙からなり、この台紙の内面に商品イメージ等を半展開状態の開きにて立体的にポップアップさせる。台紙の内面に商品イメージ等が切込み形成されたポップアップ紙を貼着し、台紙の表面に名刺差込用切込みを形成する。台紙は、1枚の厚紙を中央で折り返しして得られる内側片と外側片とを、接着材層を介して二重に貼り合わせ、その中央を横切る折り目を介して二つ折りにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):